ブラック企業 退職 稼ぐ アフィリエイト

プロフィール

画像


櫻井 海都

(時遊人)

【1日10分、ゼロから1億、ブラック企業に勤める社畜社員でも出来る!時遊人 櫻井海都による業界のプロが教える!インターネットビジネススクール】

学長(BOSS)


「送られてくるメールの手順通りにススめるだけ」でステップバイステップで稼ぐことが出来ます。

 ↓ ↓ ↓ 

櫻井海都のメルマガ登録はこちら


個人が手がけるインターネットビジネスの創世記からネットビジネス業界に携わるインターネットビジネスを知り尽くしたプロ。表舞台に出ることはほどんどなく密かに稼ぎ続けている姿から、ネット界では「The Secret(ザ・シークレット)」と呼ばれている。以前は大手IT企業から転職しブラック企業に勤めていた経歴をもつサラリーマンでもある。サラリーマンとしての仮面を被りながらもアウトサイダーとして密かにお金を稼ぎ続けていたことでも知られる。常日頃からウェイクボード、サーフィン、ジェットスキー、ルアーフィッシングなどを堪能するなど大の遊び好きで、現在は好きな時に自由に遊べる遊び仲間を増やす為インターネットを利用して稼ぐ組織「アウターインク」を発足。インターネットを使ったありとあらゆる金儲けの方法を教えている。

 ↓ ↓ ↓ 

【無料】スクール詳細&仲間募集はこちら

あなたが稼ぐまでの道のり


(1)メールアドレスを入力し、メルマガに登録。(名前の登録は必要ありません。ですので匿名で受講することが出来ます)


(2)メルマガで送られてくる課題に対してステップバイステップで取り組む。(わからなければ、ご質問ください)


(3)指示に従い教わることで、徐々に稼げるようになる。


(4)ビジネスへの依存度を減らし会社外で安定した収入を得る。(このステージでは、事業と自分の責任を縮小して頂く段階に入ります。このステージまで達すると、不思議なことに仕事をやらなければやらないほどお金が入ってくるようになります)

 ↓ ↓ ↓ 

【無料】スクール詳細&仲間募集はこちら


さらに特典として・・・

ネットビジネスで「0▶︎1」になるために・・・。メルマガ読者になってくれたあなたには、仕組みを作ることでほぼ放置で稼ぐことの出来るノウハウをプレゼント!詳細はこちらをクリック

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

はじめて訪問してくれた方へ

以前は・・・


 ↓ ↓ ↓ 


今は・・・


あなたもぼくらのように「時遊人」となることで自由を謳歌しませんか?


まるで遊び感覚で定期的に送られてくるぼくからの指示に従い「ミッション(送られてくるメールの手順通りに取り組むだけ)」を遂行するだけで、めきめきと力をつけインターネットで稼ぐことが出来るようになります。なお、現在キャンペーン中のため受講に際しご料金は頂戴しておりません。(通常料金は、月額9,800円を頂いております)

安心のサポート体制もついているため、数多くの成功者を輩出し続けています。

 ↓ ↓ ↓ 

詳細はこちらから

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索


ショーンK氏の報道で思うこと。

2016年03月24日

お台場

 

海都です。

 

 

書こうかどうか迷ったのですが騒動が

沈静化してきたこともありショーンK氏の

ことをここに書いていこうと思います。

 

 

実はぼくは一度だけある会社のイベントで

ショーンK氏にお逢いしたことがあります。

 

 

ぼくは失礼ながらお逢いするまでショーンK氏のことを

存じていなかったしどんな人なのかも知りません

でした。

 

 

お逢いした時の第一印象は

ものすごく聡明な方だなという印象を受けました。

 

 

ただよく言われているように、話が長い。

 

 

簡単な話を、ものすごく理屈っぽくいう方だな

と思ったことを覚えています。

 

 

しかも専門用語を交えて話をするものだから

段々わからなくなってくるんです。

 

 

一見するとものすごくそれっぽいことを

言っているようにみけるけれども、一方で

噛み砕いて解釈すれば常識的なことをいって

いるような・・・話をきいていてそんな感想を

ぼくはもっていました。

 

 

ただそれは、ぼくの理解力のなさからなのか

それとも、ぼくの知識や経験不足からくるもの

なのか・・・結局わかりませんでした。

 

 

ひとりでイベントに出席していた関係もあり、

周りの人にショーンK氏のことを訊くことも出来ず。

 

 

ただ、ぼくがこれまでお逢いした成功者と呼ばれる

人たち特有のオーラを持っていたのははっきりと

覚えています。

 

 

これは言葉では説明することが出来ないのですが

やはり努力して成り上がった人に共通してみられる

身体から発するみえない力のようなもの。

 

 

そういうものがぼくの目には感じられました。

 

 

だから今回の騒動を訊いてぼくは

 

「ウソだろ・・・」

 

と思いました。

 

 

ショーンK氏が・・・。

正直ぼくはショーンK氏のウソを見抜くことは

出来ませんでした。

 

 

これはぼくの力の無さなのでしょう。

人を見る目が無かったということ。

 

 

幸か不幸か、ぼくはショーンK氏と仕事で直接

関わったことがないものですから、ショーンK氏の

仕事ぶりははっきりいってわかりません。

 

 

でも多方から話を聞く限りではものすごく

熱心な方だということをちらほらとききます。

 

 

▼果たして現代において学歴とは何なのか。

 

 

学歴は関係ないと思います。

ぼくは大学を出ていますが、現在の大学

こと、日本の大学に関してはもう教育制度が

崩壊しているといっても過言ではないと思います。

 

 

それは大学の講義に出てみればわかります。

 

 

講義中にも関わらず、おしゃべりなんて日常茶飯事だし

ぼくは大学在学中後ろの方で講義をきいている生徒だった

のですがもうそれは本当ひどいものでした。

 

 

漫画を読む、いねむりをする、携帯をいじる、ゲームをする・・・。

それだけだったら人に迷惑がかからないからいいかも

しれません。

 

 

しかし、

信じられないことに授業中に普通の声で話したり

笑ったり、中には携帯で電話している人もいます。

 

 

だだっぴろい教室の中で真剣に講義を聴いているのは

最前列3列くらい。

 

 

それ以外は本当にみんなやる気がありません。

 

 

ぼくも人のことをいえた性質じゃないのですが

みんな大学に何しにきているんだろう・・・

 

 

そう思っていたのを覚えています。

 

 

ただ貴重な時間と数百万円のお金を払うことで

大学の修士課程を卒業したという証明書をもらい

たいから来ている。

 

 

それはつまり、就職に有利だから仕方なく

大学に来ていると言う人がほぼほぼ9割り型

なのではないかと思います。

 

 

おそらく大学としての教育の場として機能しているのは

ゼミくらいなものでしょう。

 

 

それ以外では大学教育はもう既に崩壊しています。

 

 

これはほとんどの大学で言えること。

 

 

ぼくは東大の講義は受けたことはありませんが

俗にいう早慶上智などの有名私立大学から、国立大学

にいたるまで潜りで講義をうけたことがあります。

が、結局どこも対して変わりません。

 

 

 

程度の差こそあれみんな単位欲しさに席に座り

出欠が終わると教室から出て行ったり、出欠を兼ねた

小テストが終わると途端にうるさくなったり。

 

 

状況はどこも一緒でした。

 

 

だからぼくは大卒、高卒、そんなのもう関係ないんじゃないか

と思うことが多いです。

 

 

確かに大学に入学するまでの試験のための学力は

持っているかもしれませんが大学入学後の4年間は

むしろバカになっていきます。

 

 

実社会で必要なスキルを何にも身につけることは

出来ません。

 

 

もちろん海外の大学教育はわかりませんが

日本の大学の教育制度はほぼ全滅だと思います。

 

 

(すべての大学、すべての講義をうけたわけではない

のでわかりません。確率論からぼくの主観的な意見を

いっています)

 

 

もちろんショーンK氏のしたことは許されることでは

ないと思います。

 

 

ショーンK氏のことを認めてしまうと現状

大学という場所が必要ないということにつながるからです。

 

 

そうなると至る所に影響が出てきます。

 

 

学費だけで、数百万円もだして大学に行き卒業の証明書

をもらう意義がなくなるわけですから、大学と言う場所の

存在意義を問われてしまうし、またそれに伴い大学の研究

期間の存在さえ危ぶまれていくでしょう。

 

 

そうすると長いスパンでみれば日本という国が

現代のグローバルな経済において国際競争力を

失うことにつながりかねません。

 

 

だから決して許してはいけないことだと思います。

 

 

でも、もういいでしょう。

 

 

あまりにもメディアが過熱しすぎて

なんというかショーンK氏のあら探しばかりしており

それをネタにして面白がっているようにしかおもえません。

 

 

次から次へと取材を重ね、どこまでもショーンK氏を

追い詰める。

 

 

ちょっとそれは違うんじゃないかなと思います。

 

 

そもそもそれを見抜けなかったメディアにも

責任があるのですから、報道をみていてなんだか

ショーンK氏を糾弾し報道することでメディアが責任逃れを

しているような印象をぼくは持ってしまいます。

 

 

面白おかしく話すのはいいでしょう。

ある一定の期間は。

 

 

ネタにするのも良いでしょう。

ある一定の期間は。

 

 

でも度を超えた報道をしすぎたとぼくは感じます。

数字がとれるからかもしれませんが、もっと他に

報道すべきことはたくさんあるはずです。

 

 

もっと大切なことがたくさんあるはずです。

 

 

ぼくはそう思います。

 

 

海都

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

トラックバックURL: