ブラック企業 退職 稼ぐ アフィリエイト

プロフィール

画像


櫻井 海都

(時遊人)

【1日10分、ゼロから1億、ブラック企業に勤める社畜社員でも出来る!時遊人 櫻井海都による業界のプロが教える!インターネットビジネススクール】

学長(BOSS)


「送られてくるメールの手順通りにススめるだけ」でステップバイステップで稼ぐことが出来ます。

 ↓ ↓ ↓ 

櫻井海都のメルマガ登録はこちら


個人が手がけるインターネットビジネスの創世記からネットビジネス業界に携わるインターネットビジネスを知り尽くしたプロ。表舞台に出ることはほどんどなく密かに稼ぎ続けている姿から、ネット界では「The Secret(ザ・シークレット)」と呼ばれている。以前は大手IT企業から転職しブラック企業に勤めていた経歴をもつサラリーマンでもある。サラリーマンとしての仮面を被りながらもアウトサイダーとして密かにお金を稼ぎ続けていたことでも知られる。常日頃からウェイクボード、サーフィン、ジェットスキー、ルアーフィッシングなどを堪能するなど大の遊び好きで、現在は好きな時に自由に遊べる遊び仲間を増やす為インターネットを利用して稼ぐ組織「アウターインク」を発足。インターネットを使ったありとあらゆる金儲けの方法を教えている。

 ↓ ↓ ↓ 

【無料】スクール詳細&仲間募集はこちら

あなたが稼ぐまでの道のり


(1)メールアドレスを入力し、メルマガに登録。(名前の登録は必要ありません。ですので匿名で受講することが出来ます)


(2)メルマガで送られてくる課題に対してステップバイステップで取り組む。(わからなければ、ご質問ください)


(3)指示に従い教わることで、徐々に稼げるようになる。


(4)ビジネスへの依存度を減らし会社外で安定した収入を得る。(このステージでは、事業と自分の責任を縮小して頂く段階に入ります。このステージまで達すると、不思議なことに仕事をやらなければやらないほどお金が入ってくるようになります)

 ↓ ↓ ↓ 

【無料】スクール詳細&仲間募集はこちら


さらに特典として・・・

ネットビジネスで「0▶︎1」になるために・・・。メルマガ読者になってくれたあなたには、仕組みを作ることでほぼ放置で稼ぐことの出来るノウハウをプレゼント!詳細はこちらをクリック

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

はじめて訪問してくれた方へ

以前は・・・


 ↓ ↓ ↓ 


今は・・・


あなたもぼくらのように「時遊人」となることで自由を謳歌しませんか?


まるで遊び感覚で定期的に送られてくるぼくからの指示に従い「ミッション(送られてくるメールの手順通りに取り組むだけ)」を遂行するだけで、めきめきと力をつけインターネットで稼ぐことが出来るようになります。なお、現在キャンペーン中のため受講に際しご料金は頂戴しておりません。(通常料金は、月額9,800円を頂いております)

安心のサポート体制もついているため、数多くの成功者を輩出し続けています。

 ↓ ↓ ↓ 

詳細はこちらから

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索


【続・ブラック企業体験談】気まぐれなクラッシャー上司と私が所属するブラック企業での評価基準について

2015年04月30日

私が現在ブラリーマン(ブラック企業で働くサラリーマン)として勤めているブラック会社では、成果をあげることがほぼ不可能な体勢にある。

 

なぜそう言いきれるのかと言えば、何もかも全てを全て把握したがるクラッシャー上司の存在があるからだ。逐一細かいところまで報告しなればならない。さらに把握したがるだけでは済まない。なにもかも自分で全てやりたがる。

 

そんな性格だからもちろん他の人の仕事をとりまくる。しかもとるだけではなく、荒らして、荒らして、荒らされたあげく仕事を戻すという、非常にやっかいな存在。

 

さらに、例えばAさんにきけばわかることを、いちいちクラッシャー上司を通して確認しなければならない。非常に非効率この上ない。さらにクラッシャー上司は仕事に追われいつもイライラしており、ろくにコミュニケーションもとれない状態にあるものだから最悪だ。

 

さらに、八つ当たりは日常茶飯事だし、指示は適当で、自分の都合で矢継ぎ早に仕事を振り、いつもすぐに取りかからなくてはならず、どんなに忙しくても、その度に自分の仕事をストップさせねばならない・・・

 

何度キレそうになったことか。そういうこともあり、ひとつの仕事を進めるのに1分で終わるところを最低3時間はかかる。

 

すべて思いつきで話してくるので二転三転することは日常茶飯事の出来事で、だから、その度にこっちは対応しなくてはならず、後もう少しで仕事が片付く・・・と思っていると、それをきまぐれでゼロに戻されることもしばしば・・・。

 

論理や弁舌の面では優秀でも人格や情緒の面では未成熟であるため、部下の気持ちを傷付けたり凹ませても全く気が付かず、そこが自分自身の最大の問題点であることなど想像することができない。部下に対する自分の指示や説教内容の完璧さに自ら酔いしれている雰囲気を見せることもある。そして部下の仕事が自分の思うように進まないと、完膚なきまでに否定したり、キレて怒鳴りつけたりすることもある。

 

と、Wikipediaのクラッシャー上司の欄に書かれてあるのだけれども、まさしくその通り。全てが自己都合だし現場はいつも大混乱。

 

だから私は会社で成果を上げることは諦めています。というかうちの会社での評価は、如何にクラッシャー上司の助手として活躍できるかどうか。しかも一般的な助手という枠組みではなくて、クラッシャー上司のわがままを聞き叶えてあげるというポジション。

 

クラッシャー上司の理不尽なわがままを叶えてあげることがうちの会社の評価に繋がるという面白い組織。まあ、これも経験だしな・・・と今は様々なことを考慮した上で・・・と割り切って仕事をしている。

 

私が在籍しているのは、そんなブラック企業です。まあほぼ定時に帰れているからそう言う意味では楽かな。

 

 

【副業】大事な人を助けてあげるという発想からビジネスを立ち上げる。

2015年04月30日

何をどうやって伝えればいいのかわからない、何をビジネスにすればいいかわからないというあなたは、あなたの大事な人を助けてあげる、という発想から出発してもいいのではないかと思います。

 

あなたの大事な人を助けることから始めることでビジネスをつくり上げるのは、遠回りに見えて、実は最も効率の良い方法なのではないかと思います。

 

その理由は、たくさんあるけれども、大事な人を助けるという過程において、私たちはとんでもない力を発揮することができるからという理由もありますし、相手が見えているから具体的に対象を想像しやすいという理由もあります。

 

つまり、具体的に相手がどんなことで悩んでいて、どうすれば120%満足してもらえる状態になるのかわかりやすい。

 

それに、大事な人にかけるエネルギーというものは、他の全てを凌駕(りょうが)します。だからエネルギー溢れるものになる。

 

そうやってできたビジネスは、他の何よりも尊いものになります。そして、それこそが本当の意味でのあなただけのビジネスになりうる可能性があるし、そうやってニッチ市場が築かれていきます。

 

だから、あなたの大事な人を助けるつもりでビジネスを立ち上げてください。

 

そして

 

あなたの大事な人にラブレターを書くつもりで文章をかいてください。

 

そうやって立ち上げたビジネスは必ずまわりを巻き込みます。

 

理由は簡単なことで、愛が溢れているから。ものすごい漠然とした答えになってしまうけれども、やっぱり愛がないとビジネスって立ち行かないと思います。

【副業】自分というアクセルを思いっきり踏み込む。

2015年04月30日

私たちは普段、自分というものを隠すことに美徳を感じる傾向がある。

でも実は、その「隠された自分」の中にこそ、本当の自分がいることを私たちは知らない。

 

人には役割があって、それぞれが、それぞれのステージで様々な役割を演じているのが私たちの社会。

その役を演じることは私たちが、普段サラリーマンとして生きる上では非常に大事なスキルだったりする。

 

無理矢理自分の気持ちを押し殺して、上司の指示に従わなければならない。

 

でも副業の世界はそれとは真逆のスキルが必要になる。

 

それは自分を解放し思うがままに、自分というアクセルを思いっきり踏み込むスキル。これがなければおそらく副業に限らず、ビジネスは成功しない。

 

だからサラリーマンとして成功している人でも独立してうまく行くとは限らない。サラリーマンはどちらかというと耐えるスキルを学ぶ傾向が強いから。もちろん、どんなビジネスでも耐えることは大事ですが、そうではない。ビジネスをゼロから創り上げるためには、自分というアクセルをタイミングよくグッと踏み込むスキルが非常に大事です。

 

もちろん必要なスキルは、それだけではないけれども、その中でもこの「自分というアクセルを思いっきり踏み込むスキル」は上位に入るのではないかと思うくらい大事なスキル。

 

何かを伝えるとき、あなたの扱っている商品やサービスを紹介するとき。自分というアクセルを思いっきり踏み込まなければあなたの伝えたい相手にそれを伝えることは出来ない。

 

松浦弥太郎さんという方が非常に面白いことをいっているので下記に引用したいと思う。

 

自分というアクセルを思い切り踏んだらどんな文章が書けるんだろう、という興味がすごくあります。

それを実践するとき、ぼくはいつも誰かを思い浮かべます。

たとえば旅先で、隣に見知らぬ素敵な女性がいたら

「この人のために書いてみよう」と思うと、グッとアクセルが踏めるんです。

 

まさしくこれなんだよなぁと、感じたのでこの文章を書いてみた。

たった一人の誰かに思いっきりアクセルを踏み込んだ伝え方をする。すると不思議とその相手以外のひとにも伝わって、やがて大きくなって行きます。

【副業】濃く本気なものが、薄い興味の人たちにも支持されたら勝ち。

2015年04月29日

最近つくづく思うのだけれども、ビジネスの本質的なものはとても単純だと思う。

 

じゃあビジネスの本質はなんだと言う話しになるのだけれども、どんなビジネスでも、ものすごく単純化して伝えると、それは「120%の価値を顧客に与えてあげること」だと思う。

 

「え?100%じゃないの?」と思うあなたもいるかも知れないけれども、残念ながら100%程度じゃ、本当の意味であなたの顧客にはならない。その上をいく120%じゃなければならない。

 

もちろんそれぞれの顧客の中で価値基準は違うし、とても難しいことではあるけれども・・・。じゃあどうやって私たちが120%の満足を顧客に与えてあげるのかと言えば、その方法論は無限にあるけれども、やっぱり一番はあなたの商品やサービスを求めている熱狂的なごくごく一部の人、にアプローチして行くことだと思う。絞りぬくことで相手のニーズにこたえることが出来る確立が格段に高くなる。

 

例えば、あなたの所属する部署の全員のニーズにはこたえることができなくても、その中のたった一人のニーズにこたえることなら比較的容易じゃないですか?

 

それがスキマをついていくということ。つまりはニッチなビジネス。

※ニッチ市場(にっちしじょう、Niche market)とは市場全体の一部を構成する特定のニーズ(需要、客層)を持つ規模の小さい市場のこと。

 

・・・というか、今の時代は特に顧客が複雑化しているので絞って絞ってその絞りぬいた一部の人たちに最大限の満足を与えることがとても大事。

 

だから、まずは目の前のお客様を120%満足させてください。そのたった一人の熱狂的な満足から全てのビジネスは派生して行きます。たった一人のお客様から声を拾うことで必ずビジネスは大きくなって行きます。

 

・・・とはいうものの、もちろんビジネスの本質はものすごく単純だけれども、ビジネスというステージはとても複雑怪奇。様々なものが複雑に絡み合っているから当然のことなんですけどね・・・。でも、複雑なものを単純化してとらえることで見えてくるものも多いのであえて書いてみました。

 

糸井重里も「今日のダーリン」の中で下記のように言っている。

 

 

濃く本気なものが、薄い興味の人たちにも支持されたら勝ち。

 

【副業】現役のサラリーマンでもやり方次第では大きく稼ぐことが出来る。

2015年04月26日

ネットを使って稼ぐといってもたくさんの方法があると思うけれども、例えばすごくわかりやすいもので絞り、さらに代表的なもので言えば、物品を販売するネットオークションやAmazonのマーケットプレイスだったり、他人の商品を紹介して稼ぐアフィリエイト、それにGoogle(グーグル)さんから広告費をもらうグーグルアドセンスなどがある。

 

もちろんある程度有名になれば、企業からのオファーで直接広告費としてお金をもらい、指定された商品を紹介するという選択肢もあるし、逆に企業の広告をWEBサイトのあるスペースに載せて稼ぎだす方法もある。

 

私の場合どれもある程度の実績はあげているしノウハウはあるけれども、現在はオークションやマーケットプレイスを使った販売はほとんどしていない。

 

何故なのかと言えば、現役のサラリーマンとして(実際はブラック企業に勤める現役のブラリーマンだが・・・)稼げる範囲、つまり片手間で稼ぐことを考え、効率性を求めた結果、今のところオークションやマーケットプレイスを使って販売するのは効率が非常に悪いという結論に至ったからだ。もちろんものすごく単価が高く、さらに粗利(50%は欲しい)がとれるもので爆発的に売れるものならば販売しても良いが、現役サラリーマンである以上、現実的に考えてそういうのを探すのが非常に面倒な傾向にある。

 

もちろん現在フリーで仕事をしていて時間が有り余っている方に限ってはそういった戦略をとるのもありだと思う。しかし現役のサラリーマンにとってはなかなか副業でそこまでは手が回らないのが現実だと思う。だって1日のうちに自由に使える時間は限られているから。

 

だからまずは、私の場合、ある程度WEBサイトに訪れてくれる人がいれば自動的にお金を稼ぐことが出来る、WEBサイトを使った稼ぎ方を、とりあえずは推奨している。WEBサイトを使って稼ぐ稼ぎ方は、これから具体的な事例を見せるけれども、ある程度集客できれば比較的楽に稼ぎやすい傾向にある。それも嬉しいことに、自分の好きな分野のこと、趣味で熱中しているものの情報などを発信し続けるだけで稼ぐことが出来る。そして、その中でもグーグルアドセンスを使った方法は取っ付きやすいものだと思う。

 

これは簡単に言えば、Google(グーグル)さんの広告を載せてあげるから対価として報酬を下さいというもの。他人のふんどしを借りて稼ぐことが出来る方法だ(もちろんメリット、デメリットはある)。

 

グーグルさんのアドセンスを使って稼ぐ方法は例えばどんな感じなのかというと、あなたもこれから経験すればわかるかと思うけれども、ネット上に自動販売機を設置したような感覚に近いのかなと思う。

 

人通りが激しい場所(アクセスが多い)に設置すればそれだけ、稼ぎも良くなるし、逆に人通りの悪い場所(アクセスが少ない)に設置すると、稼ぎは悪くなる。もちろんWEBサイトで扱うテーマによっても単価は大きく変わるけれども、基本的にはWEBサイトに訪れてくれる人数と稼ぎ(広告料金)は比例する傾向にある。

 

ものすごくわかりやすく言うと、あんまりこういうのは見せたくないんだけど、例えば私が運営しているWEBサイトのひとつでは、これくらいのアクセスがある。

アクセス

 

新規で常に140人くらい。これくらいあるとどれくらい1日に稼ぐことが出来るのかというと・・・

アドセンス

 

大体これくらい。10,000円前後といったところ。この程度のサイトでも10個程度運営していれば、一日の報酬は10万円。一ヶ月でみると30日あるわけだから、ざっくりと10万円×30日=300万円稼げる。

 

さらに嬉しいことにそこから派生していろいろなビジネスが発展する可能性がある。

 

例えば私の場合、具体的には言うことが出来ないのが歯痒いが、サイトのテーマや性質上、テレビ局からのオファーが多いWEBサイトがある。そういったサイトを運営しているとどんなことが起こるのかというと、私たちが普段過ごしているだけでは想像できないような様々なところから声がかかる。

 

具体的な例で言えば、某ドラマで素材を提供したこともあるし、ありがたいことに全国ネットのバラエティ番組からも何度もオファーを頂いている。

 

さらに番組から派生して私の名前では出していないが本になったこともある。そういうことが普通に現実的に起こる世界。

 

そうなると、現在は時間などの関係で行なっていないが、例えばそこから新たなビジネスを発展させることも可能である。例えばせっかくテレビ局とのつながりをもっているのだから、定期的に情報提供や素材を提供することで報酬を得ることが出来るビジネスを創り上げることもできるし、ビジネスモデルや契約の仕方次第ではそこから安定した収入を確保することも可能であろう。

 

私は断言できる。

 

誰でもこれくらいだったら方向性を間違えていなければ稼ぐことは出来る。そんな方法をこれからこのWEBサイトを通して伝えて行くし、いろんな制約がある関係でWEBサイトで発信できないものについては、メールマガジンを使って公開して行く。

 

少しでも興味があれば下記からメールマガジンを登録しておいてほしい。不定期ではあるが、どのようにすればあなたも私のように稼ぐことが出来るようになるのか、また私がどのようにして稼ぎ、またこれからどのようにしてビジネスモデルを創出し、新たなビジネスをつくり上げて行こうとしているのかその方法論、つまりはわたしの頭の中身を具体的に伝えさせて頂く。

 

もちろん現役サラリーマンのあなたに向けた現役サラリーマンによる、現役サラリーマンの為の講座となっている。少しでも興味がある方は下記にメールアドレスを入力し私からの裏メール講座を受講してほしい。

1 / 512345