ブラック企業 退職 稼ぐ アフィリエイト

プロフィール

画像


櫻井 海都

(時遊人)

【1日10分、ゼロから1億、ブラック企業に勤める社畜社員でも出来る!時遊人 櫻井海都による業界のプロが教える!インターネットビジネススクール】

学長(BOSS)


「送られてくるメールの手順通りにススめるだけ」でステップバイステップで稼ぐことが出来ます。

 ↓ ↓ ↓ 

櫻井海都のメルマガ登録はこちら


個人が手がけるインターネットビジネスの創世記からネットビジネス業界に携わるインターネットビジネスを知り尽くしたプロ。表舞台に出ることはほどんどなく密かに稼ぎ続けている姿から、ネット界では「The Secret(ザ・シークレット)」と呼ばれている。以前は大手IT企業から転職しブラック企業に勤めていた経歴をもつサラリーマンでもある。サラリーマンとしての仮面を被りながらもアウトサイダーとして密かにお金を稼ぎ続けていたことでも知られる。常日頃からウェイクボード、サーフィン、ジェットスキー、ルアーフィッシングなどを堪能するなど大の遊び好きで、現在は好きな時に自由に遊べる遊び仲間を増やす為インターネットを利用して稼ぐ組織「アウターインク」を発足。インターネットを使ったありとあらゆる金儲けの方法を教えている。

 ↓ ↓ ↓ 

【無料】スクール詳細&仲間募集はこちら

あなたが稼ぐまでの道のり


(1)メールアドレスを入力し、メルマガに登録。(名前の登録は必要ありません。ですので匿名で受講することが出来ます)


(2)メルマガで送られてくる課題に対してステップバイステップで取り組む。(わからなければ、ご質問ください)


(3)指示に従い教わることで、徐々に稼げるようになる。


(4)ビジネスへの依存度を減らし会社外で安定した収入を得る。(このステージでは、事業と自分の責任を縮小して頂く段階に入ります。このステージまで達すると、不思議なことに仕事をやらなければやらないほどお金が入ってくるようになります)

 ↓ ↓ ↓ 

【無料】スクール詳細&仲間募集はこちら


さらに特典として・・・

ネットビジネスで「0▶︎1」になるために・・・。メルマガ読者になってくれたあなたには、仕組みを作ることでほぼ放置で稼ぐことの出来るノウハウをプレゼント!詳細はこちらをクリック

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

はじめて訪問してくれた方へ

以前は・・・


 ↓ ↓ ↓ 


今は・・・


あなたもぼくらのように「時遊人」となることで自由を謳歌しませんか?


まるで遊び感覚で定期的に送られてくるぼくからの指示に従い「ミッション(送られてくるメールの手順通りに取り組むだけ)」を遂行するだけで、めきめきと力をつけインターネットで稼ぐことが出来るようになります。なお、現在キャンペーン中のため受講に際しご料金は頂戴しておりません。(通常料金は、月額9,800円を頂いております)

安心のサポート体制もついているため、数多くの成功者を輩出し続けています。

 ↓ ↓ ↓ 

詳細はこちらから

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索


【ブラック企業体験談】恐ろしすぎるブラック企業の経費削減の実態。つまり、それはノースタッドレス、ノー自動車保険。

2014年10月29日

私が転職したブラック企業では思わぬところで経費削減の対象になり、今思えばぞっとするほど恐ろしい事実がたくさんあった。例えばこれはかわいいものだが、社用車を多用するのにもかかわらず、経費削減のためカーナビは車の中に設置されていない。年次成長率120%をうたって起きながらなぜか、カーナビを買う余裕がないのだ。

 

さらにびっくりすることに、社用車は自動車保険にさえ入っていなかった。車をもっている人間ならこれが意味することの恐ろしさがわかると思う。

 

例えば、これは簡単にいえば、事故を起こすなということだ。事故を起こしたらアウト。もしも不慮の事故を起こしてしまった場合、一生を台無しにする可能性がある。不慮の事故などで支払うことなど到底出来ない額を請求されたら、それはもう地獄のような日々が待っている。さらに恐ろしいことに、会社は損害については補償してくれないという恐ろしい実態。つまり車の運転中、不慮の事故を起こした場合、会社は一切感知しないということだ。

 

どんなに気をつけて運転していても、不慮の事故は誰にでも起きうる。仕事で車を常用しているのならなおさらのことだ。それなのに自動車保険に入っていないとはいったいどういうことか。

 

実際私の直属の上司である諏訪が雨の日の運転中、車を駐車する時に相手方の車に社用車をぶつけてしまったことがあった。ただのすこしだけバンパーが壊れただけだったのだが、相手から請求された額は数十万円。諏訪はそれを自己負担していた。それがもし自分のみに降り掛かったとしたら・・・考えるだけでぞっとする。

 

さらに、一般的に冬場はスタッドレスタイヤに履き替えるのが常識だ。しかし、私が転職したブラック企業ではスタッドレスタイヤさえ用意されていなかった。週末にしか車を運転することのない、一般的な家庭でさえ、冬になれば冬用タイヤであるスタッドレスタイヤに、履き替えるのになぜ、スタッドレスタイヤに、履き替えないのかと質問したところ、うちの会社にはそんな余裕はないとの返答。年次成長率120%なのになぜ余裕がないのか・・・とおもってしまうところだが、何度も言うようにこれには、ブラック企業の数字のからくりがある。このことは後々わかることになるが卸売業ならではの数字のからくりがそこにはあった。さらに担当者の言葉を加えると、1年間に数日しか降らない雪の為に、スタッドレスタイヤに履き替えることほどばかばかしいことはないとのことだった。

 

これにはさすがに返す言葉に困った。余裕がないで済む問題ではないと思う。ましてや、数日しか降らない雪のために・・・でなんてもってのほかだ。なぜなら社員の命がかかっているのだ。社員の夢を叶える会社であるのなら、社員を大事にする会社であるのなら、まっさきに冬場はスタッドレスタイヤに、履き替えるのが常識だと思う。

 

代わりと言っては何だがタイヤチェーンの用意はある。ただそのタイヤチェーンでさえ数個しかなく台数分の用意はされていなかった。さらに非常に面白いことに誰もチェーンの付け方を知っているものはいなかった。

 

ブラック企業・・・冷静になって考えてみればわかるのだが、こうしたことが積み重なり、だからこそブラック企業がブラックたる所以なのだと今ならいえる。

 

つづきはこちらから【ブラック企業体験談】ブラック企業では、クラッシャー上司によって決められた、内勤日という営業が外出できない意味不明な日があった。

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

トラックバックURL: