ブラック企業 退職 稼ぐ アフィリエイト

プロフィール

画像


櫻井 海都

(時遊人)

【1日10分、ゼロから1億、ブラック企業に勤める社畜社員でも出来る!時遊人 櫻井海都による業界のプロが教える!インターネットビジネススクール】

学長(BOSS)


「送られてくるメールの手順通りにススめるだけ」でステップバイステップで稼ぐことが出来ます。

 ↓ ↓ ↓ 

櫻井海都のメルマガ登録はこちら


個人が手がけるインターネットビジネスの創世記からネットビジネス業界に携わるインターネットビジネスを知り尽くしたプロ。表舞台に出ることはほどんどなく密かに稼ぎ続けている姿から、ネット界では「The Secret(ザ・シークレット)」と呼ばれている。以前は大手IT企業から転職しブラック企業に勤めていた経歴をもつサラリーマンでもある。サラリーマンとしての仮面を被りながらもアウトサイダーとして密かにお金を稼ぎ続けていたことでも知られる。常日頃からウェイクボード、サーフィン、ジェットスキー、ルアーフィッシングなどを堪能するなど大の遊び好きで、現在は好きな時に自由に遊べる遊び仲間を増やす為インターネットを利用して稼ぐ組織「アウターインク」を発足。インターネットを使ったありとあらゆる金儲けの方法を教えている。

 ↓ ↓ ↓ 

【無料】スクール詳細&仲間募集はこちら

あなたが稼ぐまでの道のり


(1)メールアドレスを入力し、メルマガに登録。(名前の登録は必要ありません。ですので匿名で受講することが出来ます)


(2)メルマガで送られてくる課題に対してステップバイステップで取り組む。(わからなければ、ご質問ください)


(3)指示に従い教わることで、徐々に稼げるようになる。


(4)ビジネスへの依存度を減らし会社外で安定した収入を得る。(このステージでは、事業と自分の責任を縮小して頂く段階に入ります。このステージまで達すると、不思議なことに仕事をやらなければやらないほどお金が入ってくるようになります)

 ↓ ↓ ↓ 

【無料】スクール詳細&仲間募集はこちら


さらに特典として・・・

ネットビジネスで「0▶︎1」になるために・・・。メルマガ読者になってくれたあなたには、仕組みを作ることでほぼ放置で稼ぐことの出来るノウハウをプレゼント!詳細はこちらをクリック

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

はじめて訪問してくれた方へ

以前は・・・


 ↓ ↓ ↓ 


今は・・・


あなたもぼくらのように「時遊人」となることで自由を謳歌しませんか?


まるで遊び感覚で定期的に送られてくるぼくからの指示に従い「ミッション(送られてくるメールの手順通りに取り組むだけ)」を遂行するだけで、めきめきと力をつけインターネットで稼ぐことが出来るようになります。なお、現在キャンペーン中のため受講に際しご料金は頂戴しておりません。(通常料金は、月額9,800円を頂いております)

安心のサポート体制もついているため、数多くの成功者を輩出し続けています。

 ↓ ↓ ↓ 

詳細はこちらから

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索


今大事なのは、自分の価値をしっかりと提供していくこと

2016年03月30日

綺麗な海

 

海都です。

 

 

最近ちょっとブログの変更が激しいですが

今も少しずつ修正を加えています。

 

 

たぶん、ぼくのこのブログを最初から

見ている人にとってはかなり衝撃的なんじゃないかと

思うしすごい勉強材料にして頂いているのじゃないか

と思います。

 

 

だってぼくが変更を加えていっている様子を

オンタイムで見ることが出来るんですから。

 

 

しかも今回はかなりの部分に変更を加えていて

最初の面影はほぼなくなっています。

 

 

細かい部分で言うと「軸」は変更していませんが

ターゲットを大幅に変えていたり、ひとつひとつ

つぶさにみていくとかなりの部分に変更を加えて

います。

 

 

▼変わらない為に、変わり続ける。

 

 

これは、ぼくの友人が言っていた言葉なのですが

変わらない為に変わり続けることがネットビジネスでは

非常に大事です。

 

 

ネットビジネスは参入障壁が非常に低いですから

その気になれば誰ででも参入することが出来ます。

 

 

大げさな話ではなく、小学生でも中学生でも

その気になればネットビジネスに参入することは

容易いです。

 

 

パソコン一台あれば起業出来るんですから。

 

 

だからこそ、頭を使ってその時の状況によって

変化していかないといけません。

 

 

頭を使わずに稼げる時代も正直言うとありましたが

今現在は頭を使わないとネットビジネスでは稼ぐ

ことができません。

 

 

頭を使って、どういう顧客と付き合いたいのか

どのような価値を、どのようなサービスを提供

していくのか。

 

 

それをしっかりと煮詰めないと稼ぐことが出来ない

市場になっています。

 

 

かといって別に難しく考える必要は無く

自分が何を出来る人なのかを明確にし

ターゲットに伝えることでインターネットを使った

ビジネスを生み出すことが可能です。

 

 

ようは「やり方」です。

 

 

「やり方」さえ間違わなければ、インターネットを使って

稼ぐことは以前よりも簡単になってきているとぼくは

感じます。

 

 

ただその「やり方」がわからず迷走しているひとに

とっては確実に稼ぐことができない市場になっています。

 

 

そして肝心なことはその「やり方」が絶えず変化している

ということ。

 

 

基本的な原理原則や稼ぎ方というものは変わりませんが、

細かい部分は今この瞬間も絶えず変化して言っています。

 

 

だからその時代に自分を合わせる必要があります。

 

 

じゃあどうすればその「やり方」を知ることが出来るのか

という肝心な点ですが、それは自然に情報が入ってくる環境に

飛び込むことが必要です。

 

 

自分の殻に閉じこもるのではなく、時にはそう言う時も必要ですが

自然と情報が集まる環境に身を置くことが今は非常に大事に

なってきています。

 

 

【メルマガ】情報が集まる環境に身を置く

 

 

海都

一生を通じて私たちを幸福にしてくれるものとは・・・ハーバード大学75年の調査でわかったこと

2016年03月25日

夜の東京駅

 

海都です。

 

 

人が幸せに生きるには何を大切に生きれば良いのか

また、何を指針として何を目的に行きていけばいい

のか…これはおそらく人類がはじまってから共通し

て抱えている悩みだと思います。

 

 

そして人間の幸福と言う分野について

ハーバード大学のロバート・ウォールディンガー氏が

実に興味深いことを発表しています。

 

 

▼生涯を通じて私たちを幸福にして
くれるものとは

 

 

 

調査期間は75年間。

調査対象者は724人。

 

 

そのうち最後まで研究の対象となったのは

約60人だったそうです。

 

 

工場労働者や弁護士、レンガ職人や意思そして

そのうちのひとりはアメリカの大統領になった

人もいるとのことで様々な人生を送る人たちが

対象となった実に興味深いデータです。

 

 

つまり75年前にハーバード大学の2年生だった生徒と

水道設備もないような安アパートに住むボストンの貧しい

家庭にうまれた2グループを調査しており、1年おきに

仕事・家庭生活・健康などを徹底的に調査した人類史上

最も長期間にわたって解析された結果だということです。

 

 

その報告の中でロバート・ウォールディンガー氏は

こう述べています。

 

 

「私たちを幸福にしてくれるものは無我夢中で働く

ことでもなく、75年に渡る研究からはっきりわかった

ことは私たちを健康に幸福にするのはいい人間関係に

尽きるということです」

 

 

私たちを幸福にするものは富でも名声でもなく

いい尽きる人間関係につきる・・・

 

 

これは実に興味深いデータです。

 

 

一生懸命働くことで成果を出し、そこから得た富や名声

こそが私たちを幸福にしくれるのだと、何の根拠も無く

信じ込んでいます。

 

 

しかし、そこから得る幸福など良い人間関係の構築に

比べたらたいしたものではないと・・・。

 

 

これは今後ぼくたちが行きていく上で非常に参考になる

資料なのではないでしょうか。

 

 

またハーバード大学の調査結果では、仕事以外の場で

いい人間関係をつくり、家族や友達コミュニティに積

極的に参加することで幸せな人生を送ることが出来る

ともいっています。

 

 

最後にソースを貼っておきますので、より詳しく知りたい方は

下記のリンクから飛んで読んでみて下さい。

 

 

ちなみにTEDの動画なので日本語に訳されていますので英語が

できなくても内容を理解して頂けます。

 

(書き起こしもあります)

 

 

ロバート・ウォールディンガー: 人生を幸せにするのは何?
最も長期に渡る幸福の研究から | TED Talk Subtitles and
Transcript | TED.com

 

素晴らしいですね。

 

【メルマガ】幸福な人生を生きる為の第一歩

 

海都

河口湖にいる訪日外国人の数が増えた件と、あと少し雪が降りました。

2016年03月25日

河口湖

 

海都です。

 

 

久しぶりに今日は河口湖に行きました。

雨が降ったり、小雪が降ったり山ならではの天候で

河口湖は肌寒かったです。

 

 

それにしても訪日外国人観光客が増えましたね。

どこもかしこも訪日外国人だらけです。

 

 

河口湖はアジア系の方達、特に中国からの

訪日観光客がたくさんいてびっくりしました。

 

 

数年前、箱根の大湧谷に行った時は、かなりの

数のアジア系外国人がいて、自分勝手な行為

ばかりしていてイラッとしましたが、数年前でも

あんな状況だったのですから今は各地でどんな

状態になっているんでしょうか。

 

 

写真とっているのに平気で割り込んできますからね

彼らは。

 

 

今は大湧谷は入山規制のため

入れなくなってしまいましたが他の場所はどんな

状況なのでしょう。

 

 

統計では2015年は年間で2000万人近くの

訪日観光客が訪れたといっていましたがいつの間に

こんなに増えたのか。

 

 

観光地に来ると

日本経済は訪日外国人に支えられていることを

実感します。

 

 

弊害も多いですが。

 

 

今後も2020年までは訪日外国人はおそらく

増えるでしょうからしっかりと彼らの心をつかむ

ことが大事だと思う今日この頃。

 

 

最後に撮った写真のいくつかを。

 

 

河口湖

 

河口湖

 

う〜ん・・・曇ってますね。

 

 

【メルマガ】ネットで稼ぐ

 

 

海都

Scotch Grain(スコッチグレイン) の匠シリーズH9046

2016年03月24日

サンピエトロ大聖堂 屋内

 

海都です。

 

 

数年前にスコッチグレインの匠シリーズである

H9046を購入したのですが結局タンスの肥やしになって

います。

 

 

ぼくは革靴好きということもあって

実用性の高いスコッチグレインの靴は何足か

持っているのですが、結局いつも履く靴は

決まっており履かずじまいの靴も多いんです

(スコッチグレインの靴は5足くらいもっています)。

 

 

靴を長く履く為にも、1足はいたら少なくとも

3日は間を空けるようにしているのですが、それでも

まわらない・・・。

 

 

まあなんだかんだいってお気に入りの靴でも服でも

なんでもそうですが、結局いつも着るのって決まって

きますよね。

 

 

スコッチグレインの靴はコスパが本当に高いです。

革も比較的丈夫だし、海外製の靴だったら3万円代で

は絶対に買えません。

 

 

それくらいコスパが高いです。

 

 

でもスコッチグレインの靴でも他メーカーの靴でも

そうですが、やっぱりものによって革の品質にばらつき

があります。

 

 

もちろん最低限の基準はクリアしているのでしょうが

それでもやっぱり革の品質にバラツキが出てきます。

 

 

仕方の無いことですがね。

 

 

▼スコッチグレインの匠シリーズH9046について

 

スコッチグレイン 匠シリーズ H9046

 

今回ぼくがお話したスコッチグレインのH9046は

匠シリーズと言って、アウトレットでしか販売されていない

アウトレット限定企画でもあるのですがいろんなブログを

みていると同じH9046でも革の品質にバラツキがあるよう

ですね。

 

 

スコッチグレインのいい点は革がいいんです。

ラストはともかく。

 

 

磨けば磨くほど光っていくし、スコッチグレインが

すすめるモルトドレッシングなんて体験した日には

もうこれ以上無いくらいの満足感を得ることが出来

ます。

 

 

つまり革靴を磨く楽しみをものすごく味わうことが

できます。

 

 

ぼくが革靴を好きになったきっかけは、スコッチグレイン

だったし、やっぱりそう言う意味でもスコッチグレインは

素晴らしいと思います。

 

 

ラストはともかく。

 

 

スコッチグレインを履いていれば、その辺の靴屋さんで

売っているような靴を履くよりも軽い優越感に浸ることも

できますし、グッドイヤーウェルテッド製法のため、靴底が

すり減ってきたら交換するなどしてきちんと手入れをすれば

10年以上履くことができます。

 

 

個人的には、履き心地はマッケイ製法によりつくられた靴の方が

好きなのですがもちろんグッドイヤー製法でもいいのがあります。

 

 

スコッチグレインのH9046は御殿場のアウトレットで

3万円くらいで購入したと記憶しているのですが即買い

でしたね。

 

 

当時、みた瞬間欲しいと思いました。

素人目でわかる程、革の質感が素晴らしかった。

 

 

コバの色もブラウンでいいアクセントとなっていたり

ホントかどうかわかりませんが、ぼくが買った

スコッチグレインのH9046は近年まれに見る良作

だったようで(店員談)即買いでした。

 

 

後で気づいたのですが若干サイズが合っていなくて

アレ・・・って感じだったのですが(笑)

 

 

何の話だかわからなくなってしまいましたが

何はともあれスコッチグレインはオススメですよ。

 

 

お金があれば日本靴だと大塚とか三陽山長なども

比較的いい靴を取り揃えているのでオススメです。

 

 

入り口としてはスコッチグレインが一番だと

ぼくは思いますね。

 

 

スコッチグレインのH9046は特にオススメ。

 

 

スコッチグレインはファミリーセールなどを

定期的に開いて靴の叩き売りをしているので

購入したことが無い方はファミリーセールで

買って試してみても良いかもしれません。

 

 

直近だとおそらく6月くらいに東京でファミリー

セールをやるでしょうから、それまで待って購入

することをお勧めします。

 

 

それにしてもあのファミリーセール・・・。

定価で買うのがバカらしくなってしまうんですよね。

 

 

靴がものすごく安値で設定されているし

靴の扱いが雑だし・・・。

 

 

あれ、気をつけないとスコッチグレインのブランド

価値を落としていることに繋がりかねないのでは

ないのでしょうか・・・。

 

 

少なくとも当時のぼくは、スコッチグレインの

ファミリーセールに行って直営店やアウトレットで

買うのをやめた人間です。

 

 

それくらいひどかった・・・。

 

 

ファミリーセールではぼくには残念ながら

靴への愛情を感じられませんでした。

 

 

 

海都

 

ショーンK氏の報道で思うこと。

2016年03月24日

お台場

 

海都です。

 

 

書こうかどうか迷ったのですが騒動が

沈静化してきたこともありショーンK氏の

ことをここに書いていこうと思います。

 

 

実はぼくは一度だけある会社のイベントで

ショーンK氏にお逢いしたことがあります。

 

 

ぼくは失礼ながらお逢いするまでショーンK氏のことを

存じていなかったしどんな人なのかも知りません

でした。

 

 

お逢いした時の第一印象は

ものすごく聡明な方だなという印象を受けました。

 

 

ただよく言われているように、話が長い。

 

 

簡単な話を、ものすごく理屈っぽくいう方だな

と思ったことを覚えています。

 

 

しかも専門用語を交えて話をするものだから

段々わからなくなってくるんです。

 

 

一見するとものすごくそれっぽいことを

言っているようにみけるけれども、一方で

噛み砕いて解釈すれば常識的なことをいって

いるような・・・話をきいていてそんな感想を

ぼくはもっていました。

 

 

ただそれは、ぼくの理解力のなさからなのか

それとも、ぼくの知識や経験不足からくるもの

なのか・・・結局わかりませんでした。

 

 

ひとりでイベントに出席していた関係もあり、

周りの人にショーンK氏のことを訊くことも出来ず。

 

 

ただ、ぼくがこれまでお逢いした成功者と呼ばれる

人たち特有のオーラを持っていたのははっきりと

覚えています。

 

 

これは言葉では説明することが出来ないのですが

やはり努力して成り上がった人に共通してみられる

身体から発するみえない力のようなもの。

 

 

そういうものがぼくの目には感じられました。

 

 

だから今回の騒動を訊いてぼくは

 

「ウソだろ・・・」

 

と思いました。

 

 

ショーンK氏が・・・。

正直ぼくはショーンK氏のウソを見抜くことは

出来ませんでした。

 

 

これはぼくの力の無さなのでしょう。

人を見る目が無かったということ。

 

 

幸か不幸か、ぼくはショーンK氏と仕事で直接

関わったことがないものですから、ショーンK氏の

仕事ぶりははっきりいってわかりません。

 

 

でも多方から話を聞く限りではものすごく

熱心な方だということをちらほらとききます。

 

 

▼果たして現代において学歴とは何なのか。

 

 

学歴は関係ないと思います。

ぼくは大学を出ていますが、現在の大学

こと、日本の大学に関してはもう教育制度が

崩壊しているといっても過言ではないと思います。

 

 

それは大学の講義に出てみればわかります。

 

 

講義中にも関わらず、おしゃべりなんて日常茶飯事だし

ぼくは大学在学中後ろの方で講義をきいている生徒だった

のですがもうそれは本当ひどいものでした。

 

 

漫画を読む、いねむりをする、携帯をいじる、ゲームをする・・・。

それだけだったら人に迷惑がかからないからいいかも

しれません。

 

 

しかし、

信じられないことに授業中に普通の声で話したり

笑ったり、中には携帯で電話している人もいます。

 

 

だだっぴろい教室の中で真剣に講義を聴いているのは

最前列3列くらい。

 

 

それ以外は本当にみんなやる気がありません。

 

 

ぼくも人のことをいえた性質じゃないのですが

みんな大学に何しにきているんだろう・・・

 

 

そう思っていたのを覚えています。

 

 

ただ貴重な時間と数百万円のお金を払うことで

大学の修士課程を卒業したという証明書をもらい

たいから来ている。

 

 

それはつまり、就職に有利だから仕方なく

大学に来ていると言う人がほぼほぼ9割り型

なのではないかと思います。

 

 

おそらく大学としての教育の場として機能しているのは

ゼミくらいなものでしょう。

 

 

それ以外では大学教育はもう既に崩壊しています。

 

 

これはほとんどの大学で言えること。

 

 

ぼくは東大の講義は受けたことはありませんが

俗にいう早慶上智などの有名私立大学から、国立大学

にいたるまで潜りで講義をうけたことがあります。

が、結局どこも対して変わりません。

 

 

 

程度の差こそあれみんな単位欲しさに席に座り

出欠が終わると教室から出て行ったり、出欠を兼ねた

小テストが終わると途端にうるさくなったり。

 

 

状況はどこも一緒でした。

 

 

だからぼくは大卒、高卒、そんなのもう関係ないんじゃないか

と思うことが多いです。

 

 

確かに大学に入学するまでの試験のための学力は

持っているかもしれませんが大学入学後の4年間は

むしろバカになっていきます。

 

 

実社会で必要なスキルを何にも身につけることは

出来ません。

 

 

もちろん海外の大学教育はわかりませんが

日本の大学の教育制度はほぼ全滅だと思います。

 

 

(すべての大学、すべての講義をうけたわけではない

のでわかりません。確率論からぼくの主観的な意見を

いっています)

 

 

もちろんショーンK氏のしたことは許されることでは

ないと思います。

 

 

ショーンK氏のことを認めてしまうと現状

大学という場所が必要ないということにつながるからです。

 

 

そうなると至る所に影響が出てきます。

 

 

学費だけで、数百万円もだして大学に行き卒業の証明書

をもらう意義がなくなるわけですから、大学と言う場所の

存在意義を問われてしまうし、またそれに伴い大学の研究

期間の存在さえ危ぶまれていくでしょう。

 

 

そうすると長いスパンでみれば日本という国が

現代のグローバルな経済において国際競争力を

失うことにつながりかねません。

 

 

だから決して許してはいけないことだと思います。

 

 

でも、もういいでしょう。

 

 

あまりにもメディアが過熱しすぎて

なんというかショーンK氏のあら探しばかりしており

それをネタにして面白がっているようにしかおもえません。

 

 

次から次へと取材を重ね、どこまでもショーンK氏を

追い詰める。

 

 

ちょっとそれは違うんじゃないかなと思います。

 

 

そもそもそれを見抜けなかったメディアにも

責任があるのですから、報道をみていてなんだか

ショーンK氏を糾弾し報道することでメディアが責任逃れを

しているような印象をぼくは持ってしまいます。

 

 

面白おかしく話すのはいいでしょう。

ある一定の期間は。

 

 

ネタにするのも良いでしょう。

ある一定の期間は。

 

 

でも度を超えた報道をしすぎたとぼくは感じます。

数字がとれるからかもしれませんが、もっと他に

報道すべきことはたくさんあるはずです。

 

 

もっと大切なことがたくさんあるはずです。

 

 

ぼくはそう思います。

 

 

海都