ブラック企業 退職 稼ぐ アフィリエイト

プロフィール

画像


櫻井 海都

(時遊人)

【1日10分、ゼロから1億、ブラック企業に勤める社畜社員でも出来る!時遊人 櫻井海都による業界のプロが教える!インターネットビジネススクール】

学長(BOSS)


「送られてくるメールの手順通りにススめるだけ」でステップバイステップで稼ぐことが出来ます。

 ↓ ↓ ↓ 

櫻井海都のメルマガ登録はこちら


個人が手がけるインターネットビジネスの創世記からネットビジネス業界に携わるインターネットビジネスを知り尽くしたプロ。表舞台に出ることはほどんどなく密かに稼ぎ続けている姿から、ネット界では「The Secret(ザ・シークレット)」と呼ばれている。以前は大手IT企業から転職しブラック企業に勤めていた経歴をもつサラリーマンでもある。サラリーマンとしての仮面を被りながらもアウトサイダーとして密かにお金を稼ぎ続けていたことでも知られる。常日頃からウェイクボード、サーフィン、ジェットスキー、ルアーフィッシングなどを堪能するなど大の遊び好きで、現在は好きな時に自由に遊べる遊び仲間を増やす為インターネットを利用して稼ぐ組織「アウターインク」を発足。インターネットを使ったありとあらゆる金儲けの方法を教えている。

 ↓ ↓ ↓ 

【無料】スクール詳細&仲間募集はこちら

あなたが稼ぐまでの道のり


(1)メールアドレスを入力し、メルマガに登録。(名前の登録は必要ありません。ですので匿名で受講することが出来ます)


(2)メルマガで送られてくる課題に対してステップバイステップで取り組む。(わからなければ、ご質問ください)


(3)指示に従い教わることで、徐々に稼げるようになる。


(4)ビジネスへの依存度を減らし会社外で安定した収入を得る。(このステージでは、事業と自分の責任を縮小して頂く段階に入ります。このステージまで達すると、不思議なことに仕事をやらなければやらないほどお金が入ってくるようになります)

 ↓ ↓ ↓ 

【無料】スクール詳細&仲間募集はこちら


さらに特典として・・・

ネットビジネスで「0▶︎1」になるために・・・。メルマガ読者になってくれたあなたには、仕組みを作ることでほぼ放置で稼ぐことの出来るノウハウをプレゼント!詳細はこちらをクリック

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

はじめて訪問してくれた方へ

以前は・・・


 ↓ ↓ ↓ 


今は・・・


あなたもぼくらのように「時遊人」となることで自由を謳歌しませんか?


まるで遊び感覚で定期的に送られてくるぼくからの指示に従い「ミッション(送られてくるメールの手順通りに取り組むだけ)」を遂行するだけで、めきめきと力をつけインターネットで稼ぐことが出来るようになります。なお、現在キャンペーン中のため受講に際しご料金は頂戴しておりません。(通常料金は、月額9,800円を頂いております)

安心のサポート体制もついているため、数多くの成功者を輩出し続けています。

 ↓ ↓ ↓ 

詳細はこちらから

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索


【ブラック企業体験談】私のブラック企業体験談の過去ログ

2014年09月15日

今後ブラック企業体験談の記事が増えるにあたって時系列で読むことが出来るように古いものから上から順にこのページに追加していきます。

 

現在ばらばらになってしまっている私のブラック企業体験談をはじめから読みたい方はこのページの体験談を上から順に読んで頂くことで全て読めるようにしていきます。

 

まずはじめに、私のブラック企業体験記にはたくさんの人物が登場します。読み進めていく上で登場人物がわからなくなった時は以下のブラック企業体験談の登場人物相関図でご確認ください

 

【ブラック企業体験談】ブラック企業体験談の登場人物相関図。

 

ブラック企業から若者を守る会の私のブラック企業体験談の過去ログは以下から読み進めてください。

 

第一話

ブラック企業の数字のからくり。経営が健全かどうかは、売上高だけでは判断できない。

 

第二話

【ブラック企業体験談】転落のはじまり・・・。

 

第三話

【ブラック企業体験談】ブラック企業の会議室で出逢った同期の男

 

第四話

【ブラック企業体験談】ブラック企業で私が唯一信頼できる男は同期だった。

 

第五話

【ブラック企業体験談】ブラック企業の人事担当者とのファーストコンタクト。

 

第六話

【ブラック企業体験談】ブラック企業入社初日、私たちの席は用意されていなかった。

 

第七話

【ブラック企業体験談】ブラック企業では業務上のやりとりはFacebookでおこなっていた。

 

第八話

【ブラック企業体験談】私が転職したブラック企業ではワンクリックで済むFacebookの会社グループに入れてもらうだけなのに3日もかかった。

 

第九話

【ブラック企業体験談】入社2日目、出勤すると私のデスクは消えていた。

 

第十話

【ブラック企業体験談】入社2日目、ブラック企業の朝礼ではクラッシャー上司によるヤジが飛んでいた。

 

第十一話

【ブラック企業体験談】入社2日目、私たちは唐突に他部署研修を言い渡された。

 

第十二話

【ブラック企業体験談】入社2日目、私が転職したブラック企業の倉庫では怒号がとびかった。 

 

第十三話

【ブラック企業体験談】入社3日目、ブラック企業に転職してから、はじめてまともな人と出逢った。

 

第十四話

【ブラック企業体験談】入社4日目、私はついに一日一時間だけ使えるデスクを用意された。

 

第十五話

【ブラック企業体験談】入社4日目、転職先のブラック企業で、私は定住することのできない社内遊牧民となった。 

 

第十六話

【ブラック企業体験談】入社4日目、ブラック企業では警察さえ欺いていた。

 

第十七話

【ブラック企業体験談】入社4日目、ブラック企業では全ては自己責任と言う名のもとに理不尽な処理をされる。

 

第十八話

【ブラック企業体験談】私が転職したブラック企業では、しばしば不可解な人事が行われていた。

 

第十九話

【ブラック企業体験談】ブラック企業の本社会議室では、社長による、社員を洗脳する為の妖しい研修が行われていた。

 

第二十話

【ブラック企業体験談】ブラック企業では社畜を飼いならす為の特別研修が行われていた。

 

第二十一話

【ブラック企業体験談】鳴り止まない電話と、退職する上司。そしてクライアントを引き継ぐ私。

 

第二十二話

【ブラック企業体験談】私が転職したブラック企業では、人事でさえわからない謎の給与明細を発行していた。

 

第二十三話

【ブラック企業体験談】私が転職したブラック企業では、祝日はおろか、そもそも休みという概念もなく365日働かされた。

 

第二十四話

 【ブラック企業体験談】恐ろしすぎるブラック企業の経費削減の実態。つまり、それはノースタッドレス、ノー自動車保険。

 

第二十五話

【ブラック企業体験談】ブラック企業では、クラッシャー上司によって決められた、内勤日という営業が外出できない意味不明な日があった。

 

第二十六話

【ブラック企業体験談】ブラック企業の携帯電話やスマートフォンによる弊害。それは連日深夜にまで及ぶクラッシャー上司からのパワハラの為の道具。

 

第二十七話

【ブラック企業体験談】ブラック企業では毎日の日報や報告、連絡はすべてフェイスブックメッセンジャーでやりとりをされていた。

 

第二十八話

【ブラック企業体験談】ブラック企業では残業代なしは当たり前、タイムカードなど存在せずブラック企業での出退勤は全てExcelで管理していた。

 

第二十九話

【ブラック企業体験談】シュレッダーもなく顧客情報が外部へだだ漏れのブラック企業。

 

第三十話

【ブラック企業体験談】毎週2時間以上に渡り行われる営業会議は、到底会議とは呼ぶことが出来ないただの報告会だった。

 

第三十一話

【ブラック企業体験談】ブラック企業内で次々と退職者を出すクラッシャー上司のひとりパワハラおじさんとの出逢い。

 

第三十二話

【ブラック企業体験談】私の直属の上司である諏訪と、クラッシャー上司パワハラおじさんの関係。

 

第三十三話

【ブラック企業体験談】クラッシャー上司パワハラおじさんの秘密。

 

第三十四話

【ブラック企業体験談】クラッシャー上司パワハラおじさんによる社員に対する罵声と暴力。

 

第三十五話

【ブラック企業体験談】増山による計画それはクラッシャー上司であるパワハラおじさんの左遷。

 

第三十六話

【ブラック企業体験談】ブラック企業内での抗争。改革推進派社員と保守派社畜社員。

 

第三十七話

【ブラック企業体験談】ブラック企業改革派リーダー増山による企て、それはつまりブラック企業改革計画。

 

第三十八話

【ブラック企業体験談】ブラック企業内に新設された経営戦略室室長大須との出逢い。

 

第三十九話

【ブラック企業体験談】ブラック企業内で唯一全信頼をおける上司は転職してきた上司だった。

 

第四十話

【ブラック企業体験談】ブラック企業にいる上司は、マジで使えない上司だらけだった。

 

第四十一話

【ブラック企業体験談】私が転職したブラック企業の仕事の実態

 

第四十二話

【ブラック企業体験談】無謀な引き継ぎの計画と、ブラック企業上層部の副社長シゲキの実態。

 

第四十三話

【ブラック企業体験談】ブラック企業の恐るべき引き継ぎの実態。1日の引き継ぎ件数は20件。クライアントの情報は皆無。

 

第四十四話

【ブラック企業体験談】引き継ぎを終えた初日からクレームの嵐。場所を教えた時点で引き継ぎは完了。

 

第四十五話

【ブラック企業体験談】膨れ上がる顧客の不満。ブラック企業は顧客さえも不幸にする。

 

第四十六話

【ブラック企業体験談】転職者のほとんどは実は失敗しているという転職市場の現実を見た方が良い。

 

第四十七話

【ブラック企業体験談】私が転職したブラック企業は常に混沌としており、個人商店の集まりのような社風だった。

 

第四十八話

【ブラック企業体験談】形式上の情報共有や管理はあっても意味をなさない恐るべきブラック企業の体質。

 

第四十九話

【ブラック企業体験談】恐るべきブラック企業の実態。在庫は基本買い取り。私は引き継いだ時点で数百万の負債を背負った。

 

第五十話

【ブラック企業体験談】お客様第一主義という弊害。深夜に呼び出されることは本当にお客様第一主義なのか。

 

第五十一話

【ブラック企業体験談】マネージャー不在の文化。指示も適当で誰にきいてもわからないと言い、さらに責任のなすり付け合いが始まる。

 

第五十二話

【ブラック企業体験談】社内で一番立場が弱い営業部には、他部署が取引停止に追い込まれるような重大なミスを犯しても営業部に謝罪に来る事はなかった。

 

第五十三話

【ブラック企業体験談】昼夜や土日祝日など、時間の概念がないブラック企業の恐るべき企業体質。

 

第五十四話

【ブラック企業体験談】私が転職したブラック企業の1日のスケジュール 午前中編

 

第五十五話

【ブラック企業体験談】私が転職したブラック企業の1日のスケジュール 午後から深夜編

 

第五十六話

【ブラック企業体験談】私が転職したブラック企業では、筒抜けの文化が形成されており誰かに話すと誰かに必ず伝わるという会社の体質があった。

 

第五十七話

【ブラック企業体験談】クライアントや社内関係者からの、なり止まない電話により一駅移動するのに1時間かかるブラック企業の恐ろしき実態。

 

第五十八話

【ブラック企業体験談】ブラック企業では膨大なる仕事量をこなす為に、移動中は常に片手に携帯電話を持ち移動していた。

 

第五十九話

【ブラック起業体験談】私が転職したブラック企業のクラッシャー上司の一人、パワハラおじさんによる教え

 

第六十話

【ブラック企業体験談】マネジメントは一切出来ないが、プレーヤーとしては優秀なクラッシャー上司。

 

第六十一話

【ブラック企業体験談】クラッシャー上司の発言は経験や実績に裏付けされていることが多いため反論する事はできないという弊害がある

 

第六十二話

【ブラック企業体験談】私が転職したブラック企業では、皆クラッシャー上司の顔色をうかがい仕事をしていた。

 

第六十三話

【ブラック企業体験談】会社はあるが、個人商店の集まり、それぞれの個人が自分の事ばかりを考えており人に無関心、それが私の転職したブラック企業

 

第六十四話

【ブラック企業体験談】営業が仕入れる情報の価値に気づかず、野放しで無法地帯のブラック企業の体質。

 

第六十五話

【ブラック企業体験談】私が転職したブラック企業で2人のクラッシャー上司と私が密に関わる事になった経緯

 

第六十六話

【ブラック企業体験談】私が転職したブラック企業で2人のクラッシャー上司と私が密に関わる事になった経緯(その2)

 

第六十七話

【ブラック企業体験談】ブラック企業のもう一人のクラッシャー上司、白髪のクラッシャー上司スネーク(へび)

 

第六十八話

【ブラック企業体験談】ブラック企業では、クラッシャー上司の機嫌で一日の仕事の流れが変わる。

 

第六十九話

【ブラック企業体験談】ブラック企業で行われていた創業者一族による、不可解な人事。

 

第七十話

【ブラック企業体験談】ブラック企業ではしばしば意味の分からない昇格が行われていた。

 

第七十一話

【ブラック企業体験談】私が転職したブラック企業でも仕事が全くできないにも関わらず創業者一族は異例の出世を遂げていた。

 

第七十二話

【ブラック企業体験談】私が転職したブラック企業随一の指示出し曖昧、不明確な長老社畜社員「ぺっぺ」

 

第七十三話

【ブラック企業体験談】報告をする事で部下に責任を押し付ける「ぺっぺ」の存在

 

第七十四話

【ブラック企業体験談】私が転職したブラック企業では恐ろしい事に過酷な労働環境に耐えきれず全社員が退職した時期があった。

 

第七十五話

【ブラック企業体験談】営業の売上数字よりも、何人イベントに集客できたかが評価されるブラック企業 

 

第七十六話

【ブラック企業体験談】白髪のクラッシャー上司スネーク(へび)は、面倒くさい事を率先して引き受け、それを部下におしつけていた。

 

第七十七話

【ブラック企業体験談】ブラック企業の常識は一般的な非常識であった。

 

第七十八話

【ブラック企業体験談】唐突に解体される営業三部。それにより白髪のクラッシャー上司スネーク(へび)の支配下に置かれることになった私 

 

第七十九話

【ブラック企業体験談】白髪のクラッシャー上司スネーク(へび)の部に異動になるまでは、私だけフリーアドレス製を強いられていた

 

第八十話

【ブラック企業体験談】白髪のクラッシャー上司スネーク(へび)と謎の契約社員ミサキ。

 

第八十一話

【ブラック企業体験談】キレどころのわからない上司、キャバクラおじさん。

 

第八十二話

【ブラック企業体験談】私が転職したブラック企業に新たに3人転職してきたが、そのうちの2人はすぐに退職を余儀無くされた。

 

 

・・・つづく

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

トラックバックURL: