ブラック企業 退職 稼ぐ アフィリエイト

プロフィール

画像


櫻井 海都

(時遊人)

【1日10分、ゼロから1億、ブラック企業に勤める社畜社員でも出来る!時遊人 櫻井海都による業界のプロが教える!インターネットビジネススクール】

学長(BOSS)


「送られてくるメールの手順通りにススめるだけ」でステップバイステップで稼ぐことが出来ます。

 ↓ ↓ ↓ 

櫻井海都のメルマガ登録はこちら


個人が手がけるインターネットビジネスの創世記からネットビジネス業界に携わるインターネットビジネスを知り尽くしたプロ。表舞台に出ることはほどんどなく密かに稼ぎ続けている姿から、ネット界では「The Secret(ザ・シークレット)」と呼ばれている。以前は大手IT企業から転職しブラック企業に勤めていた経歴をもつサラリーマンでもある。サラリーマンとしての仮面を被りながらもアウトサイダーとして密かにお金を稼ぎ続けていたことでも知られる。常日頃からウェイクボード、サーフィン、ジェットスキー、ルアーフィッシングなどを堪能するなど大の遊び好きで、現在は好きな時に自由に遊べる遊び仲間を増やす為インターネットを利用して稼ぐ組織「アウターインク」を発足。インターネットを使ったありとあらゆる金儲けの方法を教えている。

 ↓ ↓ ↓ 

【無料】スクール詳細&仲間募集はこちら

あなたが稼ぐまでの道のり


(1)メールアドレスを入力し、メルマガに登録。(名前の登録は必要ありません。ですので匿名で受講することが出来ます)


(2)メルマガで送られてくる課題に対してステップバイステップで取り組む。(わからなければ、ご質問ください)


(3)指示に従い教わることで、徐々に稼げるようになる。


(4)ビジネスへの依存度を減らし会社外で安定した収入を得る。(このステージでは、事業と自分の責任を縮小して頂く段階に入ります。このステージまで達すると、不思議なことに仕事をやらなければやらないほどお金が入ってくるようになります)

 ↓ ↓ ↓ 

【無料】スクール詳細&仲間募集はこちら


さらに特典として・・・

ネットビジネスで「0▶︎1」になるために・・・。メルマガ読者になってくれたあなたには、仕組みを作ることでほぼ放置で稼ぐことの出来るノウハウをプレゼント!詳細はこちらをクリック

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

はじめて訪問してくれた方へ

以前は・・・


 ↓ ↓ ↓ 


今は・・・


あなたもぼくらのように「時遊人」となることで自由を謳歌しませんか?


まるで遊び感覚で定期的に送られてくるぼくからの指示に従い「ミッション(送られてくるメールの手順通りに取り組むだけ)」を遂行するだけで、めきめきと力をつけインターネットで稼ぐことが出来るようになります。なお、現在キャンペーン中のため受講に際しご料金は頂戴しておりません。(通常料金は、月額9,800円を頂いております)

安心のサポート体制もついているため、数多くの成功者を輩出し続けています。

 ↓ ↓ ↓ 

詳細はこちらから

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索


【ブラック企業体験談】遂にクラッシャー上司に目を付けられる私。ことの発端は松堀の報告によるものだった。

2015年04月05日

私とKが松堀に真実を話したその日、営業部の飲み会があった。
この飲み会は前もって計画されていた飲み会だったので急遽開かれたわけではない。しかしこの飲み会により私とクラッシャー上司の関係は大きく変わっていくこととなる。

 

飲み会には、松堀が出席していた。私ははじめ、20人以上いる営業部員の端の席を陣取っていたのだが、飲み会の最中クラッシャー上司によって呼ばれ、クラッシャー上司のすぐ近くの席に移動することとなった。

 

そして私が移動したことによりクラッシャー上司スネークによる私への攻撃が始まった。そして、それはなんの前触れも無く突然始まった。

 

「おい、お前」クラッシャー上司は私の方に蛇のよな睨みを利かせて私に言う「知ってんだぞ、お前がオレのことを会社の上の者にちくっていること」私は一体何のことだかよくわからなかったのだが、次の言葉で全てを悟る「この前の会食のこと、お前松堀にちくっただろ」私は松堀の方をみる。

 

しかしそのとき松堀は電話をしており、その話の輪の中にはいなかった。「お前、オレのことを上司と認めていないといったようだな」更にクラッシャー上司は続ける。「オレは全部知ってんだぞ、お前たちが今日どんなことを話したのか」そこで松堀がかえってきた。しかしクラッシャー上司スネークはそれを気に留める様子も無く続けた「オレのもとにはな。逐一社員がどんなことを言ったのか全て情報が入って来るんだよ。あまりオレをなめない方が良いぞ」

 

その後は急に公の場での「詰め会」に変わった。そして周りにいる社畜社員はそんなクラッシャー上司に詰められる私を見て見ぬ振りをしていた。私は居たたまれず、トイレに行くと良い席を立ち、その場を離れた。そして戻ってきた時には違う席へと着席したのだが、それをクラッシャー上司スネークが見逃すわけはない。

 

しかし、私も意地になりその誘いには応じなかった。すると、後で聞いた話なのだが、それからも私の悪口をクラッシャー上司はみんなへの当てつけのように言い散らしていたという。もちろん松堀もそれを聞いていたようだ。しかし松堀は特別フォローに周るわけではなく、聞かぬふりをしていたようだ。

 

そして、その松堀の態度に気がつかなかった私はここでヘマをすることになる。私は松堀の携帯にメールを入れたのだ。

 

「松堀さん。ご覧頂いた通りです」

 

そもそも、メールを入れたこと自体が間違いだった。私がそのようなメールを入れたことがまた、クラッシャー上司に伝わることになったのだから。そして状況はこの先悪化の一途を辿るばかりだった。

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

トラックバックURL: