ブラック企業 退職 稼ぐ アフィリエイト

プロフィール

画像


櫻井 海都

(時遊人)

【1日10分、ゼロから1億、ブラック企業に勤める社畜社員でも出来る!時遊人 櫻井海都による業界のプロが教える!インターネットビジネススクール】

学長(BOSS)


「送られてくるメールの手順通りにススめるだけ」でステップバイステップで稼ぐことが出来ます。

 ↓ ↓ ↓ 

櫻井海都のメルマガ登録はこちら


個人が手がけるインターネットビジネスの創世記からネットビジネス業界に携わるインターネットビジネスを知り尽くしたプロ。表舞台に出ることはほどんどなく密かに稼ぎ続けている姿から、ネット界では「The Secret(ザ・シークレット)」と呼ばれている。以前は大手IT企業から転職しブラック企業に勤めていた経歴をもつサラリーマンでもある。サラリーマンとしての仮面を被りながらもアウトサイダーとして密かにお金を稼ぎ続けていたことでも知られる。常日頃からウェイクボード、サーフィン、ジェットスキー、ルアーフィッシングなどを堪能するなど大の遊び好きで、現在は好きな時に自由に遊べる遊び仲間を増やす為インターネットを利用して稼ぐ組織「アウターインク」を発足。インターネットを使ったありとあらゆる金儲けの方法を教えている。

 ↓ ↓ ↓ 

【無料】スクール詳細&仲間募集はこちら

あなたが稼ぐまでの道のり


(1)メールアドレスを入力し、メルマガに登録。(名前の登録は必要ありません。ですので匿名で受講することが出来ます)


(2)メルマガで送られてくる課題に対してステップバイステップで取り組む。(わからなければ、ご質問ください)


(3)指示に従い教わることで、徐々に稼げるようになる。


(4)ビジネスへの依存度を減らし会社外で安定した収入を得る。(このステージでは、事業と自分の責任を縮小して頂く段階に入ります。このステージまで達すると、不思議なことに仕事をやらなければやらないほどお金が入ってくるようになります)

 ↓ ↓ ↓ 

【無料】スクール詳細&仲間募集はこちら


さらに特典として・・・

ネットビジネスで「0▶︎1」になるために・・・。メルマガ読者になってくれたあなたには、仕組みを作ることでほぼ放置で稼ぐことの出来るノウハウをプレゼント!詳細はこちらをクリック

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

はじめて訪問してくれた方へ

以前は・・・


 ↓ ↓ ↓ 


今は・・・


あなたもぼくらのように「時遊人」となることで自由を謳歌しませんか?


まるで遊び感覚で定期的に送られてくるぼくからの指示に従い「ミッション(送られてくるメールの手順通りに取り組むだけ)」を遂行するだけで、めきめきと力をつけインターネットで稼ぐことが出来るようになります。なお、現在キャンペーン中のため受講に際しご料金は頂戴しておりません。(通常料金は、月額9,800円を頂いております)

安心のサポート体制もついているため、数多くの成功者を輩出し続けています。

 ↓ ↓ ↓ 

詳細はこちらから

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索


【ブラック企業体験談】クラッシャー上司パワハラおじさんの秘密。

2014年11月12日

諏訪とパワハラおじさんは密接な関係でつながりを持っていた。それは即ち、ブラック企業内でも諏訪とパワハラおじさんのみぞ知るあるクライアントとの特別な契約だった。もちろんその契約について会社は知らない。なぜ知らないのかと言えば、その契約が公になると、ブラック企業内でのパワハラおじさんの立場が危うくなるからだ。端的に言えばそれはつまり、「解雇」を意味する。

 

パワハラおじさんは、ブラック企業でいわば引き抜きで入社した。もともとは大手企業のシステムエンジニアをしており、全く関連性のない企業からなぜ私が転職したブラック企業に入社することになったのか・・・詳しくは私も知らない。

 

ただ、どういうわけかブラック企業に入社することになったパワハラおじさんは会社としての期待を背負って入社することになった。パワハラおじさんはシステムエンジニア出身ということもあり、パワハラおじさんが最初に任された仕事は社内のシステムの構築だった。

 

仕事が一段落し、次に任されたのが営業という仕事。しかし、パワハラおじさんはそれまで、営業の仕事の経験はなく、途方に暮れた。そこでパワハラおじさんは学生時代の先輩だったある人物に声をかけた。

 

その相手が非常に厄介な人物で、パワハラおじさんはある条件をのんだ。それは商品原価よりもさらに割り引いた価格で商品を提供すると言う内容だった。つまり、企業として売上は上がるが利益にはならない、むしろ売れば売るほど損がでる、ブラック企業からすれば何ら意味をもたない契約だった。

 

細かな契約内容については私も知らないが、それは会社にバレると非常に厄介な契約だったようだ。そんなものだからパワハラおじさんはその先輩との契約を面倒に思うようになった。これ以上、関わりたくない。そう思った。しかしパワハラおじさんの窮地を助けてくれた義理がある。だから簡単にきるわけにはいかない。もしかしたら契約を切る話をしたところ、揺すられていたのかも知れない。会社にこれまでの全てを話すぞと。

 

そこであらわれたのが諏訪だった。諏訪は、パワハラおじさんに義理を感じている。こいつなら任せられる。パワハラおじさんは諏訪の仕事ぶりをみてそう思った。

 

思った通り、諏訪は快くそれを引き受けた。そして諏訪はパワハラおじさんからそのクライアントを引き継いだ。ただし、パワハラおじさんは、クライアントこそ引き継いだものの様子は気になる。だからパワハラおじさんは諏訪に、ことあるごとにそのクライアントの様子を報告させた。

 

しかしパワハラおじさんが気がかりなことがひとつだけあった。それは諏訪はいずれ退社するということだった。諏訪は家業を継ぐ為に入社したのだしそれを留めるわけにはいかない。とはいいつつ、その厄介なクライアントを任せられる相手もいない。一体どうすればいいいのか・・・パワハラおじさんは意を決しついに諏訪に言った。「今まで以上の報酬は出す、会社にとどまらないか」。

 

上への説得はパワハラおじさんが責任を持つとのことだった。諏訪の仕事ぶりは社長おろかほとんどの社員が知るものであり、それについては会社としても納得。お金を積んだ。しかし、諏訪としては実家の様子が気になる。悩んだ挙げ句諏訪はその提案を断った。

 

では厄介なクライアントはどうすればいいのか。誰が担当するのか、それを担当できるに値する人物は社内にはいない。社外からつれてくるしかない。それも信頼できる人物。絶対に口を割らないような従順な、それでいてある程度仕事が出来る人物が良い。

 

そう思っているうちに、どういうわけか、諏訪は私の上司についた。この時点ではまだ、細かいことは何も決められなかったという。しかし、諏訪は毎日、パワハラおじさんに私の仕事ぶりを報告した。

 

新しく入社した人物はこういう人間であり、こういう考えを持っていると。諏訪からの報告をきき、パワハラおじさんはついに動いた。それは私にそのクライアントを引き継がせると言うものだった。

 

つづきはこちら【ブラック企業体験談】クラッシャー上司パワハラおじさんによる社員に対する罵声と暴力。

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

トラックバックURL: