ブラック企業 退職 稼ぐ アフィリエイト

プロフィール

画像


櫻井 海都

(時遊人)

【1日10分、ゼロから1億、ブラック企業に勤める社畜社員でも出来る!時遊人 櫻井海都による業界のプロが教える!インターネットビジネススクール】

学長(BOSS)


「送られてくるメールの手順通りにススめるだけ」でステップバイステップで稼ぐことが出来ます。

 ↓ ↓ ↓ 

櫻井海都のメルマガ登録はこちら


個人が手がけるインターネットビジネスの創世記からネットビジネス業界に携わるインターネットビジネスを知り尽くしたプロ。表舞台に出ることはほどんどなく密かに稼ぎ続けている姿から、ネット界では「The Secret(ザ・シークレット)」と呼ばれている。以前は大手IT企業から転職しブラック企業に勤めていた経歴をもつサラリーマンでもある。サラリーマンとしての仮面を被りながらもアウトサイダーとして密かにお金を稼ぎ続けていたことでも知られる。常日頃からウェイクボード、サーフィン、ジェットスキー、ルアーフィッシングなどを堪能するなど大の遊び好きで、現在は好きな時に自由に遊べる遊び仲間を増やす為インターネットを利用して稼ぐ組織「アウターインク」を発足。インターネットを使ったありとあらゆる金儲けの方法を教えている。

 ↓ ↓ ↓ 

【無料】スクール詳細&仲間募集はこちら

あなたが稼ぐまでの道のり


(1)メールアドレスを入力し、メルマガに登録。(名前の登録は必要ありません。ですので匿名で受講することが出来ます)


(2)メルマガで送られてくる課題に対してステップバイステップで取り組む。(わからなければ、ご質問ください)


(3)指示に従い教わることで、徐々に稼げるようになる。


(4)ビジネスへの依存度を減らし会社外で安定した収入を得る。(このステージでは、事業と自分の責任を縮小して頂く段階に入ります。このステージまで達すると、不思議なことに仕事をやらなければやらないほどお金が入ってくるようになります)

 ↓ ↓ ↓ 

【無料】スクール詳細&仲間募集はこちら


さらに特典として・・・

ネットビジネスで「0▶︎1」になるために・・・。メルマガ読者になってくれたあなたには、仕組みを作ることでほぼ放置で稼ぐことの出来るノウハウをプレゼント!詳細はこちらをクリック

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

はじめて訪問してくれた方へ

以前は・・・


 ↓ ↓ ↓ 


今は・・・


あなたもぼくらのように「時遊人」となることで自由を謳歌しませんか?


まるで遊び感覚で定期的に送られてくるぼくからの指示に従い「ミッション(送られてくるメールの手順通りに取り組むだけ)」を遂行するだけで、めきめきと力をつけインターネットで稼ぐことが出来るようになります。なお、現在キャンペーン中のため受講に際しご料金は頂戴しておりません。(通常料金は、月額9,800円を頂いております)

安心のサポート体制もついているため、数多くの成功者を輩出し続けています。

 ↓ ↓ ↓ 

詳細はこちらから

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索


【ブラック企業体験談】無謀な引き継ぎの計画と、ブラック企業上層部の副社長シゲキの実態。

2014年11月26日

私の同期入社である、Kが高崎から引き継ぐクライアントは200件あった。しかし、高崎は次月頭に異動することが決定しており、残された時間はわずかばかりしか用意されていなかった。

 

そんなものだから高崎は到底、叶うはずもない無理なスケジュールを組んでいた。ブラック企業の上層部もそんな無理な引き継ぎを知っていながら半ば放置。またKが日に日にやつれていく姿をみて楽しんでいる様子だった。

 

副社長のシゲキは「おまえ大丈夫か?ちゃんと寝ているのか?」と声をかける一幕もあったが、それは本当の意味で部下を慮ってのそれではないことは明らかだった。もし、本当に心配しているのなら無理なスケジュールが組まれているということは副社長のシゲキも知っていたことなので、高崎に対して口を出すはずだし、そもそもそんな無理な高崎の異動を決めたのは彼ら上層部の人間だったからだ。

 

そもそも、計画自体が無理なものなのだから普通ならスケジュールを見直し、スケジュールの変更を行うはずだ。しかし、そんな様子は全くなく、むしろそんな苦しんでいるKをみて楽しんでいるようにさえみえた。そんな副社長シゲキは、私の目には、周りに対して、社員を大事にしているアピールをしているようにさえうつった。

 

そもそも私の転職したブラック企業は同族経営の会社だった。つまり代々息子により引き継がれてきた会社だ。どんな会社も3代目になると、様子がおかしくなるというが、私が転職したブラック企業も実は3代目が引き継いでいた。

 

副社長のシゲキはその次男。社長は長男が引き継いでいた。

 

副社長シゲキはとても時間にルーズな男だった。副社長のシゲキと、取引先に同行したことがあるのだが、時間に遅れるわ、遅れる。しかも遅れたのにも関わらず、優雅に歩いて登場する。電車での移動の際も時間的にギリギリであるというのに、売店でおむすびを購入している始末。このままでは時間に遅れてしまう・・・取引先になんと説明すれば良いのか・・・と思い悩み、何度ヒヤヒヤしたことか。

 

笑ってしまうのが読む本だ。副社長シゲキは電車の中で堂々と自己啓発の本を読んでいた。それも私たちでさえ人前で読むのをためらう書籍だった。それは例えばナポレオンヒルのような「思考は現実化する」の類いではなく、それらの簡易版「お金持ちになる方法」や「○○の教え」「楽して儲ける10の方法」といった類いの本だった。原書を噛み砕いてエッセンスだけを取り込んだ、読みやすくされた書籍だった。家でゆっくりと誰にも知られずに読むのならわかるが、堂々と人前で、しかも社員の前で読んでいる姿には少しばかり、ひいてしまった。せめてカバーくらいして隠してほしかった。

 

しかもかなり読み込んでいる形跡があり、書籍自体がかなり痛んでいた。おそらく何度も何度も読み返しているに違いなかった。私は「いや、違う。あの書籍はブックオフで購入したに違いない」と無理矢理納得をさせていたが、副社長シゲキのような者がブックオフで中古の本を購入する・・・想像したくない出来事だった。こんな人が私の会社の役員であるのか・・・そう思った瞬間、私はとても気が重くなったことを今でも覚えている。

 

 

つづきはこちらから【ブラック企業体験談】ブラック企業の恐るべき引き継ぎの実態。1日の引き継ぎ件数は20件。クライアントの情報は皆無。

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

トラックバックURL: