ブラック企業 退職 稼ぐ アフィリエイト

プロフィール

画像


櫻井 海都

(時遊人)

【1日10分、ゼロから1億、ブラック企業に勤める社畜社員でも出来る!時遊人 櫻井海都による業界のプロが教える!インターネットビジネススクール】

学長(BOSS)


「送られてくるメールの手順通りにススめるだけ」でステップバイステップで稼ぐことが出来ます。

 ↓ ↓ ↓ 

櫻井海都のメルマガ登録はこちら


個人が手がけるインターネットビジネスの創世記からネットビジネス業界に携わるインターネットビジネスを知り尽くしたプロ。表舞台に出ることはほどんどなく密かに稼ぎ続けている姿から、ネット界では「The Secret(ザ・シークレット)」と呼ばれている。以前は大手IT企業から転職しブラック企業に勤めていた経歴をもつサラリーマンでもある。サラリーマンとしての仮面を被りながらもアウトサイダーとして密かにお金を稼ぎ続けていたことでも知られる。常日頃からウェイクボード、サーフィン、ジェットスキー、ルアーフィッシングなどを堪能するなど大の遊び好きで、現在は好きな時に自由に遊べる遊び仲間を増やす為インターネットを利用して稼ぐ組織「アウターインク」を発足。インターネットを使ったありとあらゆる金儲けの方法を教えている。

 ↓ ↓ ↓ 

【無料】スクール詳細&仲間募集はこちら

あなたが稼ぐまでの道のり


(1)メールアドレスを入力し、メルマガに登録。(名前の登録は必要ありません。ですので匿名で受講することが出来ます)


(2)メルマガで送られてくる課題に対してステップバイステップで取り組む。(わからなければ、ご質問ください)


(3)指示に従い教わることで、徐々に稼げるようになる。


(4)ビジネスへの依存度を減らし会社外で安定した収入を得る。(このステージでは、事業と自分の責任を縮小して頂く段階に入ります。このステージまで達すると、不思議なことに仕事をやらなければやらないほどお金が入ってくるようになります)

 ↓ ↓ ↓ 

【無料】スクール詳細&仲間募集はこちら


さらに特典として・・・

ネットビジネスで「0▶︎1」になるために・・・。メルマガ読者になってくれたあなたには、仕組みを作ることでほぼ放置で稼ぐことの出来るノウハウをプレゼント!詳細はこちらをクリック

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

はじめて訪問してくれた方へ

以前は・・・


 ↓ ↓ ↓ 


今は・・・


あなたもぼくらのように「時遊人」となることで自由を謳歌しませんか?


まるで遊び感覚で定期的に送られてくるぼくからの指示に従い「ミッション(送られてくるメールの手順通りに取り組むだけ)」を遂行するだけで、めきめきと力をつけインターネットで稼ぐことが出来るようになります。なお、現在キャンペーン中のため受講に際しご料金は頂戴しておりません。(通常料金は、月額9,800円を頂いております)

安心のサポート体制もついているため、数多くの成功者を輩出し続けています。

 ↓ ↓ ↓ 

詳細はこちらから

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索


やっぱり、失敗の繰り返しで成長してくのかな・・・。

2015年12月14日

知れば知るほど、世の中ブラック企業ばかりだなと思う。

 

ぼくは偉そうにも、ブラック企業に頼らないために生きていくための処方箋として、まずは副業やら、サイドビジネスをやっていこうよという趣旨のもと、こうして記事を書いたりしているわけだけれども、実際ぼくの書いた記事でどれくらいの人が救われているのか・・・それはわからない。

 

でも、ぼくがなんらかの情報を発信すること自体に意味があると思うので、今日もこうして情報をせっせと配信している。

 

世の中は複雑だけれどもものすごく単純に出来ていて、生きていくためには、雇われるか、雇われないかの2択しかない。雇われずに生きていきたいなら、それなりの生きていく手段や能力を手にいれていかなければならない。端的に言うと、それらのスキルは「お金を稼ぐ能力」ということになる。

 

でも残念ながら義務教育では、社会に出てから自分でお金を稼ぐ方法とやらは教えてはくれない。だから、ぼくたちのような存在が必要になる。即ち、自らの力でビジネスモデルを創出しお金を稼ぐことをわかりやすく噛み砕いて教えることのできる存在。

 

教える・・・なんてことはぼくにはまだ言えないかも知れないけれども、それでも、ぼくの経験したなかでなら伝えることが出来る。もちろん中には日の目をみることができずに終わってしまったビジネスもたくさんある。たくさんの失敗を経験しているぼくだからこそ、伝えることが出来るものは多い。

 

ビジネスなんて失敗の連続だ。

 

でも失敗の中には絶対に次につながるタネがある。そのタネをまた植えて、どんどん時代に合わせて変化させていく・・・それしか方法はないとぼくは思う。

 

働き方は時代と共に変わっていく。ぼくはこの記事を書いている現在30代だけれども、ぼくよりもっと年上のひとの時代とは働き方が違う。そもそも働くために必要なアイテム自体が変わっているのだから、それは当然のことだと思う。

 

ぼくは残念ながら天才ではないから努力するしかない。でもそれでいい。それでいいのだ。

 

貴重な時間をとってこのブログを読んでいるあなたの、少しでも力になれたらと切に願う。

まずは、サラリーマンを辞めること無く副業によって稼ぐ。会社を辞めるのは、それからでも遅くはない。

2015年03月06日

先日ホワイトカラーエグゼンプションという法案が国会に提出される見通しとなったと報道があった。

 

これは俗にいう残業代ゼロ法案と呼ばれる悪魔の法案だ。

 

この法案はかいつまんでざっくりと言えば、時間ではなく成果で評価する制度ということになっている。しかし、ブラック企業被害対策弁護団のホームページにも記載されているが、これは様々な矛盾を孕む法律となっている。

 

まず第一に、無駄な残業を無くし、企業にとって無駄な残業代を払わなくするという建前があるのだが、そもそも大手企業に勤めている労働者以外、残業代なんてもらっていないのが現実としてある。もともと残業代をもらっていないにもかかわらず、今回法律によりそれを正当化しようとする動きがあり、僕はそれに対してひどく憤りを感じている。

 

本当に政府役人は何もわかっていないと思う。もともと多くの人は見なし労働としての名目でサービス残業を強いられており、長時間労働が常態化している現実がある。

 

私もブラック企業に勤めていたことがあるので、経験論としていわせてもらうが、安い給料で働きながら、24時間拘束され、休みも無い生活・・・それは本当に恐ろしいものだ。心身ともにどんどん疲弊していく。やはり、人間働く時間には限界がある。

 

労働者を保護する最初の法律は,1802年にイギリスで生まれたと言われているがそれは使用者が労働者を長時間酷使しすぎた結果,労働者の健康が著しく損なわれ人の働く時間には限界があることが公に認識されやがて労働者を守る為の法律が世の中に広まったと言われている。

 

要するに、もともとは法律で「残業代」という「罰」を与えることにより,長時間労働を抑制しようという動きの為につくられた法律だった。

 

つまり今回の残業代ゼロ法案(ホワイトカラーエグゼンプション)はその逆を行く法律だと言うことだ。労働者を保護すること無く働かせることが出来る悪魔の法律。

 

これにより、長い目でみれば身体や心の病気などを発祥する機会が増えるだろうし、医療費などがどんどん増えていくだろう。

 

こんな法律が通ればブラック企業は、法律で守られることになってしまう。人々に余裕がなくなるのでこの法律が通ればどんどん治安も悪化していくだろう。

 

対象はあくまで1075万円以上の高給取りのみとされているが、これは真っ赤な嘘だ。そのうち対象は必ず広げられる。それが彼らのやり口だからだ。

 

そんな生活を続けていって良いのか・・・働き方を変えて行く必要があると僕は思う。

 

だからこそ、僕は副業というものをすすめているし、これからも勧め続ける。いきなりサラリーマンをやめろなんてことは絶対に言わない。そんなもの百害あって一利無しだ。

 

全く会社の外で稼いだことのない人間が、いきなり稼げるようになるはずなんてない。居たとしてもそれは、単なる偶然であり、そんな夢物語は信じない方が良い。

 

堅実に稼いでいく為に、家族を不幸にしない為にも僕は副業をし、徐々にならしていくことを進める。副業で最低でも7桁を超える収入を得ることが出来、サラリーマンの道を選ぶか、それとも副業を本業にしていくのか。その時点で判断すれば良い。

 

副業で稼ぐ方法は恐らくたくさんあるのだろうが、僕はネットを使って物販やらアフィリエイトやらで稼ぐことは教えることが出来る。

だから少しでも興味があればメール講座に登録することをお勧めさせて頂く。

 

それ以外に僕からあなたに副業の方法を伝える方法はないのだから。

【ブラック企業体験談】転職者のほとんどは実は失敗しているという転職市場の現実を見た方が良い。

2014年12月02日

Kは私に言った。

 

「実は入社してすぐの一ヶ月から二ヶ月目の間。私は会社を本気で辞めようと思っていました。けれども今辞めたとしても、私を雇ってくれる会社なんてないでしょう。いや、ないとは言い過ぎかもしれません。もちろん転職することは可能でしょう。でも限りなくゼロに近い。

 

ただでさえ、こんなに景気が冷え込んでいるんです。大手企業はどこもリストラしている時代です。人件費をカットする時代なんです。

 

それなのに、入社後二ヶ月足らずで会社を辞めたとしても何処にも雇ってもらえませんよ。悔しいですがそれが現実です。根性がない、続けられない、すぐに辞める・・・・なぜ数ヶ月で会社を辞めたのか・・・これらはどんなに具体的に説明してもわかってもらえるものじゃありません。実際に経験していない人にわかってくれって言う方が無理がありますからね。よっぽど筋の通った話をしないと聞く耳さえもってもらえませんよ。

 

だから残念ながら中身よりも何よりもどれくらい長い期間その会社に所属したのか・・・それによって転職は大きく左右されます。さらに分が悪いことに、僕は年齢があなたより上だ。20代のように、それほいと手軽に転職できる年代はとうに過ぎています。こんな短期間で会社を辞めたら、正社員として社会復帰できない可能性も高い。正社員として雇うのであれば、よっぽど人に言える経験をしていない限り、企業は新卒をとりたがりますからね。

 

私は転職に失敗した。それは間違いありません。転職する者は、どこかしらに不満があって会社を辞めてきています。それは仕事内容や給料、待遇面、でも最も多いのは人間関係でしょう。

 

満足していれば誰も転職なんてしませんよ。満足しているのになんとなく転職するなんて言うのは馬鹿以外の何者でも無いですからね。

 

企業側もそれはわかっている。わかっていて面接をし、採用するんです。面接ではお互いが良いところを言い合う。いい面をみせようとする。魅力的な言葉をお互いにぶつけ合い、駆け引きをする。

 

でもね・・・どうやってその企業がブラックだと判断すると言うのですか。結局のところ、入社してみないとわからない。どんな仕事をして、どんな業務内容で、どんな人が働いていて、どんな上司の下で働くのか・・・入社する前に全てを把握するなんて不可能なんです。たった30分や1時間の面接で一体何がわかると言うのです。そんなの無理ですよ。見分ける方も難しい。

 

ブラック企業を見分ける方法なんて何もありません。結局は運です。私もこのブラック企業以外にも数社から内定を頂いていました。考え抜いた上にこの会社に転職したんです。それでもやっぱりブラックだった。運が悪いとしか言いようがありません」

 

Kのいっていることはある意味正しいと思う。転職は非常にリスクが高い。おそらく成功する転職なんて全体の数%にも満たないのではないかと思う。ほとんどの転職者が不幸になっていく。幸せに転職する者なんていったいどれくらいいるのか・・・・。それなのに転職サイトでは転職成功例を装い、商品価値を高め、人々を流動的に転職させるようしむける。それは転職をさせることによってお金が動く市場だということが大きく関係している。そう考えると人材系含め転職市場は、甘い言葉で職を売る、ある意味夢を売る商売なのかも知れない。

 

つづきはこちらから【ブラック企業体験談】私が転職したブラック企業は常に混沌としており、個人商店の集まりのような社風だった。