ブラック企業 退職 稼ぐ アフィリエイト

プロフィール

画像


櫻井 海都

(時遊人)

【1日10分、ゼロから1億、ブラック企業に勤める社畜社員でも出来る!時遊人 櫻井海都による業界のプロが教える!インターネットビジネススクール】

学長(BOSS)


「送られてくるメールの手順通りにススめるだけ」でステップバイステップで稼ぐことが出来ます。

 ↓ ↓ ↓ 

櫻井海都のメルマガ登録はこちら


個人が手がけるインターネットビジネスの創世記からネットビジネス業界に携わるインターネットビジネスを知り尽くしたプロ。表舞台に出ることはほどんどなく密かに稼ぎ続けている姿から、ネット界では「The Secret(ザ・シークレット)」と呼ばれている。以前は大手IT企業から転職しブラック企業に勤めていた経歴をもつサラリーマンでもある。サラリーマンとしての仮面を被りながらもアウトサイダーとして密かにお金を稼ぎ続けていたことでも知られる。常日頃からウェイクボード、サーフィン、ジェットスキー、ルアーフィッシングなどを堪能するなど大の遊び好きで、現在は好きな時に自由に遊べる遊び仲間を増やす為インターネットを利用して稼ぐ組織「アウターインク」を発足。インターネットを使ったありとあらゆる金儲けの方法を教えている。

 ↓ ↓ ↓ 

【無料】スクール詳細&仲間募集はこちら

あなたが稼ぐまでの道のり


(1)メールアドレスを入力し、メルマガに登録。(名前の登録は必要ありません。ですので匿名で受講することが出来ます)


(2)メルマガで送られてくる課題に対してステップバイステップで取り組む。(わからなければ、ご質問ください)


(3)指示に従い教わることで、徐々に稼げるようになる。


(4)ビジネスへの依存度を減らし会社外で安定した収入を得る。(このステージでは、事業と自分の責任を縮小して頂く段階に入ります。このステージまで達すると、不思議なことに仕事をやらなければやらないほどお金が入ってくるようになります)

 ↓ ↓ ↓ 

【無料】スクール詳細&仲間募集はこちら


さらに特典として・・・

ネットビジネスで「0▶︎1」になるために・・・。メルマガ読者になってくれたあなたには、仕組みを作ることでほぼ放置で稼ぐことの出来るノウハウをプレゼント!詳細はこちらをクリック

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

はじめて訪問してくれた方へ

以前は・・・


 ↓ ↓ ↓ 


今は・・・


あなたもぼくらのように「時遊人」となることで自由を謳歌しませんか?


まるで遊び感覚で定期的に送られてくるぼくからの指示に従い「ミッション(送られてくるメールの手順通りに取り組むだけ)」を遂行するだけで、めきめきと力をつけインターネットで稼ぐことが出来るようになります。なお、現在キャンペーン中のため受講に際しご料金は頂戴しておりません。(通常料金は、月額9,800円を頂いております)

安心のサポート体制もついているため、数多くの成功者を輩出し続けています。

 ↓ ↓ ↓ 

詳細はこちらから

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索


ブラック企業に就職したところでそもそも何も身につけることなど出来ない。

2014年06月10日

さて、ブラック企業談も今回で第五回目。今回もブラック企業に勤めた経験談から、Wikipedia内に記載されているブラック企業の項目から、本当のところはどうなのか、その実態に迫っていこうと思う。

 

”従業員は非熟練者でもそれなりに務まる労働に従事させられるため、従業員教育のシステムは乏しく、社外でも通用する実用性の高い専門技能や資格を身に付けるシステムもほとんどなく、技術系であっても熟練労働者や専門家と呼ばれるには不相応な低水準のスキルしか身に付かない。”

 

非熟練者でもそれなりに勤まる労働に従事させられるとあるが、これは一概には言えないと思う。そもそも非熟練者でも勤まる仕事ならばアルバイトを雇えば済む。実際に私が就職したブラック企業は、誰もができる仕事なのではなく、その逆でむしろ誰でもできる仕事ではない。それなりに高度な仕事を要求された。だからこそ、問題なのは次の事項で熟練者でも勤まらない仕事なのに、そもそも従業員教育のシステムが乏しい点にある。

 

教育システムがないうえに、それぞれがそれぞれの判断で動く。マニュアルなどが存在しないし、そもそもマニュアルなどを作ろうともしない。会社にノウハウも蓄積されず、それにもかかわらず、人が一人休むと会社がまわらなくなる。

 

また社外でも通用する実用性の高い専門知識や資格を身につける機会もほとんどない。業務上必要な必須の資格でさえも会社がお金を出してくれる訳ではなく、全て自己負担と言う始末。ブラック企業でいくら頑張っても汎用性のない低水準のスキル、そして鍛えられるのは精神論、根性くらいだろう。私はそれを身をもって経験した。

 

”その様な状況下で従業員は組織の下層でキャリアアップの機会も得られないまま長時間の激務や過大なノルマを強いられるだけになる。”

 

これもまぎれもなく事実。この他にいうことはない。

 

”そのため、国家資格などの客観的な能力の証明よりも、転職回数の少なさと業務や熟練労働にまつわる職務履歴とその期間の長さが絶対視される日本社会・日本企業においては、ブラック企業とは就職・転職活動において大きな禁忌とされる「経歴を荒ませる」「履歴書を汚す」だけの存在であり、特に内情に通じる同一業界での転職活動ではブラック企業に勤務したという事実自体が採用選考で大きなマイナス要素として作用するなど、労働者にとってはその後の再就職活動においても総じて不利な状況に追い込まれる要因でしかない。”

 

ブラック企業に就職することの最大の問題点はここ。そもそも日本社会においては取り返しのつかない事態に巻き込まれる可能性がとても高いということ。転職回数が多いだけでどんなに能力が高かろうが全てがマイナスに働く。そもそも門前払いで話さえきいてくれないことも多いだろう。

 

ブラック企業で働き経歴を汚すと、さらにブラック企業でしか雇ってもらえず、そのまま負のループ活動をしいられる。だからこそ、一旦ブラック企業に脚を踏み入れたが最後、一般の路線に戻るのにはそれなりの努力がしいられてしまうのだ。

 

そして最後に

”また、激務や過重なストレスが主因となり健康や精神を害し後遺症が残るなど、労働者にとっては退職したとしてもその後の生涯にわたって影を落とすような問題も発生してくる。”

という事実も見過ごしてはならないだろう。そもそも将来ある若い人材が使い捨てにされること自体がおかしいのだ。

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

トラックバックURL: