ブラック企業 退職 稼ぐ アフィリエイト

プロフィール

画像


櫻井 海都

(時遊人)

【1日10分、ゼロから1億、ブラック企業に勤める社畜社員でも出来る!時遊人 櫻井海都による業界のプロが教える!インターネットビジネススクール】

学長(BOSS)


「送られてくるメールの手順通りにススめるだけ」でステップバイステップで稼ぐことが出来ます。

 ↓ ↓ ↓ 

櫻井海都のメルマガ登録はこちら


個人が手がけるインターネットビジネスの創世記からネットビジネス業界に携わるインターネットビジネスを知り尽くしたプロ。表舞台に出ることはほどんどなく密かに稼ぎ続けている姿から、ネット界では「The Secret(ザ・シークレット)」と呼ばれている。以前は大手IT企業から転職しブラック企業に勤めていた経歴をもつサラリーマンでもある。サラリーマンとしての仮面を被りながらもアウトサイダーとして密かにお金を稼ぎ続けていたことでも知られる。常日頃からウェイクボード、サーフィン、ジェットスキー、ルアーフィッシングなどを堪能するなど大の遊び好きで、現在は好きな時に自由に遊べる遊び仲間を増やす為インターネットを利用して稼ぐ組織「アウターインク」を発足。インターネットを使ったありとあらゆる金儲けの方法を教えている。

 ↓ ↓ ↓ 

【無料】スクール詳細&仲間募集はこちら

あなたが稼ぐまでの道のり


(1)メールアドレスを入力し、メルマガに登録。(名前の登録は必要ありません。ですので匿名で受講することが出来ます)


(2)メルマガで送られてくる課題に対してステップバイステップで取り組む。(わからなければ、ご質問ください)


(3)指示に従い教わることで、徐々に稼げるようになる。


(4)ビジネスへの依存度を減らし会社外で安定した収入を得る。(このステージでは、事業と自分の責任を縮小して頂く段階に入ります。このステージまで達すると、不思議なことに仕事をやらなければやらないほどお金が入ってくるようになります)

 ↓ ↓ ↓ 

【無料】スクール詳細&仲間募集はこちら


さらに特典として・・・

ネットビジネスで「0▶︎1」になるために・・・。メルマガ読者になってくれたあなたには、仕組みを作ることでほぼ放置で稼ぐことの出来るノウハウをプレゼント!詳細はこちらをクリック

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

はじめて訪問してくれた方へ

以前は・・・


 ↓ ↓ ↓ 


今は・・・


あなたもぼくらのように「時遊人」となることで自由を謳歌しませんか?


まるで遊び感覚で定期的に送られてくるぼくからの指示に従い「ミッション(送られてくるメールの手順通りに取り組むだけ)」を遂行するだけで、めきめきと力をつけインターネットで稼ぐことが出来るようになります。なお、現在キャンペーン中のため受講に際しご料金は頂戴しておりません。(通常料金は、月額9,800円を頂いております)

安心のサポート体制もついているため、数多くの成功者を輩出し続けています。

 ↓ ↓ ↓ 

詳細はこちらから

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索


【ブラック企業体験談】営業が仕入れる情報の価値に気づかず、野放しで無法地帯のブラック企業の体質。

2014年12月30日

私が転職したブラック企業ではそれぞれがそれぞれの事ばかりを考えており、それぞれの既得権益を守り会社組織としてではなく個人として自分のことばかりを優先して考えていた事は前にも述べた通りだ。

 

だから、組織として非常にもろい体質をもっていた。

 

例えばそれは、営業部ひとつにしても言える。ブラック企業ならではなのかも知れないが、担当者しかクライアントの情報を知らない。いや知らないばかりか知り得ない。

 

なぜなら会社に一切クライアントの情報が残されていないからだ。あくまで会社の名前を背負った個人として対応しており、その個人にしかクライアントのことはわからない。

 

私はこの事について、もともと営業部の部長を勤めており人事部に異動になった担当者に問いただしてみた事がある。その時の応えはきいて呆れるものだった。

 

「やってみたんだけど、うまくいかなかったんだよ」

 

やってみたけど、うまくいかなかった・・・これは単なる言い訳に過ぎない。営業部の部長を務めていた、担当者がこのレベルだ。もしこの担当者が利口なら、その情報の価値に気づき、それを如何にして会社の財産として落とし込み、さらなるビジネスを発展させる為の礎にするかを頭をフル回転させ、仕組み化する事に取り組むはずだ。

 

しかし、その情報の価値に気がつかず、いや、気がついたとしても、その情報を吸い上げ、会社としてその情報を活かし新たなビジネスを発展させる仕組みをつくることをしない。

 

それが上に立つ人間の管理職が成す大きな仕事のひとつでもあるはずだ。それをうまく行かなかったからと言って投げ出すなんて言語道断。バカの一言でしか言い表す事が出来ない。

 

クライアントの情報こそが何よりも大事だと言うのに、その情報を吸い上げる事をしない。そしてそれを活かし更なる企業の発展に努めようとしない。唯一、直にクライアントと接している営業が仕入れる情報の価値を、価値あるものだとも思っていない。

 

また、会社に情報が残されていないということは、クライアントの情報が管理されておらず、ある意味担当者が個人で好き勝手に取引が出来るということを意味する。要するに無法地帯だ。自分の都合の悪い事は隠し通し、自分が会社を辞める時に全て引き継ぎ、知らん顔をしていれば良いのだ。

 

事実、後で書く事になると思うが、私が直接の上司である諏訪から引き継いだクライアントもひどいものだった。会社が一切知る事の出来ない、また話すことが出来ないグレーもしくはブラックの取引の多さと言ったらもう手に負えないレベルだった。社畜社員である諏訪の何でも引き受ける、断る事を知らない営業力、ないし、対応力でクライアントの期待は「こんなことまで引き受けてくれるんだ」「こんなこともやってくれるんだ」と言った、文字通りなんでも屋と化しており、言うなれば諏訪のクライアントはお祭り状態になってしまっていた。

 

それを元の正常な状態に戻していく事がまず私の仕事だった訳だが・・・

 

もし私が勤めたブラック企業が、ITなどの生存競争が激しい業界でのことだったらおそらく1年、いや半年も持たないと思う。古くさい業界で、参入する企業がほとんどない業界だったからこそ、通用する企業だったと思う。

 

つづきはこちらから【ブラック企業体験談】私が転職したブラック企業で2人のクラッシャー上司と私が密に関わる事になった経緯

【ブラック企業体験談】会社はあるが、個人商店の集まり、それぞれの個人が自分の事ばかりを考えており人に無関心、それが私の転職したブラック企業

2014年12月29日

私が転職したブラック企業では、人に関して非常に無関心な文化があった。それは企業体質と呼んでも良いのかも知れないし、それによるマイナス面の方が多かったが、それをあえて肯定的にとらえて言えば個人商店のような形で仕事をしているので自由に仕事ができた。

 

これは前にも話した通りだが、ひとつの会社の中にいくつも個人の会社があるような状態だ。例えばおおもとの会社である「鈴木商事」という会社があったとして、その中に「田中商店」「大久保商店」「田辺商店」など営業部員の数だけ個人の会社が存在するような形だ。他の部署は多少は部としての機能を保っていたようだが、少なくとも営業部ではそのような「個人商店」体勢をとっていた。だから隣の人がどんなクライアントと、どんな仕事をしているのかわからないし、どのようなクライアントを持っているのかすらわからない。

 

例えて言うのならば、倉庫は共有しているが、戦略も戦術もなく、それぞれがそれぞれの好きなものを好きなクライアントに対して提案し販売しているという状態だった。そして好きなものを好きなだけ仕入れ、原価割れの商品を販売し、売っても売っても利益が上がらない非常に投資効率を無視した経営(営業)をそれぞれの個人商店が行っていた。

 

しかし仕入れ交渉などはある程度独断で行う事が出来るが、仕入れ先は会社の中のある機関を通して行わなければならない。けれども、その機関はただ仕入れるだけの部署として機能しており、営業が何の商材を幾らで売っているのか、また幾らで販売したのか等、知ることはできない。

 

ここまで言うと営業部は好き勝手できて非常にやりがいがありそうではないかと思われるかも知れないが、実際は「やりがい」の「や」の字もなくそんな事はない。それは以前も話した通り、私の転職したブラック企業では、営業部が社内で一番立場が弱く非常に弱い立場に立たされていたことが大きな原因としてある。

 

私が転職したブラック企業では、とにかく営業部は会社の面倒くさい仕事を一手に引き受ける。社内の掃除から、電話当番から雑用まで、それはクラッシャー上司である部長の指示でもあったのだが、とにかくなんでもかんでも面倒な仕事は営業部に振られ、それにより、営業の仕事が非常に圧迫され、他の部署と比べて営業部だけ仕事量が非常に溢れていた。

 

例えばどの商品がどのタイミングで、どれくらい入荷されるのか等は営業部は知る事が出来ない。だからクライアントに対して商品の入荷が遅れているので納品が遅くなるという連絡を入れなくてはならないのだが、その仕事を営業がする事になる。

 

一社や二社だけならまだしも毎日数十社はその作業が行われるため、営業の仕事を非常に圧迫する。また細かい納期やどのような動きがあるのかは仕入れを担当している担当者が一番良く知っているので、組織として仕入れ担当者が直接連絡を入れた方が営業サイドとしてはやりやすい。

 

もちろん仕入れを担当しているものが非常に忙しいのなら仕方がないが、仕入れ担当は朝の時間の2時間に集中して仕事をし、それ以外の時間は、一体何のどんな仕事をしているのかよくわからないと他部署に言われるほど実質仕事をしていない時間が非常に多かった。

 

この仕組みの非効率性にブラック企業改革派の大須は目を付け、改革を推進しようとしたが、自分達の既得権益を守りたいがばかりに仕入れのリーダーにより猛反発をうけ改革に失敗した。確かに一理はある。自分が楽に仕事をしているのに、その要求を受け入れれば大変になることに間違いがないからだ。誰が好き好んで面倒くさい仕事を受け入れるのか。しかし組織として仕事をしているのならば会社の発展の為にある程度譲歩するのが普通だ。大須の提案を受け入れた方が営業としてはスムーズに仕事を進める事が出来るし、負担が軽くなるので新たな開拓先を探しアタックする事も出来る。

 

それはつまり会社の売上や利益に直結する。もちろんそこで得られた会社としての利益は最終的には自分たちにも還元される。しかし、そんな事よりも何よりも私が転職したブラック企業では自分たちが忙しくなるのが何よりも嫌なのだ。

 

そう、私が転職したブラック企業ではそれぞれの個人が、それぞれの個人の事ばかりを考えており、それが非常に問題をややこしくさせていた現実があった。

 

つづきはこちらから【ブラック企業体験談】営業が仕入れる情報の価値に気づかず、野放しで無法地帯のブラック企業の体質。

【ブラック企業体験談】私が転職したブラック企業では、皆クラッシャー上司の顔色をうかがい仕事をしていた。

2014年12月26日

私が転職したブラック企業のクラッシャー上司しかりで、クラッシャー上司は部下をやる気にさせる事は出来なかった。そのかわり、部下のやる気をなくさせる能力にはたけており、精神的、もしくは肉体的に追い詰める事で最終的には退職に追いやる能力にはたけていた。

 

クラッシャー上司の最大の問題点は、ブラック企業に勤める社員を退職させる事だけではなく、肉体的な暴力や言葉の暴力により精神的にも甚大なる疲弊をさせるため、悪ければ社会復帰を難しくさせる点にあるが、私の転職したブラック企業のクラッシャー上司も同じように再起不能者を出していた。

 

何度も書くが私の転職したブラック企業では退職者の9割りが2人のクラッシャー上司が原因といわれており、またそれが事実だったように思う。私自身も経験した事だから言えるが、とてもじゃないがあの環境化では仕事をする事が難しい。別室での罵倒は日常茶飯事で、クラッシャー上司のその日の気分によりその内容は変化する。だから、みなビクビクとおびえどうしたらクラッシャー上司に罵倒されずに済むのか、クラッシャー上司の顔色をうかがい仕事をしていた。また、指示が曖昧で不明確であるにもかかわらず質問する事を一切許さず、またそのおかげで業務遂行が困難になり、部下を常に混乱させていた。

 

しかし、クラッシャー上司は一切の非を認めず、さも自分はきちんと指示を出しており、自分には問題ない、指示をきちんと実行しなかった部下が悪いかのように失敗の原因を部下に押し付けていた。

 

また自分の指示の主語と述語が曖昧、また全体的に指示がぼやっとしており不適格かつ不明確なことが原因で失敗したにもかかわらず、上には自分の都合のいいように部下が原因だと隠蔽して伝えていた。それは後に述べるとある事件で発覚する事になるが、すべては自分の都合のいいように隠蔽して伝えられていた。

 

確かに個人のプレイヤーとしてのレベルでは非常に優秀で、決めるところはきちんと決めており一個人としては非常に優秀な仕事をしていた。だが、クラッシャー上司曰く、「外で良い顔をしているから社内では良い顔ができないんだよ」と話をしていたらしいが、それは単なる言い訳に過ぎない。

 

私が転職したブラック企業のクラッシャー上司には自分がつくりあげてきた部に自負があるので、少しでも自分のつくり上げてきた部署にケチをつけられるものならば即座に反論し教えさとすことをしていた。例えそれが部全体の効率をあげ、クライアントにとってもプラスに働く仕組みの提案だったとしても、自分の営業部と言う思い入れが強いため、一切の意見をきくことはなかった。

 

それは何故かといえば、ある意味クラッシャー上司の保身の為に営業部は機能しており、クラッシャー上司が仕事をしやすい仕組みに長年をかけ調整をしていたからにほかならない。これらは後で述べる。

 

またクラッシャー上司は人格的にも未成熟であり、キレどころがわからない。感情の起伏も激しく、周りになんでもかんでも当たり散らすのが大きな特徴となっていた。

 

つづきはこちらから【ブラック企業体験談】会社はあるが、個人商店の集まり、それぞれの個人が自分の事ばかりを考えており人に無関心、それが私の転職したブラック企業

【ブラック企業体験談】クラッシャー上司の発言は経験や実績に裏付けされていることが多いため反論する事はできないという弊害がある

2014年12月25日

私が転職したブラック企業では、クラッシャー上司に目をつけられたら最後で、事あるごとにネチネチと過去の問題点や失敗などを棚に上げられ数時間に渡り説教を受ける風習があった。

 

今「過去の問題点や失敗」と私は言ったが、実際はプライベートな事や会社内での発言など、「失敗」という言葉よりも「ネタ」を握られたら最後と置き換えた方が良いかも知れない。

 

例えば毎朝のブラック朝礼で社員を社畜化する為の読み物を読まされる訳だが、そこにはどうしても読めない漢字がたまに出てくる。誰もが納得する読めない漢字であろうと、その漢字の部分でつまづくと最後、それをネタにされ、それ以降、事あるごとに「お前は漢字も読めないし・・・(うんぬんかんぬん)」と言った具合に扱われる。

 

かといって、クラッシャー上司がその漢字を読めずに失敗したとしても非を認めず、こんな読めない漢字をつくった者が悪い、きちんとルビぐらいふっておけよな、といった具合に一切自分が悪くないような対応をする。

 

またプライベートなことをクラッシャー上司に話したら最後、それをいつまでもネタにされ、「あの時お前はプライベートで・・・(うんぬんかんぬん)といった具合に執拗に攻めたてられた。

 

自分の主張は正しいと思い込んでいる為、反論したら最後、こちらが折れるまで何時間にも渡り説教を受ける事になる。現に私も(以前も書いたが)どうしても納得できないことが起こった際、電話でクラッシャー上司と言い合いをした事があるが、一時間ほどこっぴどく説教を受け、こちらの言う事に対しては一切聞く耳を持ってもらえなかった。ちょっとでも反論をしようものなら「おまえ、それ本当に言っているのか」などと言い、必要以上に激しく捲し立てクラッシャー上司の主義主張をぶつけられ、無理矢理納得させるので話していて非常に疲れる。ちなみに、その時は、最後に私は仕方なく、何を言っても無駄だと判断し、わだかまりを残したまま折れた。

 

さらに、クラッシャー上司のやっかいなところは、仕事状の事ならば言う事は正しい事が多いということだ。確かにクラッシャー上司の言う事は実績や経験の裏付けがある分、生半可な気持ちで反論しようものなら、とてもじゃないがたちうちできない。

 

また、マネジメントの能力にかけているので精神論で部下を教育する事が多く、精神論でしか人を納得させる事ができない。精神論以外で部下に教え諭す事ができず、言い方も非常に高圧的かつ攻撃的な物言いをしていた。

 

つづきはこちらから【ブラック企業体験談】私が転職したブラック企業では、皆クラッシャー上司の顔色をうかがい仕事をしていた。

【ブラック企業体験談】マネジメントは一切出来ないが、プレーヤーとしては優秀なクラッシャー上司。

2014年12月24日

クラッシャー上司であるパワハラおじさんは確かに仕事ができる男だった。業界の事に関しては精通していたし、新商品であるにもかかわらずその商品に対してどうやったら市場に働きかける事が出来るのか等、即座にメーカーも顔負けな提案を思いついた。

 

しかし、一般的に言われているクラッシャー上司のように仕事をする上では優れた業務能力を持っているが、上司として持つと最悪で言葉の暴力、また時には殴る蹴るなどの暴力により次々と部下を潰していた。

 

特に論理的に人を責め立てる能力にはたけており、それは部下やクライアントに取引先メーカー対しても同様でどんなことでも口早にペッペッと物を良うことで業務に関しては的を得た質問、部下に対しては部下を戒め潰すための弁舌の能力を発揮していた。

 

自分の主張は絶対に正しいと思い込んでおり、よっぽどのことがない限り自分の意見を曲げる事はない。ちょっとでも反論しようものなら、さらに何も言い返す事が出来ないほどの勢いで論理的に捲し立て自分の意見を強引におしつける。

 

だから、クラッシャー上司の一人である、パワハラおじさんの部下になったら最悪で、強烈なプレッシャー、それにストレスに悩まされ次々と心を病み退職に追いやられていた。意見の食い違いがあろうと、一切譲歩をしない上に、自分の意見を一方的におしつける。こちらのいうことは一切の聞く耳をもたない。事実、私が転職したブラック企業の退職理由の9割型はクラッシャー上司によるものだった。

 

矛盾しているようだが、クラッシャー上司であるパワハラおじさんは、一般的に言われているクラッシャー上司と同様で会社で働くプレイヤーとしては極めて優秀で企業にとってはなくてはならない人物である事は間違いなかった。それに彼ら(クラッシャー上司)の言う事は論理的に正しい事が多い。だがそれは一人のプレイヤーとして、そして仕事上としてという部分で限定される。

 

私が転職したブラック企業のクラッシャー上司は、専門的知識や業務知識は豊富、さらに社外には仕事上有利な人脈を築いておりプレイヤーとしては非常に優秀な人材であった。しかし、部下を育てるマネジメントは一切出来ない。だから人を育てる事が出来ず、また人を育てる事が出来ないばかりではなく、部下をコマのように扱い次々と退職に追いやっていた。

 

つまりはプレイヤーとしては非常に優秀な人材ではあったのだがマネジメント能力は一切なく部下の指導や育成が全く出来なかった事が大きな特徴としてあげることができる。

 

クラッシャー上司とは極めて性格的矛盾を兼ね備えた人物であり、彼らを一言で説明するのは非常に難しい。

 

つづきはこちらから【ブラック企業体験談】クラッシャー上司の発言は経験や実績に裏付けされていることが多いため反論する事はできないという弊害がある

1 / 41234