ブラック企業 退職 稼ぐ アフィリエイト

プロフィール

画像


櫻井 海都

(時遊人)

【1日10分、ゼロから1億、ブラック企業に勤める社畜社員でも出来る!時遊人 櫻井海都による業界のプロが教える!インターネットビジネススクール】

学長(BOSS)


「送られてくるメールの手順通りにススめるだけ」でステップバイステップで稼ぐことが出来ます。

 ↓ ↓ ↓ 

櫻井海都のメルマガ登録はこちら


個人が手がけるインターネットビジネスの創世記からネットビジネス業界に携わるインターネットビジネスを知り尽くしたプロ。表舞台に出ることはほどんどなく密かに稼ぎ続けている姿から、ネット界では「The Secret(ザ・シークレット)」と呼ばれている。以前は大手IT企業から転職しブラック企業に勤めていた経歴をもつサラリーマンでもある。サラリーマンとしての仮面を被りながらもアウトサイダーとして密かにお金を稼ぎ続けていたことでも知られる。常日頃からウェイクボード、サーフィン、ジェットスキー、ルアーフィッシングなどを堪能するなど大の遊び好きで、現在は好きな時に自由に遊べる遊び仲間を増やす為インターネットを利用して稼ぐ組織「アウターインク」を発足。インターネットを使ったありとあらゆる金儲けの方法を教えている。

 ↓ ↓ ↓ 

【無料】スクール詳細&仲間募集はこちら

あなたが稼ぐまでの道のり


(1)メールアドレスを入力し、メルマガに登録。(名前の登録は必要ありません。ですので匿名で受講することが出来ます)


(2)メルマガで送られてくる課題に対してステップバイステップで取り組む。(わからなければ、ご質問ください)


(3)指示に従い教わることで、徐々に稼げるようになる。


(4)ビジネスへの依存度を減らし会社外で安定した収入を得る。(このステージでは、事業と自分の責任を縮小して頂く段階に入ります。このステージまで達すると、不思議なことに仕事をやらなければやらないほどお金が入ってくるようになります)

 ↓ ↓ ↓ 

【無料】スクール詳細&仲間募集はこちら


さらに特典として・・・

ネットビジネスで「0▶︎1」になるために・・・。メルマガ読者になってくれたあなたには、仕組みを作ることでほぼ放置で稼ぐことの出来るノウハウをプレゼント!詳細はこちらをクリック

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

はじめて訪問してくれた方へ

以前は・・・


 ↓ ↓ ↓ 


今は・・・


あなたもぼくらのように「時遊人」となることで自由を謳歌しませんか?


まるで遊び感覚で定期的に送られてくるぼくからの指示に従い「ミッション(送られてくるメールの手順通りに取り組むだけ)」を遂行するだけで、めきめきと力をつけインターネットで稼ぐことが出来るようになります。なお、現在キャンペーン中のため受講に際しご料金は頂戴しておりません。(通常料金は、月額9,800円を頂いております)

安心のサポート体制もついているため、数多くの成功者を輩出し続けています。

 ↓ ↓ ↓ 

詳細はこちらから

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索


【ブラック企業体験談】ブラック企業の携帯電話やスマートフォンによる弊害。それは連日深夜にまで及ぶクラッシャー上司からのパワハラの為の道具。

2014年10月31日

私が転職したブラック企業では不思議なことに夕方の5時、つまり17時で電話回線が閉じられていた。だから17時以降になると携帯電話に直でクライアントから電話がかかってくることになる。その数は大変膨大な数で、クライントからの要望、クレーム、確認、連絡、相談、報告、それこそここでは書ききれないほど多分野に渡り、また四方八方多岐にわたる。だから営業どころではなくなる。外に出ていようが、身動きがとれなくなることもしばしばあり、街中でカバンを広げ、ノートパソコンを開き、書類をだだ広げ、ちょっとした仕事場をつくるはめになる。

 

時にはその電話は深夜にも及ぶこともあり、深夜であろうがクライアントからの電話対応に追われる。これはある意味、会社の回線がしまっているのだから仕方のないことであり、当然のことではあるのだが、さすがに土日祝日、深夜まで及ぶと携帯電話を投げ捨てたくなる。

 

携帯電話なんて発明されなければ良かったと何度思ったことであろう。

 

さらに朝6時に、会社の配送部隊からただの確認の為だけに電話がかかってくることもあり、その電話にたたき起こされることもしばしばある。朝の時間帯でさえ電話に出ることが出来ないとそれは会社からのクレームに繋がる。電話に出ることが出来ずに配送部隊が出発し、その確認が出来なかったばかりに・・・となると朝の時間帯にも関わらず、それは営業責任となってしまう。つまりは一瞬たりとも気を抜くことが出来ず、また、携帯電話を片時も話すことが出来ない。

 

困るのは電車にのっているときだ。満員電車の状態でも電話に出なければならないので、電話に出た瞬間周りの冷たい目にさらされることになる。あの感覚は実際に経験してみないとわからないものがある。

 

つまり会社とクライアント、常に双方に板挟みの状態にあり、配送、仕入れなどどの部隊がミスしようと最終的な責任は営業にかぶせられることになる。だから、配送や仕入れは営業と比べると比較的に伸び伸びと働いている印象があった。

 

さらに私用の携帯電話(スマートフォン)には常にフェイスブックのメッセンジャーによるメッセージが飛んできており、それは連日深夜にも及ぶ。深夜3時、4時にメッセンジャーからメッセージがびゅんびゅん飛んでくる。毎日営業部社員それぞれに接待などが入っており、それが終わる時間帯の深夜2時、3時に特にメッセージは集中する。だから、おちおち寝ても居られない。

 

しかもFacebookメッセンジャーはメッセージを開くと誰々が読みましたと開封表示される。つまり、今誰が読んでいて、誰が読んでいないのかがハッキリとわかるため逃げ場もなくごまかすことができない。

 

特に困るのは深夜の時間帯からのクラッシャー上司によるメッセンジャー。深夜にも関わらず時間帯関係なくバシバシとメッセージを飛ばしてくる。それも、パワハラに近い内容・・・というかパワハラな内容のメッセージだ。時にそれはビックリマーク「!」をつけてくることもある。さらにビックリマークが数列に渡り表示されていることもあり、さすがにこれには戸惑いを隠すことが出来なかった。

 

つまり携帯電話やスマートフォンは一般の人々にとっては文明の利器だが、ブラック企業にとってはクラッシャー上司による社員を管理、追い込む為のパワハラの為の道具となる。

 

つづきはこちら【ブラック企業体験談】ブラック企業では毎日の日報や報告、連絡はすべてフェイスブックメッセンジャーでやりとりをされていた。

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

トラックバックURL: