ブラック企業 退職 稼ぐ アフィリエイト

プロフィール

画像


櫻井 海都

(時遊人)

【1日10分、ゼロから1億、ブラック企業に勤める社畜社員でも出来る!時遊人 櫻井海都による業界のプロが教える!インターネットビジネススクール】

学長(BOSS)


「送られてくるメールの手順通りにススめるだけ」でステップバイステップで稼ぐことが出来ます。

 ↓ ↓ ↓ 

櫻井海都のメルマガ登録はこちら


個人が手がけるインターネットビジネスの創世記からネットビジネス業界に携わるインターネットビジネスを知り尽くしたプロ。表舞台に出ることはほどんどなく密かに稼ぎ続けている姿から、ネット界では「The Secret(ザ・シークレット)」と呼ばれている。以前は大手IT企業から転職しブラック企業に勤めていた経歴をもつサラリーマンでもある。サラリーマンとしての仮面を被りながらもアウトサイダーとして密かにお金を稼ぎ続けていたことでも知られる。常日頃からウェイクボード、サーフィン、ジェットスキー、ルアーフィッシングなどを堪能するなど大の遊び好きで、現在は好きな時に自由に遊べる遊び仲間を増やす為インターネットを利用して稼ぐ組織「アウターインク」を発足。インターネットを使ったありとあらゆる金儲けの方法を教えている。

 ↓ ↓ ↓ 

【無料】スクール詳細&仲間募集はこちら

あなたが稼ぐまでの道のり


(1)メールアドレスを入力し、メルマガに登録。(名前の登録は必要ありません。ですので匿名で受講することが出来ます)


(2)メルマガで送られてくる課題に対してステップバイステップで取り組む。(わからなければ、ご質問ください)


(3)指示に従い教わることで、徐々に稼げるようになる。


(4)ビジネスへの依存度を減らし会社外で安定した収入を得る。(このステージでは、事業と自分の責任を縮小して頂く段階に入ります。このステージまで達すると、不思議なことに仕事をやらなければやらないほどお金が入ってくるようになります)

 ↓ ↓ ↓ 

【無料】スクール詳細&仲間募集はこちら


さらに特典として・・・

ネットビジネスで「0▶︎1」になるために・・・。メルマガ読者になってくれたあなたには、仕組みを作ることでほぼ放置で稼ぐことの出来るノウハウをプレゼント!詳細はこちらをクリック

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

はじめて訪問してくれた方へ

以前は・・・


 ↓ ↓ ↓ 


今は・・・


あなたもぼくらのように「時遊人」となることで自由を謳歌しませんか?


まるで遊び感覚で定期的に送られてくるぼくからの指示に従い「ミッション(送られてくるメールの手順通りに取り組むだけ)」を遂行するだけで、めきめきと力をつけインターネットで稼ぐことが出来るようになります。なお、現在キャンペーン中のため受講に際しご料金は頂戴しておりません。(通常料金は、月額9,800円を頂いております)

安心のサポート体制もついているため、数多くの成功者を輩出し続けています。

 ↓ ↓ ↓ 

詳細はこちらから

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索


【ブラック企業体験談】クラッシャー上司パワハラおじさんによる社員に対する罵声と暴力。

2014年11月13日

「いいか、何かあったらオレに必ず相談しろよ」パワハラおじさんは私にそう言った。今思えばそれは、私が諏訪から引き継ぐことになった元パワハラおじさんのクライアントのことを意味しているのだと思う。もちろんそれだけではなく、パワハラおじさんは兄貴分の資質を兼ね備えていたので、もしかしたらその他の面でも相談に乗ってくれたのかも知れない。しかしブラック企業に入社してから退職することになるまで、私はパワハラおじさんに相談することはなかった。それはパワハラおじさんの二面性を私は知っていたからだ。

 

私が営業部員としてブラック企業に入社する前パワハラおじさんが営業部を取り仕切っていたのはこれまでに述べた通りだ。しかし、それだけではなくパワハラおじさんは物流面や仕入れの面についても口を出していた。

 

もともと営業と物流は密接な関係にあり、物流なしには営業部の仕事はままならない。だからどうしても物流とは密に連絡を取り合うことになる。私が入社し、しばらくして物流から営業に配属替えになった人物がいた。それが私が言う「密告者」だった。

 

「密告者」である斉藤は社内の様々な事情を非常に精通しており、ブラック企業では比較的ニュートラルな存在だった。つまり、ブラック企業だと認識しており改革を迫る改革派と、ブラック企業に染められた社畜社員のちょうど中間地点の立ち位置をとっていた。だから「密告者」である斉藤のもとには改革派とブラック企業に染められた社畜社員の両方の情報が集まってくる。

 

密告者斉藤の話しによると、パワハラおじさんはとんでもないクラッシャー上司だった。自分の気に入らないことがあるとすぐに怒鳴り散らし、暴力をいとわない。会議中にも関わらず罵声を浴びさせ、社員を再起不能の状態にし自分にそぐわない社員はどんどんやめさせていく。

 

それは言葉だけの暴力に限らず、殴る蹴るまで及んだいたそうで、皆パワハラおじさんを怖がっていた。毎週行われる会議ではパワハラおじさんの顔色を伺い誰も意見を言うことが出来ない。営業部だけではなく、物流の方にも口を出し、かげで殴る蹴るを繰り返す。まぎれもなく、ブラック企業の諸悪の根源とも呼べるようなブラック企業の社員を食いつぶすクラッシャー上司のひとりだった。

 

一旦そのようなことが行われると社内でもどんどん噂は広がる。しまいにはどんどんとうわさ話に尾ひれがつき、一部幹部をのぞいた全社員にパワハラおじさんの噂は広まっていった。

 

これではいけない。これでは本当にブラック企業がダメになる・・・そう思った社員がいた。その社員こそがブラック企業改革派の先頭を立って指揮する、増山の存在だった。

 

そして増山はついに、パワハラおじさんを左遷させる為の計画を立てる。

 

つづきはこちら【ブラック企業体験談】増山による計画それはクラッシャー上司であるパワハラおじさんの左遷。

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

トラックバックURL: