ブラック企業 退職 稼ぐ アフィリエイト

プロフィール

画像


櫻井 海都

(時遊人)

【1日10分、ゼロから1億、ブラック企業に勤める社畜社員でも出来る!時遊人 櫻井海都による業界のプロが教える!インターネットビジネススクール】

学長(BOSS)


「送られてくるメールの手順通りにススめるだけ」でステップバイステップで稼ぐことが出来ます。

 ↓ ↓ ↓ 

櫻井海都のメルマガ登録はこちら


個人が手がけるインターネットビジネスの創世記からネットビジネス業界に携わるインターネットビジネスを知り尽くしたプロ。表舞台に出ることはほどんどなく密かに稼ぎ続けている姿から、ネット界では「The Secret(ザ・シークレット)」と呼ばれている。以前は大手IT企業から転職しブラック企業に勤めていた経歴をもつサラリーマンでもある。サラリーマンとしての仮面を被りながらもアウトサイダーとして密かにお金を稼ぎ続けていたことでも知られる。常日頃からウェイクボード、サーフィン、ジェットスキー、ルアーフィッシングなどを堪能するなど大の遊び好きで、現在は好きな時に自由に遊べる遊び仲間を増やす為インターネットを利用して稼ぐ組織「アウターインク」を発足。インターネットを使ったありとあらゆる金儲けの方法を教えている。

 ↓ ↓ ↓ 

【無料】スクール詳細&仲間募集はこちら

あなたが稼ぐまでの道のり


(1)メールアドレスを入力し、メルマガに登録。(名前の登録は必要ありません。ですので匿名で受講することが出来ます)


(2)メルマガで送られてくる課題に対してステップバイステップで取り組む。(わからなければ、ご質問ください)


(3)指示に従い教わることで、徐々に稼げるようになる。


(4)ビジネスへの依存度を減らし会社外で安定した収入を得る。(このステージでは、事業と自分の責任を縮小して頂く段階に入ります。このステージまで達すると、不思議なことに仕事をやらなければやらないほどお金が入ってくるようになります)

 ↓ ↓ ↓ 

【無料】スクール詳細&仲間募集はこちら


さらに特典として・・・

ネットビジネスで「0▶︎1」になるために・・・。メルマガ読者になってくれたあなたには、仕組みを作ることでほぼ放置で稼ぐことの出来るノウハウをプレゼント!詳細はこちらをクリック

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

はじめて訪問してくれた方へ

以前は・・・


 ↓ ↓ ↓ 


今は・・・


あなたもぼくらのように「時遊人」となることで自由を謳歌しませんか?


まるで遊び感覚で定期的に送られてくるぼくからの指示に従い「ミッション(送られてくるメールの手順通りに取り組むだけ)」を遂行するだけで、めきめきと力をつけインターネットで稼ぐことが出来るようになります。なお、現在キャンペーン中のため受講に際しご料金は頂戴しておりません。(通常料金は、月額9,800円を頂いております)

安心のサポート体制もついているため、数多くの成功者を輩出し続けています。

 ↓ ↓ ↓ 

詳細はこちらから

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索


【副業】コンセプトをしっかりとしたビジネスは強い。

2015年05月10日

どんなビジネスにも共通して言えることだけれども、やっぱりコンセプトがしっかりしていないとダメだと思う。

 

今の時代特に、様々な商品やサービスで溢れかえっているし、商品やサービスを提供されるお客様も複雑化、多様化している。だからコンセプトが明確でないと、そもそもあなたの方を振り向いてもらえない可能性が極めて高い。

 

じゃあ、コンセプトとはなんなのかという話しになって来るのだけれども、「全体を貫く基本的な概念」一言で言えば「一本の柱」や「軸」と置き換えられると思う。

 

「テーマ」のようなもの。もしくはそのものの「本質」。

 

例えば僕がこのブログやメールセミナーを通して一貫して伝えていること(むしろこれから本格的に伝えて行くこと)は「現役サラリーマンのための、アフター5の2時間を利用して3年以内に1億円の資産を構築する方法」だったりする。

 

これが全ての軸にある。

 

だからこそ、それにあてはまらないものはどんどん排除してくし、むしろそのコンセプトに見合ったものはどんどん取り入れて行く。もちろんコンセプトには答えはないから、必ずしも僕のコンセプトが正しいわけではない。このコンセプトは百人いれば百通りの考え方があると思う。

 

では、コンセプトがしっかりしていないとどうなるのかと言えば、例えば僕が、単なる「副業講座」を提供していたとすると、独自性が全くないということになる。同じような話をしている人はおそらくたくさんいるだろうし、お客様が本当に僕のメール講座がいいものなのかどうか、お客様ご自身のためになる講座なのかどうかがわかりづらい。

 

要するにぶれる。

 

もちろんあなたもぶれるわけだから、お客様はもっとぶれることになる。

 

あなたが提供している内容がどんなに良いものだったとしても、それじゃあ意味がない。だからコンセプトがしっかりしていないとダメ。もちろん最初から頭で考えてコンセプトをがっちり固めてから動き出す必要はない。

 

はじめは緩やかに動き出して、ちょっとずつ方向を修正していけばいい。僕だって、今は「現役サラリーマンのための、アフター5の2時間を利用して3年以内に1億円の資産を構築する方法」というコンセプトを掲げているけれども、ちょっとずつ方向修正をしてきてこのコンセプトにたどり着いている。

 

また、今後時代の流れに合わせて変化して行くことも十分あり得る(もっと深いところの本質的な部分のコンセプトは変化はしないけれども・・・)。

 

コンセプトの良いところは、それがしっかりしていれば、必ずしもそのコンセプトに合致していない人もつれてきてくれること。

 

詳しくは後々もっと掘り下げて解説して行こうとは思う。

 

 

【雑感】現役サラリーマンでありながら、どこまで稼ぐことが出来るのか。

2015年05月07日

「現役サラリーマンでありながら、どこまで稼ぐことが出来るのか」

 

これが僕が取り組んでいる直近のテーマでもある。

 

ご存知のように平日はブラック企業で現役のブラリーマン(ブラック企業で働くサラリーマン)としてクラッシャー上司による理不尽な命令に耐えているわけだけれども、平日の夜と休日になると僕は副業ビジネスの鬼となっている。

 

それこそ、ストイックにインターネットを利用した副業ビジネスにいそしんでいる。

 

それは僕が今掲げているテーマ

 

「現役サラリーマンでありながら、どこまで稼ぐことが出来るのか」

 

に挑戦しているからという理由でもある。

 

でも、そういいながらも、稼ぐ額なんて実はどうでも良いと思っている僕もいる。

 

稼ぐほどに思うのだけれども、お金なんてたかだか手段に過ぎない。

 

金銭的な成功に満たされていても、私生活が満たされていない人なんてたくさん見てきたし、金銭的な成功が本当の成功とよべるのか・・・いささか疑問を抱いている。

 

いや、むしろ金銭的な成功などまやかしの成功に過ぎないのだと言い切れる。

 

僕たちが生きる資本主義のシステム上、企業は永続的に繁栄し続け、また成長し続けないと行けないというしがらみがあるけれども、そんなものどうでも良いと思っている僕もいる。

 

そんななか最近、特に思うことは、本当に大事なのは適正規模でビジネスを行なうことで「ありのままの自分」でいること。

 

本来あるべき「素」の姿でいることと表現して良いかも知れない。

 

人それぞれ特別な才能にあふれていると思うし、それぞれの才能を自由に持ち寄ることが出来る社会が出来たらどんなに素晴らしいことだろうかと思う。

 

僕は今現在ブログ、メールマガジンを使ってあなたにこうして情報発信を行なっているわけだけれども・・・

 

何か、この先の人生を僕が歩んで行く上でそれらに対して限りなく近い答えを手にいれることができたとき、僕は会社を辞め、その道を進んで行くのかも知れない。

 

 

【副業】事業の流れをつかみ、昇りのエスカレーターに乗る。そうすれば簡単に事業を軌道に乗せることが出来る。

2015年05月06日

流れをつかむと言うのは本当に大事で、様々な事業の浮き沈みをみてきて思うのだけれども、やはりそれぞれの事業には流れがある。

 

僕が最初にそれを体感したのは2006年頃だったと記憶しているのだけれども、インターネット上にホットマーケットと言うのが確かに存在した。風が吹けば桶谷が儲かる状態で、本当にあまり考えなくてもバンバンある商品が売れる市場があった。

 

個人、法人関係なく、新商品が出るたびに、驚くような額を簡単に売り上げることの出来る市場が確かに存在した。

 

残念ながら、その頃僕は、ある事情により、そのホットマーケットを指を加えて見ているしか無かった。なのでそこで流れに乗ることが出来ずに、後々苦労することになったのだけれども、今思えばそれもよい経験となったのではないかなと思う。

 

要するにその市場はバブルだったわけで、たったの2年くらいで急激に落ち着いていった。その頃、勢いに乗り起業した人もいるのだけれどもその大多数はその流れを理解できずに失敗して去って行った。

 

もちろんその中にも、いまだに堅実な経営をしている方はいるけれども僕の見た限り、大多数の方が去って行ったと感じている。

 

事業の流れに乗ると、本来の自分以上の力が出る。それが追い風ということなのかも知れないが、本来の自分以上の力が出るので、読み間違えると、あっという間に破綻する。

 

ただある程度準備ができている人にとっては、美味しいチャンス以外の何ものでもない。例えるならば昇りのエスカレーターに乗っているようなものだからだ。

 

季節で言えば夏の状態なのだと思う。ガンガンに売れるけれども、秋が近づいており、冬に備えて支度をしなくてはならないという時期。だからそれを読み間違え、秋冬がこようとしているのに、そんなものおかまいなしに、いつまでも夏だと勘違いしている者たちにとっては厳しい時期にあたる。

 

まるでありとキリギリスのキリギリス状態のようなものなのだと思う。

 

その経験から言えることは、やはり流れに乗ったもん勝ちなんだなと。そういうマーケットを探し当てれば本当にバカでも、間抜けでも、資源を注力するだけで簡単に稼ぐことが出来る。

 

それは断言できる。

 

 

 

【雑感】会社が成長するには4人の役者「起業家」「実務家」「管理者」「まとめ役」が必要。

2015年05月06日

サイバーエージェント社の藤田晋さんは本当にすごい人だと思う。

 

ご本人はご謙遜されているけれども、やはり流れを読む力が抜群にすぐれている方だと思います。

 

例えば、私の記憶の中の話になってしまいますが、サイバーエージェント社はもともとはインターネットを主軸として考えておらず、たまたま知り合いの経営者からインターネットが面白いという話しをきくことになります。

 

そこからインターネット広告代理店として会社がスタートするわけですが、売上が好調なことからすぐに他社のサービスを真似た自社のサービス(サイバークリック)を手がけることになります。

 

つまりインターネット広告の代理店から、インターネット広告事業に方向転換をしています。

 

代理店広告なんてひとつの広告を売っても大体20%程度のマージンですから(100万円の広告を売っても粗利は20万円にしかならない)この方向転換は実に大きなものだったと思います。

 

さらに、その後アメーバ事業の一環としてアメブロを立ち上げ、広告会社という主軸は変えずに、インターネットメディア事業に本格的に乗り出しています。

 

さらにその後、スマホの普及に従って、インターネットメディア事業という軸をぶらさずにゲーム関連の事業にも乗り出しています。ひとつの成功事例にとらわれずに、その関連事業をより深堀することによって裾野を広げて行く戦略には非常に目をみはるものがあります。

 

サイバーエージェント社で手がけている、ほとんどのサービスが、オリジナルではなく二番煎じだという意見もあるようですが、経営としては非常に堅実でうまいやり方をされていると思います。

 

だからこそ、インターネット関係の事業を手がけている会社の社長がどんどん入れ替わりする中、藤田晋さんは創業から今に至るまで17年間も社長を続けていることが出来ているのだと思います。

 

主軸はぶらさずに、裾野を広げて行く・・・当たり前のようだけれども、これをスピード感もって出来る会社は今の日本にどれくらいあるでしょうか。

 

多くの会社は、ひとつの成功事例にとらわれ、その成功にしがみつき、時代について行けず、時代に翻弄されているのではないでしょうか。

 

そんな中、スケール感を失わずに、舵を切れるというのは、とてもすごいことだと思います。

 

さらに、会社と適度な距離を置いておられ、自分が主導となる場面では主導権を握り、自分が出るまくではない時は、会社から距離を置き、引っ込んで影から支えるという会社との距離のたもち方も非常にうまい。

 

経営コンサルタントの神田昌典氏によれば、会社が成長するには4人の役者が必要で、それは「起業家」「実務家」「管理者」「まとめ役」の4人をさすと言います。

 

「起業家」と言うのは、簡単に言えばアイデアマンで、そのアイデアを実行するのが「実務家」の役目だと言います。そして導入期には「起業家」と「実務家」の力が必要。この二人が出会うことによって会社は成長すると言います。

 

そしてその後会社をシステム化するにあたって「実務家」と「管理者」の力が必要になり、その間、起業家は口を出さないことが大事だと言います。何故なら起業家はアイデアを出すことが仕事であり社内で活躍する限り混乱を招いてしまう存在であるから。

 

では、その間「起業家」は何をしていれば良いのかというと「会社から離れて遊んでいることが重要」だといいます。

 

僕はこの考えは経験から非常に的を得ていると思っています。

 

まとめると、「起業家」は長期的視野のアイデアがどんどん湧いて来る人で創造力があり、そのアイデアを実現しようと行動する人、そして「実務家」はアイデアを具現化して行く人、そして「管理者」は日常業務をシステム化する人のことをさすわけです。

 

そしてこれをサイバーエージェント社に当てはめてみると(2015年5月現在)藤田晋さんが今何をしているのかと言えば、麻雀に熱中されています。端から見れば麻雀なんかしていないで、きちんと仕事をしろよという風に見えるのかもしれませんが、恐らくこれは考えての上のことなのでしょう。

 

そしてこうして「起業家」が休んでいる間に「実務家」と「管理者」が協力し合い社内をシステム化します。つまりは「起業家」によってごっちゃごっちゃになった、会社組織を整えて行くということです。

 

「起業家」は遊んでいる間にたくさんのアイデアが浮かんできます。そして「実務家」と「管理者」により、社内のシステムが完了した頃を見計らってまた会社に戻る。すると今度は、また「起業家」の考えた優れたアイデアにより新たなる成長カーブを築くことが出来る・・・というわけです。

 

そして「まとめ役」により会社が一丸となって同じ方向を向いて行く・・・という流れです。

 

会社と言うものは時期によって異なるキャラクターが活躍する部隊のようなものであり、それぞれが適切な時期に、それぞれのキャラクターの力を借りなければ大きくなることは出来ません。

 

そういう意味においてみてもやはり、藤田晋さんは敏腕経営者だなと思うのです。

 

最後に・・・もちろんサイバーエージェント社はいろんな意味でブラック扱いされることが多いですが(関係者に話しを聞くと、ブラックと揶揄される意味も納得できます)やはり、すごい会社であることには間違いないのだなと思います。

 

もちろん私が目指している方向性とは違うので私が独立しても、サイバーのような会社は作りませんが(笑)

 

しかしながら、学ぶべきところは多分にあると思うのです。

 

 

【雑感】事業を成功させる3要素は「理:心:運=1:4:5」

2015年05月04日

ミクシィ社はスマホゲーム、「モンスターストライク(モンスト)」を当てて文字通り再生したのだけれども、当時の社長である朝倉さんが書いたブログ「オレンジ畑でつかまえて」を今改めて読んで思うことがある。

 

朝倉さんの当時のブログには、ひとつの事業を創り上げるうえで大事な要素がものすごく散りばめられていると思う。

 

ミクシィ社が一体どのようにして再生に取り組んでいったのかが、朝倉さんの言葉で率直にかかれているわけだけれども、その中でも目をひく一節がある。それは事業再生に向けて必要だったのは3要素であり、それは「戦略や方針といった頭で考える「理」と、逆境の場においても折れずに実行しきる「心」、そして「運」の3要素」であるという点だ。

 

当時も感じたのだけれども、面白いのはその比率で、「理:心:運=1:4:5」と表現されているのには、「そこまで言っちゃって良いんだ・・・」と思ってしまう半面(なんと運が半分以上・・・でもこれはまぎれも無い事実で、僕の場合、もっと運の要素が強いと思う)とても率直な感想にすごく好感を持つと共に感動してしまった。

 

「やっぱりすごいなぁ」と。

 

下記にその一節を引用させて頂くと・・・

 

今から振り返ると、ミクシィ社の経営に要したのは、戦略や方針といった頭で考える「理」と、逆境の場においても折れずに実行しきる「心」、そして「運」の3要素であったと思います。
ポイントはこれらの要素が結果にどれ程の影響を及ぼしているかですが、私の感覚としてはミクシィ社再生に向けてこれら3要素が”理:心:運=1:4:5”の比率で効果を発揮したように感じています。
頭で考えて全体的な方向性を見出すこと自体は大して難しくありません。それ以上に、どんな障壁があってもエグゼキュートしきることの方が、私にはよほど困難に思えました。”1:4”の比率でも、「心」の困難さを正確には表現できていない気がします。
一方で半分が「運」の要素となると、まるで全てが運任せのように見えてしまうかも知れません。ですが、「運」はあくまで人為的な「理」と「心」を尽くしきったところに上振れ要因として影響を及ぼすものです。人為的な努力なくして天から降ってくるものでは決してありません。「人事を尽くして天命を待つ」というのは蓋し至言だと思います。
「理」と「心」を如何に鍛え、「運」を引き寄せるかといったことが肝要ですが、個人的には「心」と「運」をどうやって身に付けるかが直近の興味関心事です。ややオカルトめいてしまいますが、そこに方法論はあると思いますし、極めて重要なことだと感じています。

 

この一節にミクシィ社の事業再生に置ける苦悩が見事に書かれていると思います。

 

とくに「人事を尽くして天命を待つ」というひとつの文章には何か、事業には自分ではコントロールできない大きな力が存分に働いていることを含ませているし、本業でも副業でも限らず、ひとつのビジネスを軌道に乗せるには「運」という言葉の中に、本当に様々な要素が絡んでいることが感じ取れます。

 

こんなことを堂々といえるその力量にやっぱり「すごいなぁ」と思ってしまう。普通隠しますからね、こういった事実は。だって「事業が成功した理由はなんですか?」と問われて「運です」なんて答えたらひいてしまうでしょ?(笑)

 

だから、どの経営者も、それなりの理由をつけて述べるわけだけれども、やっぱり結局は「運」の要素が強いのが事実です。

 

もちろんミクシィ社は朝倉さんの時代に、再生し勢いに乗ったのだけれども、ここまで短期間で再生するということはその前の社長の代から綿密に準備はされていたことは明白です。

 

だけれども、この文章を読んで、やはり朝倉さんだったからこそ、できた業なのではないかとすごく感じるわけです。

 

何を伝えたいのかがわからなくなってしまったけれども、いずれにせよ、「理:心:運=1:4:5」。これは覚えておいて損のないことだと思います。

 

4 / 512345