ブラック企業 退職 稼ぐ アフィリエイト

プロフィール

画像


櫻井 海都

(時遊人)

【1日10分、ゼロから1億、ブラック企業に勤める社畜社員でも出来る!時遊人 櫻井海都による業界のプロが教える!インターネットビジネススクール】

学長(BOSS)


「送られてくるメールの手順通りにススめるだけ」でステップバイステップで稼ぐことが出来ます。

 ↓ ↓ ↓ 

櫻井海都のメルマガ登録はこちら


個人が手がけるインターネットビジネスの創世記からネットビジネス業界に携わるインターネットビジネスを知り尽くしたプロ。表舞台に出ることはほどんどなく密かに稼ぎ続けている姿から、ネット界では「The Secret(ザ・シークレット)」と呼ばれている。以前は大手IT企業から転職しブラック企業に勤めていた経歴をもつサラリーマンでもある。サラリーマンとしての仮面を被りながらもアウトサイダーとして密かにお金を稼ぎ続けていたことでも知られる。常日頃からウェイクボード、サーフィン、ジェットスキー、ルアーフィッシングなどを堪能するなど大の遊び好きで、現在は好きな時に自由に遊べる遊び仲間を増やす為インターネットを利用して稼ぐ組織「アウターインク」を発足。インターネットを使ったありとあらゆる金儲けの方法を教えている。

 ↓ ↓ ↓ 

【無料】スクール詳細&仲間募集はこちら

あなたが稼ぐまでの道のり


(1)メールアドレスを入力し、メルマガに登録。(名前の登録は必要ありません。ですので匿名で受講することが出来ます)


(2)メルマガで送られてくる課題に対してステップバイステップで取り組む。(わからなければ、ご質問ください)


(3)指示に従い教わることで、徐々に稼げるようになる。


(4)ビジネスへの依存度を減らし会社外で安定した収入を得る。(このステージでは、事業と自分の責任を縮小して頂く段階に入ります。このステージまで達すると、不思議なことに仕事をやらなければやらないほどお金が入ってくるようになります)

 ↓ ↓ ↓ 

【無料】スクール詳細&仲間募集はこちら


さらに特典として・・・

ネットビジネスで「0▶︎1」になるために・・・。メルマガ読者になってくれたあなたには、仕組みを作ることでほぼ放置で稼ぐことの出来るノウハウをプレゼント!詳細はこちらをクリック

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

はじめて訪問してくれた方へ

以前は・・・


 ↓ ↓ ↓ 


今は・・・


あなたもぼくらのように「時遊人」となることで自由を謳歌しませんか?


まるで遊び感覚で定期的に送られてくるぼくからの指示に従い「ミッション(送られてくるメールの手順通りに取り組むだけ)」を遂行するだけで、めきめきと力をつけインターネットで稼ぐことが出来るようになります。なお、現在キャンペーン中のため受講に際しご料金は頂戴しておりません。(通常料金は、月額9,800円を頂いております)

安心のサポート体制もついているため、数多くの成功者を輩出し続けています。

 ↓ ↓ ↓ 

詳細はこちらから

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索


【ブラック企業体験談】私が転職したブラック企業では、しばしば不可解な人事が行われていた。

2014年10月21日

翌朝私はKをみた。心なしか少し疲れている様子だった。無理はない。所属したばかりの営業部のなれない仕事の中、1日に20件も引き継ぎを行っているのだから。

 

しかも名刺もなく、携帯電話もない状態で引き継ぎを行っている。この時、私よりも過酷な状況に立たされているのは間違いなくKだった。

 

私はKに昨日の引き継ぎのことをそれとなく訊いた。すると、まだ何とも言えないというような妙な返事が返ってきた。私はその時
その意味が分からず、ただ「そうなんですか」と受け流していた。しかし、後々発覚することになるのだが、Kは私が想像していたよりもさらに過酷な状況に立たされていた。

 

入社したばかりの私とK。右も左もわからない状態での引き継ぎ。名刺もなく、携帯電話もない。Kに至っては、一体どうやってクライアントと連絡を取り合うと言うのだろう。私はその時疑問に思っていたが、口に出さずにいた。口に出すと、さらにKを追い込んでしまうような気がしたからだ。

 

Kは逆に私に対して昨日はどうだったかを訊いてきた。私はまだ引き継ぎを行っていないこと、さらに昨日の諏訪の様子などをできるだけこと細かく伝えた。

 

するとKはとても驚いた様子だった。なんと諏訪とは正反対で全くと言っていいほど電話がかかってこなかったと言うのだ。しかも車での移動中はナック5のゴゴモンズをきいて、要所要所で不敵な笑みを浮かべていたらしい。

 

Kの直属の上司、つまり現在引き継ぎを行っている上司は年齢で言えば、私よりも4つか5つ下のはずだった。中華系の顔を思わせるきりっとつり上がったした目をしており、喋り方もどこかぎこちない。何を考えているのかよくわからず、あまり積極的に人と関わりを持とうとしない性格のようだった。

 

Kの直属の上司の名は高崎といった。他の営業部からの人間から見てもどうやら高崎は何処で何をしているのかわからないと言われるほどミステリアスな営業部員だった。

 

高崎の担当しているクライアントの売上が下がっているところからすると、仕事をしていないのではないかという疑惑も社内ではあったようだ。

 

もともとは物流の人間だったようで、どうみても営業には向いていないのにも関わらず何故か営業にあがってきたという異色の経歴を持つ。

いや、私が転職したブラック企業ではこのような不可解な人事が行われるらしい、と噂されていた。営業3部の部長もしかり、不可解な人事により急に異動になることも少なくないという。

 

そして今回もまた高崎は他部署へと異動となるようだった。その高崎の後を引き継ぐのがKだった。

 

会社に着くと、ブラック企業の人事担当者である村田が待ち構えていた。そして私とKにこのように告げた。

 

「今日は午後六時から本社にて特別研修を行う。遅刻しないように。」

 

私とKはお互いに目を見合わせていた。

 

 

つづきはこちらから【ブラック企業体験談】ブラック企業の本社会議室では、社長による、社員を洗脳する為の妖しい研修が行われていた。

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

トラックバックURL: