ブラック企業 退職 稼ぐ アフィリエイト

プロフィール

画像


櫻井 海都

(時遊人)

【1日10分、ゼロから1億、ブラック企業に勤める社畜社員でも出来る!時遊人 櫻井海都による業界のプロが教える!インターネットビジネススクール】

学長(BOSS)


「送られてくるメールの手順通りにススめるだけ」でステップバイステップで稼ぐことが出来ます。

 ↓ ↓ ↓ 

櫻井海都のメルマガ登録はこちら


個人が手がけるインターネットビジネスの創世記からネットビジネス業界に携わるインターネットビジネスを知り尽くしたプロ。表舞台に出ることはほどんどなく密かに稼ぎ続けている姿から、ネット界では「The Secret(ザ・シークレット)」と呼ばれている。以前は大手IT企業から転職しブラック企業に勤めていた経歴をもつサラリーマンでもある。サラリーマンとしての仮面を被りながらもアウトサイダーとして密かにお金を稼ぎ続けていたことでも知られる。常日頃からウェイクボード、サーフィン、ジェットスキー、ルアーフィッシングなどを堪能するなど大の遊び好きで、現在は好きな時に自由に遊べる遊び仲間を増やす為インターネットを利用して稼ぐ組織「アウターインク」を発足。インターネットを使ったありとあらゆる金儲けの方法を教えている。

 ↓ ↓ ↓ 

【無料】スクール詳細&仲間募集はこちら

あなたが稼ぐまでの道のり


(1)メールアドレスを入力し、メルマガに登録。(名前の登録は必要ありません。ですので匿名で受講することが出来ます)


(2)メルマガで送られてくる課題に対してステップバイステップで取り組む。(わからなければ、ご質問ください)


(3)指示に従い教わることで、徐々に稼げるようになる。


(4)ビジネスへの依存度を減らし会社外で安定した収入を得る。(このステージでは、事業と自分の責任を縮小して頂く段階に入ります。このステージまで達すると、不思議なことに仕事をやらなければやらないほどお金が入ってくるようになります)

 ↓ ↓ ↓ 

【無料】スクール詳細&仲間募集はこちら


さらに特典として・・・

ネットビジネスで「0▶︎1」になるために・・・。メルマガ読者になってくれたあなたには、仕組みを作ることでほぼ放置で稼ぐことの出来るノウハウをプレゼント!詳細はこちらをクリック

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

はじめて訪問してくれた方へ

以前は・・・


 ↓ ↓ ↓ 


今は・・・


あなたもぼくらのように「時遊人」となることで自由を謳歌しませんか?


まるで遊び感覚で定期的に送られてくるぼくからの指示に従い「ミッション(送られてくるメールの手順通りに取り組むだけ)」を遂行するだけで、めきめきと力をつけインターネットで稼ぐことが出来るようになります。なお、現在キャンペーン中のため受講に際しご料金は頂戴しておりません。(通常料金は、月額9,800円を頂いております)

安心のサポート体制もついているため、数多くの成功者を輩出し続けています。

 ↓ ↓ ↓ 

詳細はこちらから

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索


【ブラック企業体験談】遂にクラッシャー上司に目を付けられる私。ことの発端は松堀の報告によるものだった。

2015年04月05日

私とKが松堀に真実を話したその日、営業部の飲み会があった。
この飲み会は前もって計画されていた飲み会だったので急遽開かれたわけではない。しかしこの飲み会により私とクラッシャー上司の関係は大きく変わっていくこととなる。

 

飲み会には、松堀が出席していた。私ははじめ、20人以上いる営業部員の端の席を陣取っていたのだが、飲み会の最中クラッシャー上司によって呼ばれ、クラッシャー上司のすぐ近くの席に移動することとなった。

 

そして私が移動したことによりクラッシャー上司スネークによる私への攻撃が始まった。そして、それはなんの前触れも無く突然始まった。

 

「おい、お前」クラッシャー上司は私の方に蛇のよな睨みを利かせて私に言う「知ってんだぞ、お前がオレのことを会社の上の者にちくっていること」私は一体何のことだかよくわからなかったのだが、次の言葉で全てを悟る「この前の会食のこと、お前松堀にちくっただろ」私は松堀の方をみる。

 

しかしそのとき松堀は電話をしており、その話の輪の中にはいなかった。「お前、オレのことを上司と認めていないといったようだな」更にクラッシャー上司は続ける。「オレは全部知ってんだぞ、お前たちが今日どんなことを話したのか」そこで松堀がかえってきた。しかしクラッシャー上司スネークはそれを気に留める様子も無く続けた「オレのもとにはな。逐一社員がどんなことを言ったのか全て情報が入って来るんだよ。あまりオレをなめない方が良いぞ」

 

その後は急に公の場での「詰め会」に変わった。そして周りにいる社畜社員はそんなクラッシャー上司に詰められる私を見て見ぬ振りをしていた。私は居たたまれず、トイレに行くと良い席を立ち、その場を離れた。そして戻ってきた時には違う席へと着席したのだが、それをクラッシャー上司スネークが見逃すわけはない。

 

しかし、私も意地になりその誘いには応じなかった。すると、後で聞いた話なのだが、それからも私の悪口をクラッシャー上司はみんなへの当てつけのように言い散らしていたという。もちろん松堀もそれを聞いていたようだ。しかし松堀は特別フォローに周るわけではなく、聞かぬふりをしていたようだ。

 

そして、その松堀の態度に気がつかなかった私はここでヘマをすることになる。私は松堀の携帯にメールを入れたのだ。

 

「松堀さん。ご覧頂いた通りです」

 

そもそも、メールを入れたこと自体が間違いだった。私がそのようなメールを入れたことがまた、クラッシャー上司に伝わることになったのだから。そして状況はこの先悪化の一途を辿るばかりだった。

【ブラック企業体験談】運命のイタズラ。こうして私はクラッシャー上司を敵に回すこととなった。

2015年04月05日

クラッシャー上司を牽制する為に、私はブラック企業に入社してから初めて会社を休んだ。そして私が会社を休んだ次の出勤日にブラック企業に出社したが、もちろんとくにかわりはなかった。いつも通りの日常が流れていく。

 

こんなことで何かがかわるはずがない。そんなことは百も承知だったのだが、これほどまでに意味の無かった行為ということがわかると、私たちが考えた作戦とは一体なんだったのか・・・いささか、意味のない行いで思いつきに過ぎず、単なる幼稚な手段にすぎなかったのではないだろうか・・・そう思わざるを得なかった。

 

また一日会社を休んだことにより、仕事は相当数たまり、一体私は何をしたかったのだろう・・・と思わざるを得ない日が続いた。

 

それからしばらくしたある日。私とKはブラック企業で開催している通例のイベントのために、朝から手伝い係として都内某所に呼ばれた。午前中の手伝いを終え、会社に戻ろうとした時、私とKは会場に来ていた松堀と一緒に帰ることになった。

 

そして会社へ帰る時間をこの松堀と過ごしたことにより、私たちの状況は大きく動くことになった。

 

松堀によると、クラッシャー上司との会食のことは社内でも話題になっているらしかった。なんでもブラック企業の幹部が集まる朝の集会でその会食が話題になったという。

 

そして松堀により「素晴らしい会食であった。二人とも悩みを打ち明けてくれ、親身に相談に乗った」と報告されていることがわかった。私とKは一瞬目をあわせ、一体何の話をしているのだろうとお互いの目をみてアイコンタクトをした。

 

しかしどうやら先日私とKが出席した会食ということがわかると、私とKは真実を話していいものかどうか思い悩んだ。実は相談会ではなく単なる詰め会、それも仕事のことではない単なるクラッシャー上司の憂さ晴らしの場。

 

そんな真実を話していいものかどうか・・・私はその場で、思い悩んだが、もしかしたら・・・と思い、全てを打ち明けることにした。
すると松堀の目が変わった。

 

「君たちの話が真実ならばこれは大変なことだ」といい、その場で話を重ねた結果「それでは君たちにひとつだけ質問がある」と私たちに問うてきた。

 

それは「クラッシャー上司に上司としての器があると思うか」という質問だった。私とKは正直に「ないと思う」と答え、それならばと「どうしたら良いと思う?」と聞かれた。

 

私とKは「まずはクラッシャー上司を今の部長と言う座から降りるべきだと思う」と話した。その後松堀はこう言った「貴重な意見をありがとう。一応は断っておくけど、このことは僕の上の人間、つまり副社長のシゲキさんと社長にあげさせてもらう。それでいいかな」と言った。

 

私とKはこれまでの経緯により、返答に困ったが、もしこのことで物事がいい方に変わるのなら・・・と「お願いします」と答えた。しかし、この松堀とのやり取りが、その後の私のブラック企業での人生を大きく変えるきっかけとなった。

 

そしてそれは、同時に私がブラック企業で過ごした壮絶な地獄の日々のはじまりを意味していた。

【ブラック企業体験談】クラッシャー上司との会食・・・次の日、私は、はじめて会社をさぼった。

2015年04月05日

私とKが白髪のクラッシャー上司スネークと会食をした次の日、私は会社を休んだ。
昨日の会食で、私こそKのようには詰められてはいなかったのだが、今まで描いていた会社に対しての疑惑は深まり、一体私は何をしているのだろうと考えた結果、仕事に対してのモチベーションが著しく下がり、ちょっと会社と距離を置き今後のことを考えたいと思った。

 

また、昨日の会食が終わってから、実は私は場所を変えKと飲みなおし、今後の作戦を練ったことがひとつの理由だ。白髪のクラッシャー上司との会食が終わってから私たちの会社に対しての不満はついに爆発した。

 

今まで理性でなんとか押さえつけていたもの、今回の意味のない、わけのわからない会食により私たちの怒りはついに爆発した。今後私とKでこの理不尽なブラック企業をなんとかしていい方向に変えていけないだろうか・・・私とKはその場でアイデアを出し合った。

 

そのひとつが、とりあえず、この問題を表面化することだった。そして社内にいる信頼できる人間を徐々に巻き込むことで、私たちの勢力を集めクラッシャー上司と対峙する。人数は多ければ多いほど良い。

 

とは言え、私が転職したブラック企業では、それを行動に移すのには非常に難しい問題があった。それは前述した通り誰かに相談すれば、すぐにその情報がまわり、何もかもが筒抜けになるというブラック企業独特の文化による。

 

だから、一旦誰かに相談すれば最後、それは全社員に伝わることを意味する。ではどうすればいいのか・・・信頼できる人間は数名だがいる。でも、どうきっかけを作るのか・・・とりあえず、社内の誰かにこの危機的状況を感知してもらわなければならない。

 

今日の会食のことは全社員が知っている。だったら・・・その次の日にどちらかが会社を休んだとしたら、それにより牽制できるのではないか・・・ちょっとでもいい、社内のまともな人間が今日のことを感知してくれたら・・・稚拙だが、私たちが選んだ結論はそれだった。そして、あえて詰められていた、Kではなく私が会社を休むということにした。

 

だから、無理していけば会社に行けないことは無かったのだが、私は意図的に会社を休んだ。

 

かくして、私とクラッシャー上司との戦いの火ぶたは切られた。

【ブラック企業体験談】私はこうしてブラック企業の諸悪の根源であるクラッシャー上司と対決することとなった。

2015年04月01日

私のブラック企業体験記も遂にクライマックスを迎える。
全ては私とKが白髪のクラッシャー上司と会食をするところから始まる。私とKは白髪のクラッシャー上司と、全く使えない営業2部の部長に呼び出され会食をすることとなった。

 

そこでの会話は建前上は、私たちの悩み相談というものだった。しかしそれはあくまで建前であり、実際の会話とは大きく乖離していた。その実態はふたを開けてみれば単なる「詰め会」。しかも仕事の詰め会ではなく、ご飯の食べ方がおかしいなどと言った、よくわからないことをあーだこーだ言われる詰め会だった。

 

私はそれに耐えていたのだが、遂にKがしびれをきらし、白髪のクラッシャー上司スネークに言い寄った。そこからはひどいものだった。完全なる個室で3時間に渡り、説教を受けた。しかも、お酒が入っているものだから、クラッシャー上司は普段のストレスをぶちまけるかのように私たちに強くあたった。

 

例えば、飲み方が悪い、食べ方が気に入らない、箸の持ち方がおかしいなど、全く仕事とは関係のない会話が繰り広げられた。私たちの悩みなど一切聞いてもらえず、一方的に詰められることとなった。

 

私はその場では黙って耐えていたが、私はこのことが発端となり、クラッシャー上司と、このあと対峙することとなる。そして、それは周囲を巻き込んだ社内戦争へと勃発していった。

【ブラック企業体験談】私は密告者の流した情報により、クラッシャー上司と対峙することになる。

2015年02月10日

以前少しだけ紹介した、ブラック企業の物流から営業に配属になった”密告者”斉藤は、本当に私たちに様々な情報を教えてくれた。
それは”密告者”斉藤が物流から営業に上がってきたという部分が大きい。なぜ物流から営業に上がってくると様々な情報が得られるのかというと、物流では様々な情報が毎日のようにやり取りされる。それは噂レベルの話から、事実に基づいた情報まで様々だ。

 

物流は営業のことを、仕事をしない集団と考えており、それなのに偉そうに指示してくる営業に対して反発心を抱いていた。表向きは、平静を装っておきながら、実は裏では営業の陰口を叩く・・・そんな、どこの会社でもあるような現象が私が勤めたブラック企業でも起こっていた。

 

しかし、物流組は結束力が強く、営業のようにほいそれとすべての情報を上にあげはしない。もちろん一般的な企業に比べてなんでもかんでも上にあがる現象は物流でも存在するのだが、営業部ほどではなかった。

 

それは物流には一応のリーダーがおり、営業と比べれば、組織として機能していた面が大きい。きちんと部下をまとめる者がおり、頼りにされる兄貴分的な存在がおり、体育会系の縦社会の文化が良くも悪くもしっかりと根づいていた。

 

そんな環境で育った”密告者”斉藤は、諏訪と同じく期間限定社員だった。もちろん正社員としてブラック企業に所属していることには間違いないのだが、実家の家業を継ぐ為に、諏訪と同じように数年だけ、ブラック企業にお世話になっていた。

 

斉藤は、私よりもかなり若い社員であったが、自分の意見を持ち、間違っていることは間違っているとしっかりと言っていたし、天性の誰にでも好かれ、かわいがられる性格も持ち合わせており、人としてとても魅力的な存在であった。

 

だからこそ、営業と物流、双方の間に立ち、お互いの情報をうまい具合に吸い上げ、私たちに情報を落とし込んでくれた。そしてそんな”密告者”斉藤の吸い上げた情報を元に私はこの後クラッシャー上司と対決をすることとなる。