ブラック企業 退職 稼ぐ アフィリエイト

プロフィール

画像


櫻井 海都

(時遊人)

【1日10分、ゼロから1億、ブラック企業に勤める社畜社員でも出来る!時遊人 櫻井海都による業界のプロが教える!インターネットビジネススクール】

学長(BOSS)


「送られてくるメールの手順通りにススめるだけ」でステップバイステップで稼ぐことが出来ます。

 ↓ ↓ ↓ 

櫻井海都のメルマガ登録はこちら


個人が手がけるインターネットビジネスの創世記からネットビジネス業界に携わるインターネットビジネスを知り尽くしたプロ。表舞台に出ることはほどんどなく密かに稼ぎ続けている姿から、ネット界では「The Secret(ザ・シークレット)」と呼ばれている。以前は大手IT企業から転職しブラック企業に勤めていた経歴をもつサラリーマンでもある。サラリーマンとしての仮面を被りながらもアウトサイダーとして密かにお金を稼ぎ続けていたことでも知られる。常日頃からウェイクボード、サーフィン、ジェットスキー、ルアーフィッシングなどを堪能するなど大の遊び好きで、現在は好きな時に自由に遊べる遊び仲間を増やす為インターネットを利用して稼ぐ組織「アウターインク」を発足。インターネットを使ったありとあらゆる金儲けの方法を教えている。

 ↓ ↓ ↓ 

【無料】スクール詳細&仲間募集はこちら

あなたが稼ぐまでの道のり


(1)メールアドレスを入力し、メルマガに登録。(名前の登録は必要ありません。ですので匿名で受講することが出来ます)


(2)メルマガで送られてくる課題に対してステップバイステップで取り組む。(わからなければ、ご質問ください)


(3)指示に従い教わることで、徐々に稼げるようになる。


(4)ビジネスへの依存度を減らし会社外で安定した収入を得る。(このステージでは、事業と自分の責任を縮小して頂く段階に入ります。このステージまで達すると、不思議なことに仕事をやらなければやらないほどお金が入ってくるようになります)

 ↓ ↓ ↓ 

【無料】スクール詳細&仲間募集はこちら


さらに特典として・・・

ネットビジネスで「0▶︎1」になるために・・・。メルマガ読者になってくれたあなたには、仕組みを作ることでほぼ放置で稼ぐことの出来るノウハウをプレゼント!詳細はこちらをクリック

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

はじめて訪問してくれた方へ

以前は・・・


 ↓ ↓ ↓ 


今は・・・


あなたもぼくらのように「時遊人」となることで自由を謳歌しませんか?


まるで遊び感覚で定期的に送られてくるぼくからの指示に従い「ミッション(送られてくるメールの手順通りに取り組むだけ)」を遂行するだけで、めきめきと力をつけインターネットで稼ぐことが出来るようになります。なお、現在キャンペーン中のため受講に際しご料金は頂戴しておりません。(通常料金は、月額9,800円を頂いております)

安心のサポート体制もついているため、数多くの成功者を輩出し続けています。

 ↓ ↓ ↓ 

詳細はこちらから

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索


【続・ブラック企業体験談】二子玉川ライズS.C.テラスマーケットのオープニングイベント。

2015年04月25日

写真は、昨日、ちょうど二子玉川ライズショッピングセンター・テラスマーケットに足を運んだ時のオープニングイベントの様子。

この写真は“縁日”をテーマにしたオープニングイベントの目玉のひとつ、オランダの彫刻家・物理学者であるテオ・ヤンセンの「ストランドビースト」。

“風を食べて動く(=風力のみで生物のように可動する)”アート作品 「ストランドビースト」を商業施設として世界で初めて招致したもの。

IMG_3414

テレビCMなどでも使われているのでなじみ深い方も多いはず。そして下の写真はオープン時の様子など。まだまだたくさん写真があるのだけれども、あまり人前でうつしている様子をアップすると私が誰だか、特定される恐れがあるので載せられず。

 

ネット社会のリサーチ力は半端ないですからね。

IMG_3441

続いてこちらはオフィスビルの様子。

最後に蔦屋家電に殺到する人々を。

IMG_3444

 

二子玉川ライズショッピングセンター・テラスマーケットの優しい風に吹かれて癒されていたところ、この後、会社に帰社すると、鬼のような仕事が待っていたという・・・。

 

明らかに私の仕事の範囲ではないのですが、自分の都合で仕事を押し付けて来るのがクラッシャー上司のひとつの特徴。まるで「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」の主人公「マ男」のようなことがバンバン現実で起きている。

 

さらにいうと、現実はあの映画よりも厳しいです。あれはコメディテイストにしているが、現実はあれがシリアスとなり、日常的にマジで起きますからね。何も前後関係を説明せずに「これをやっといて」は、かわいいほど日常レベル。

 

確認の為に話しかけると「今忙しい!話しかけるな!」と逆にキレられ、仕方が無いので自分で理解して片付けようものなら「なんできかないんだ!」の一言。

 

いや・・・だって「お前が忙しいから話しかけるなっていったじゃん・・・」ということは通用せず「すいません」と謝るしか、その場を丸く収める手段はあらず。

 

いくつもの仕事を投げておきながら、いつまでにやっておけばいいのかと聞くと、いつも「今すぐやれ!」と。投げる仕事全てが「なるべく早く」で社内はいつも大混乱。

 

全てがクラッシャー上司の都合で振り回され動かされる。

 

まあ、まだまだあるけど、理不尽なことに慣れてきた私もいて、悲しいかな・・・それをレベルアップというのか・・・。

 

 

 

【ブラック企業体験談】私が転職したブラック企業に新たに3人転職してきたが、そのうちの2人はすぐに退職を余儀無くされた。

2015年01月30日

私がブラック企業に転職してしばらくすると、新たなる転職者が3人ほどブラック企業に入社した。私が転職したブラック企業も一般的なブラック企業によくみられるように、他業界からの転職者を積極採用していた。

 

ブラック企業特有の回転率の高さにより続々と退職者があらわれるため、そうでもしないと人を集めることが出来ないのだ。表向きには、様々なバックグラウンドを持った転職者を募ることにより、他業界からの考えを積極的に取り入れ柔軟性のある会社にしていくということだったが、それは真実ではない。事実ではあるが、それは真実ではない。

 

実際は同じ業界だけでまわしていたら人が集まることがないから、募集をかけ他業界からも転職者を募ることでしか社員を集めることが出来ないのだ。

 

一般的なブラック企業の特徴と言えば、時間外労働(サービス残業)を強いられ、労働力の使い捨て(特に若年層の労働力)を目的として雇用する会社のことをさすのだと思うが、実際はそれは表面的なもので根はもっと深い。

 

それは私が過去書いたブラック企業体験記を読んでもらえればよくわかると思うし、またこれから更にできるだけ具体的に詳細について書いていくつもりなので、それを読んでもらえればよくわかると思う。

 

話を戻すと、私が転職してからしばらくして3人の転職者がブラック企業の営業部に転職してきた(他部署を含めると転職者の数は爆発的に増える。ここで言っているのはあくまで営業部内での話)。

 

1人は同業界からの転職者、そして一人はインターネット関連の会社からの転職者であり、最後の3人目は文房具メーカーからの転職者だった。

 

年齢も様々で20代が二人、30代が一人といった形だ。

 

そのうちの一人、文房具メーカーからの転職者である上原は転職してすぐにブラック企業ダッタことに気がつき、これはやばいと思ったらしく私たちの話に乗り無事改革派に加わることになったのだが、ブラック企業の体質や、法令を無視した労働環境などがあまりにも過酷だった為、体調を崩し一週間ほど休んだ後、結局は一ヶ月半で去っていってしまった。

 

ちなみにこの後インターネット関連の会社からの転職者佐々木もすぐに退職を余儀無くされることとなった。たった二ヶ月あまりで転職者のほとんどが退職するという、つまりはその数字が私が転職したブラック企業での生存率を如実に現している。

【ブラック企業体験談】営業の売上数字よりも、何人イベントに集客できたかが評価されるブラック企業

2015年01月20日

私が転職したブラック企業では営業の数字は、それほど意味を持たなかった。そのかわり月一回、ないし二回行われる対外的社内のイベントに何人集客できたかが評価の対象となっていた。

 

とはいえ、営業の数字が悪いと叱責される部分はあったが、社内イベントの集客ほど重要な意味をもっていなかった。それよりも何よりもイベント集客の方が大事でその集客人数が圧倒的な評価対象となっていた。

 

いったいどんなイベントが行われていたのかというと、簡単に言えば販売会だ。クライアントを会場に呼び、そこにメーカー各社がブースを用意しており、直接会場で販売する。

 

メーカーが直接商品の提案をする事によって、クライアントにとってもまたとない機会となり、突っ込んだ疑問を投げかける事も出来る。確かにこのイベントがうまくまわれば非常に面白い販売会になると思う。

 

だが、私は今でもこのシステムに疑問をもっている。確かに社内のイベントにクライアントを呼ぶ事によって数字に繋がるし、販売会でもあるのでメーカーにとっても非常に重要な商談の場ではある。

 

だから開催する事は悪いとは言わないが、いかんせん、その社内イベントの日は営業はイベント会場にいなくてはならなく、つきっきりになる。

 

だから緊急事態でも発生しない限り、会場を出る事が出来なかったし、直接自分たちの数字に繋がるような動きをとることができなかった。

 

さらにその規模だ。実は販売会には100人程度しかこない。それなのに、朝早くからイベント会場の用意からはじまり1日中営業部員が全員で対応する。100人程度の規模でそこまでつきっきりになる必要は正直ない。

 

だから、ただぼうっとつったっているだけの社員も出てくる。販売フォローの対応とってもそんなに人数は必要ないのだ。さらにイベント会場から外に出る事が出来ないだけで多方面から電話がかかって来る事には違いない。

 

だから、自ずと仕事がたまっていき、販売会イベント当日になるとそれらが積み重なり仕事を圧迫する。多くの場合、それらは次の日に持ち越しということになるのだが、単純に販売会の次の日は仕事量が2倍になる。

 

それが月に二回行われるともう最悪で、ただでさえ忙しいにもかかわらず、2倍にも3倍にも膨れ上がっていき、さらに大きなクレームが入った日なんてもう仕事を投げ出したくなるほどの思いだった。

 

つづきはこちらから【ブラック企業体験談】白髪のクラッシャー上司スネーク(へび)は、面倒くさい事を率先して引き受け、それを部下におしつけていた。

【ブラック企業体験談】私が転職したブラック企業では恐ろしい事に過酷な労働環境に耐えきれず全社員が退職した時期があった。

2015年01月19日

私が転職したブラック企業では創業70年以上経っているにも関わらず中堅社員がおらず脂ののった40代、50代の社員が皆無だった。

一般的にブラック企業と呼ばれる会社の特徴として若年層が非常に多いということがあげられているが、私が転職したブラック企業もそれしかり、若年率がとても高い企業だった。

 

こと配送部に関してはほとんどが20代の社員。30代の社員は営業三部が解体し、後に物流にうつった松堀くらいしかいないのではないかと思う。

 

企業年数が70年もあれば、40代50代の社員が多いのが一般的であると思うのだが、私が転職したブラック企業では40代50代の社員はほぼいなかった。

 

先にあげた「ぺっぺ」、それに創業者一族の息子、クラッシャー上司パワハラおじさん、白髪のクラッシャー上司スネーク(へび)、それに話には出てきていないが、キャバクラ大好きおじさん、社長と副社長シゲキをのぞいて私が転職したブラック企業には40代以上がいなかった。

 

これはどういうことなのだろうと誰もが思う。それはある事件が関与していた。

 

どうやら、一時期、恐ろしい事にブラック企業のあまりにも過酷な労働環境に嫌気がさし、全社員が一斉に辞めてしまった時期があるという。つまり全社員層替えの時があった。

 

その当時の話を語れる社員はおらず、私が副社長シゲキにきいた話になってしまうが、当時は社長と副社長シゲキがちょうど会社を継いだ時期と重なり、会社をよくしていこうと必死に頑張っていた時だったという。

 

だから、仕事をさぼっている社員や仕事ができない社員に対して激しく叱責し、怒鳴り散らし、暴力を振るい「お前なんか、辞めちまえ!」という言葉が連日社内で飛び交っている時期があったのだという。

 

シゲキはシゲキで、いくら頑張って仕事をしたところで利益もあがらない。一体何の為に仕事をしているんだ・・・という思いが重なり非常にストレスがたまっていたようだ。そのせいでシゲキも自ずと社員に対して厳しくなる。

 

「おまえらちゃんと仕事してんのか!」「なにさぼってるんだよ!」

 

そんな時に、激しく社員に対し当たり散らすものだから、社員の中でも徐々に会社への不満がたまっていった。そして社員は会社に対して報復の為にある計画を企てる。それは全社員が出社しないことだった。要するにストライキ。そう、溜まりにたまった社員の不満は、時を得てストライキという事件に発展した。

 

そして間もなくして、全社員がやめていった。

 

つづきはこちらから【ブラック企業体験談】営業の売上数字よりも、何人イベントに集客できたかが評価されるブラック企業 

【ブラック企業体験談】私が転職したブラック企業でも仕事が全くできないにも関わらず創業者一族は異例の出世を遂げていた。

2015年01月14日

私が転職したブラック企業では意味の分からない昇格が行われていたということは前の記事で書いた通りだが、松堀の一件以外にも不可解な人事は行われていた。

 

それは営業二部の部長の事だ。営業二部はKが後に所属する部署になるが、K曰くこの二部の部長は全く使い物にならない部長だったと言う。どんなところで使い物にならないのかというと、まずマネジメントが全く出来ない。

 

私が転職したブラック企業ではマネジメントが出来る人間が皆無だと言う事は以前も話した通りだが、この二部の部長に至っては本当にマネジメントの「マ」の字も全く出来ず、部下を指導する事など夢のまた夢、逆に部下から指導されていた。

 

年齢は40前後だったと記憶しているが、本当に使えず、何度同じ事を話しても、まったく行動にうつさない。自分の事でいっぱいいっぱいなんだかよくわからないが、報告した事をよく忘れる。対策と証拠を残す為に何度もメールを入れておくも返事もせず、放置。また電話にも出ない。全く何処で何をしているのか意味不明の部長だったという。

 

ちなみに以前話した、Kがトラブルを起こした時に、クライアントと映画を観に行ったのがこの営業二部の部長だ。こんな部長でありながらスピード出世。入社して4年たらずで部長になったという。仕事もできないのになぜ4年で部長に・・・という話は愚問で、実は創業者一族の息子だった。だから仕事ができようが出来まいがスピード出世が可能と言う訳だ。

 

だが、部長とは名ばかりで、部下を指導や管理するのではなく部下から指導、管理されるという意味の分からない状態だった。

 

営業二部の部長はクライアントとただ話をするだけが仕事だと思っているようで、Kが同行をした際、一時間ほどくっちゃべって何も営業活動に繋がる事をせずかえってきたという。またクレームの際は、ただ、頭をたれるだけで謝りもせずただ突っ立っているだけだったという。

 

また、Kが高崎から引き継いだクライアントで長い付き合いのあるクライアントで、高崎の失態により取引停止に陥った時も取引を続けて頂く為に掛け合うのではなく、ただ、それなら仕方ないですねと言った調子で取引停止も当然のように対応していたようだった。

 

ここで話した事はほんの一部の話で、その他にも五万とあり上司として部長として、全く使い物ににならないとKは言っていた。この営業二部の部長を説明する上で、単なるボンボンという言い方が一番しっくり来ると思う。

 

つづきはこちらから【ブラック企業体験談】私が転職したブラック企業随一の指示出し曖昧、不明確な長老社畜社員「ぺっぺ」

1 / 1012345...10...最後 »