ブラック企業 退職 稼ぐ アフィリエイト

プロフィール

画像


櫻井 海都

(時遊人)

【1日10分、ゼロから1億、ブラック企業に勤める社畜社員でも出来る!時遊人 櫻井海都による業界のプロが教える!インターネットビジネススクール】

学長(BOSS)


「送られてくるメールの手順通りにススめるだけ」でステップバイステップで稼ぐことが出来ます。

 ↓ ↓ ↓ 

櫻井海都のメルマガ登録はこちら


個人が手がけるインターネットビジネスの創世記からネットビジネス業界に携わるインターネットビジネスを知り尽くしたプロ。表舞台に出ることはほどんどなく密かに稼ぎ続けている姿から、ネット界では「The Secret(ザ・シークレット)」と呼ばれている。以前は大手IT企業から転職しブラック企業に勤めていた経歴をもつサラリーマンでもある。サラリーマンとしての仮面を被りながらもアウトサイダーとして密かにお金を稼ぎ続けていたことでも知られる。常日頃からウェイクボード、サーフィン、ジェットスキー、ルアーフィッシングなどを堪能するなど大の遊び好きで、現在は好きな時に自由に遊べる遊び仲間を増やす為インターネットを利用して稼ぐ組織「アウターインク」を発足。インターネットを使ったありとあらゆる金儲けの方法を教えている。

 ↓ ↓ ↓ 

【無料】スクール詳細&仲間募集はこちら

あなたが稼ぐまでの道のり


(1)メールアドレスを入力し、メルマガに登録。(名前の登録は必要ありません。ですので匿名で受講することが出来ます)


(2)メルマガで送られてくる課題に対してステップバイステップで取り組む。(わからなければ、ご質問ください)


(3)指示に従い教わることで、徐々に稼げるようになる。


(4)ビジネスへの依存度を減らし会社外で安定した収入を得る。(このステージでは、事業と自分の責任を縮小して頂く段階に入ります。このステージまで達すると、不思議なことに仕事をやらなければやらないほどお金が入ってくるようになります)

 ↓ ↓ ↓ 

【無料】スクール詳細&仲間募集はこちら


さらに特典として・・・

ネットビジネスで「0▶︎1」になるために・・・。メルマガ読者になってくれたあなたには、仕組みを作ることでほぼ放置で稼ぐことの出来るノウハウをプレゼント!詳細はこちらをクリック

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

はじめて訪問してくれた方へ

以前は・・・


 ↓ ↓ ↓ 


今は・・・


あなたもぼくらのように「時遊人」となることで自由を謳歌しませんか?


まるで遊び感覚で定期的に送られてくるぼくからの指示に従い「ミッション(送られてくるメールの手順通りに取り組むだけ)」を遂行するだけで、めきめきと力をつけインターネットで稼ぐことが出来るようになります。なお、現在キャンペーン中のため受講に際しご料金は頂戴しておりません。(通常料金は、月額9,800円を頂いております)

安心のサポート体制もついているため、数多くの成功者を輩出し続けています。

 ↓ ↓ ↓ 

詳細はこちらから

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索


【ブラック企業体験談】ブラック企業の常識は一般的な非常識であった。

2015年01月22日

雪の日の配送は非常に恐怖だった。なぜなら、スタッドレスタイヤもはかず、さらに自動車保険にも加入していなかったのだから・・・。それでいて社員を大事にする会社をうたっているのだから聞いて呆れる。それならば、まず最低限社員を守る仕組みくらい用意しておいたらどうだと私は思う。

 

なぜスタッドレスタイヤをはかないのか・・・呆れてものが言えないとはこういうことを言うのかも知れない。その理由は、「一年に雪がふるのは1日や2日だけだ。たった1日や2日だけの為にスタッドレスタイヤに履き替えるなんてそんな経費をうちではかけていられない」・・・これをきいてあなたはどう思うだろうか。

 

確かにそうだなと言う人もいれば、いやそれは間違っている。スタッドレスタイヤは雪の日に限った話ではなく、路面の凍結にも有効だ。それを計算すれば、1日や2日ではない。さらにスタッドレスタイヤを履く事は今や一般家庭でも常識になっている・・・という人もいるだろう。

 

どちらが正しいか、それはその人の生きてきた環境や境遇にもよるかもしれない。私はもちろんスタッドレスタイヤは履くべきだと思う。何かあった時の為にスタッドレスを履いていたのと、スタッドレスタイヤを履いていなかったのでは外部に対しても印象が違う。

 

だがしかし、それを、つまりスタッドレスを冬の日にはかないことを百歩譲ったとしても、保険に入っていないのは間違っていると思う。

確かに損害保険は任意の保険ではあるが、ある意味、車に乗車する人のマナーであり、常識で加入が義務づけられているといっても過言ではない保険だ。

 

それに何時何時事故が起きるかわからない。どんなに気をつけていたとしても、不慮の事故は起きる時は起きる。そんな時にもしも、損害保険に入っていなかったら、社用車を運転中に何かが起きたら最後莫大な金額を請求され、それを返す為だけに働くことになりかねない。

 

もし保険に加入していなかったとしても、会社が全ての損害に対する責任を負ってくれるのならまだしも、全ては事故を起こした当の本人に被せられるのだからたまったもんじゃない(一般的に、そんなのは無責任すぎてあり得ないが・・・)。

 

それでいて、社用車なしでは営業活動が難しいのだから、もうなんていうかはちゃめちゃなのである。

 

やはりブラック企業は、当事者だけではなく、クライアント含めそれに関わる全ての人を不幸にする。ブラック企業は、社会にとって公害以外のなにものでもないのかもしれない。

 

つづきはこちらから【ブラック企業体験談】唐突に解体される営業三部。それにより白髪のクラッシャー上司スネーク(へび)の支配下に置かれることになった私 

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

トラックバックURL: