ブラック企業 退職 稼ぐ アフィリエイト

プロフィール

画像


櫻井 海都

(時遊人)

【1日10分、ゼロから1億、ブラック企業に勤める社畜社員でも出来る!時遊人 櫻井海都による業界のプロが教える!インターネットビジネススクール】

学長(BOSS)


「送られてくるメールの手順通りにススめるだけ」でステップバイステップで稼ぐことが出来ます。

 ↓ ↓ ↓ 

櫻井海都のメルマガ登録はこちら


個人が手がけるインターネットビジネスの創世記からネットビジネス業界に携わるインターネットビジネスを知り尽くしたプロ。表舞台に出ることはほどんどなく密かに稼ぎ続けている姿から、ネット界では「The Secret(ザ・シークレット)」と呼ばれている。以前は大手IT企業から転職しブラック企業に勤めていた経歴をもつサラリーマンでもある。サラリーマンとしての仮面を被りながらもアウトサイダーとして密かにお金を稼ぎ続けていたことでも知られる。常日頃からウェイクボード、サーフィン、ジェットスキー、ルアーフィッシングなどを堪能するなど大の遊び好きで、現在は好きな時に自由に遊べる遊び仲間を増やす為インターネットを利用して稼ぐ組織「アウターインク」を発足。インターネットを使ったありとあらゆる金儲けの方法を教えている。

 ↓ ↓ ↓ 

【無料】スクール詳細&仲間募集はこちら

あなたが稼ぐまでの道のり


(1)メールアドレスを入力し、メルマガに登録。(名前の登録は必要ありません。ですので匿名で受講することが出来ます)


(2)メルマガで送られてくる課題に対してステップバイステップで取り組む。(わからなければ、ご質問ください)


(3)指示に従い教わることで、徐々に稼げるようになる。


(4)ビジネスへの依存度を減らし会社外で安定した収入を得る。(このステージでは、事業と自分の責任を縮小して頂く段階に入ります。このステージまで達すると、不思議なことに仕事をやらなければやらないほどお金が入ってくるようになります)

 ↓ ↓ ↓ 

【無料】スクール詳細&仲間募集はこちら


さらに特典として・・・

ネットビジネスで「0▶︎1」になるために・・・。メルマガ読者になってくれたあなたには、仕組みを作ることでほぼ放置で稼ぐことの出来るノウハウをプレゼント!詳細はこちらをクリック

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

はじめて訪問してくれた方へ

以前は・・・


 ↓ ↓ ↓ 


今は・・・


あなたもぼくらのように「時遊人」となることで自由を謳歌しませんか?


まるで遊び感覚で定期的に送られてくるぼくからの指示に従い「ミッション(送られてくるメールの手順通りに取り組むだけ)」を遂行するだけで、めきめきと力をつけインターネットで稼ぐことが出来るようになります。なお、現在キャンペーン中のため受講に際しご料金は頂戴しておりません。(通常料金は、月額9,800円を頂いております)

安心のサポート体制もついているため、数多くの成功者を輩出し続けています。

 ↓ ↓ ↓ 

詳細はこちらから

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索


【ブラック企業体験談】入社4日目、ブラック企業では警察さえ欺いていた。

2014年10月16日

Kが引き継ぎのため会社を出て行ってから私は何もすることができずただ流れる時間に身を任せていた。

 

午後になると、私はブラック企業に染められた社畜社員である諏訪に同行することになった。私と諏訪は車に乗り込み、目的地へと向かった。普通この場合、運転は私がするべきなのだろうが、諏訪が率先して運転をすることになった。

 

諏訪は移動中常に電話をしていた。普通は運転しながら電話をしてはいけないのだが、諏訪の中では、というより私が転職したブラック企業の中ではそれが暗黙の了解としてよしとされている。

 

しかも、イヤホンマイクを使うのではなく、普通に携帯電話を持ち片手運転などして電話をする。ある時はハンドルの上にメモ帳を起き、肩と耳の間に携帯電話を挟むことで運転しながら、通話をし、さらにメモを取るという芸当をやってみせた。

 

諏訪は建前上はクライアントのことを第一に考えて動いていた。だから、運転中であろうが、集中して仕事に取り組んでいる時間であろうが、休憩中であろうが、はたまた就寝中であろうが、電話がなると即座に電話に出る。

 

一番厄介なのは大事なことを話している最中にとっさに電話に出ることだ。私が業務についての質問をしているさなか、まだ話が終わっていないのにも関わらず出る。それもしょっちゅう電話がかかってくるので、まともに会話をする時間がない。というか、午後はほぼ諏訪の電話は鳴り止まない状態だった。ひとつの電話が終わると、またすぐにクライアントから電話が入る。ひどい時では通話中に何件も割り込み電話が入り、電話の対応だけで1時間など消費される。

 

それも移動しながらの会話のため助手席に乗っている私は冷や汗ものだった。警察が近くに居たら教えてくれということを言われていたが、そう言う問題ではない。

 

だったらイヤホンマイクを使えばいいじゃないかと私は、再三提案したのだが、面倒くさいの一点張り。聞く耳さえ持たない。しまいにはイヤホンマイクを買うお金がもったいないという。まったくどうしようもない。

 

実際、何度か警察につかまりそうになったこともある。しかし、諏訪はさすがはブラック企業を生き抜いてきただけあってその対応策も心得ていた。例えば襟がたったコートを着ることで携帯電話を襟の中に隠す。そうすることで携帯電話は一切見えなくなるのでちょっとだるそうに運転しているだけのようにみえる。

 

口はマスクで隠せばわからないし、もし何か不味いことがあればそのまま携帯電話をコートの中に肩からストンと落とせばいい。その後は見えないように回収すればいいだけの話だ。

 

そうすることでしのいできたと諏訪は言っていたし、実際私も何度か警察の前を通り過ぎる光景をみたが、警察は見事にスルーしていた。さすがはブラック企業、相手を欺くワザにたけていた。

 

つづきはこちらから【ブラック企業体験談】入社4日目、ブラック企業では全ては自己責任と言う名のもとに理不尽な処理をされる。

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

トラックバックURL: