ブラック企業 退職 稼ぐ アフィリエイト

プロフィール

画像


櫻井 海都

(時遊人)

【1日10分、ゼロから1億、ブラック企業に勤める社畜社員でも出来る!時遊人 櫻井海都による業界のプロが教える!インターネットビジネススクール】

学長(BOSS)


「送られてくるメールの手順通りにススめるだけ」でステップバイステップで稼ぐことが出来ます。

 ↓ ↓ ↓ 

櫻井海都のメルマガ登録はこちら


個人が手がけるインターネットビジネスの創世記からネットビジネス業界に携わるインターネットビジネスを知り尽くしたプロ。表舞台に出ることはほどんどなく密かに稼ぎ続けている姿から、ネット界では「The Secret(ザ・シークレット)」と呼ばれている。以前は大手IT企業から転職しブラック企業に勤めていた経歴をもつサラリーマンでもある。サラリーマンとしての仮面を被りながらもアウトサイダーとして密かにお金を稼ぎ続けていたことでも知られる。常日頃からウェイクボード、サーフィン、ジェットスキー、ルアーフィッシングなどを堪能するなど大の遊び好きで、現在は好きな時に自由に遊べる遊び仲間を増やす為インターネットを利用して稼ぐ組織「アウターインク」を発足。インターネットを使ったありとあらゆる金儲けの方法を教えている。

 ↓ ↓ ↓ 

【無料】スクール詳細&仲間募集はこちら

あなたが稼ぐまでの道のり


(1)メールアドレスを入力し、メルマガに登録。(名前の登録は必要ありません。ですので匿名で受講することが出来ます)


(2)メルマガで送られてくる課題に対してステップバイステップで取り組む。(わからなければ、ご質問ください)


(3)指示に従い教わることで、徐々に稼げるようになる。


(4)ビジネスへの依存度を減らし会社外で安定した収入を得る。(このステージでは、事業と自分の責任を縮小して頂く段階に入ります。このステージまで達すると、不思議なことに仕事をやらなければやらないほどお金が入ってくるようになります)

 ↓ ↓ ↓ 

【無料】スクール詳細&仲間募集はこちら


さらに特典として・・・

ネットビジネスで「0▶︎1」になるために・・・。メルマガ読者になってくれたあなたには、仕組みを作ることでほぼ放置で稼ぐことの出来るノウハウをプレゼント!詳細はこちらをクリック

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

「時遊人」養成スクール開校!

スクール(メールマガジン)の受講は無料とさせていただいておりますので、是非ブログとあわせてご利用ください。

下記にメールアドレスを入力し、登録するだけで受講できるようになっています。(匿名で受講して頂くことができます)

※現在も老若男女問わず様々な年齢、職業の方が受講されていますので安心して受講ください。


このサイトでは、主にブログとメールマガジンを使ったメディア運営(WEBサイト運営)、アフィリエイトの方法をあらゆる視点から解説しています。メディア運営(WEBサイト運営)やアフィリエイトで一億円稼ぐ思考方法を学ぶことで、あらゆるビジネスで応用できる普遍的なノウハウやマインドを学習していただくことが出来ます。

また、僕のメルマガでは、毎回ミッションを提示し、ぼくからの指示に従いそれを一つずつクリアしていくだけで、自然と力が身につき稼ぐスキルを身につけることかできるようになっています。今までインターネットで稼いだことのない全くの初心者の方から、伸び悩んでいる方に至るまで、ぼくのメルマガによって収入が増加した方を数多く排出している名門のインターネットビジネスのスクールとなっています。


インターネットビジネスで「稼ぐ為の最大のポイント」は、とりあえずなんでもやってみること。

2016年03月23日

飛行機 機内から外

 

海都です。

 

 

インターネットビジネスを勉強していると

おそらく多くのひとがはまるワナがあります。

 

 

それはひとによっていっていることが違う

ということ。

 

例えば

これからはSEOに頼った集客ではダメだ。

SNSを使った集客に重点をうつせ!

 

 

と言っている人がいる一方・・・

 

 

SNSなんて一時のブームに過ぎない。

だからSEO対策を徹底しなければインターネット

ビジネスでは稼ぐことが出来ない。

 

 

だったりします。

 

 

しかもネット界で権威のある人たちが

そう言っているのですからますます混乱します。

 

 

答えをいってしまうと

「どっちも大事」です。

 

 

今の時代SNSで集客をすることも大事だし

SEO対策をしっかりと行なうことも大事です。

 

 

両方やっちゃえばいいんですよ。

そんなの。

 

 

そもそも、必要な視点はどっちが正しいではなくて

どうすればより多くの顧客を獲得することが出来るのか。

 

 

です。

そう考えた場合両方とることが

最善の選択だということがわかるかと思います。

 

 

もちろん時間的な制約があるでしょうから

力の入れ加減は調整しなければ行けません。

 

 

しかし、マーケティングの観点からすれば

両方からとってくるというのが無難だと

いうことがわかるはず。

 

 

集客はいろんなところからするからこそ

効果的なマーケティングシステムがうまれるし

ひとつに偏っていたらダメです。

 

 

あらゆるビジネスに共通して言えることだと

思いますが、何かひとつのことに依存するビジネスは

非常にもろいです。

 

 

じゃあなんでインターネットビジネスの業界で

権威のあるひとがわざわざそんな発言をするのか。

 

 

それは別にあなたを陥れようとしているわけでは

ありません。

 

 

もちろんそういう人がいることも事実ですが

多くの場合はそうではありません。

 

 

▼大事な視点はどうすればより多くの
顧客を獲得できるのかという発想

 

 

じゃあ、なんで?

 

 

答えは、「顧客を獲得するため」です。

 

 

ビジネス的な観点からするとブログやメルマガを

発信するのは売上を上げ利益を確保するためでも

ありますが、それ以上に大事なことがあってそれは

「顧客を獲得するため」ということ。

 

 

つまり、何を求めているのかをリサーチしており

だからこそ、柔軟に発想を切り替え時にちぐはぐ

なことを言っていたりするのです。

 

 

つまり「個」があるようで「個」がない。

 

 

彼らはふわふわと時代によって自分を変化させ

時代の求めている姿に切り替えていっています。

 

 

これは成功する上では非常に重要な要素です。

 

 

時流に乗るということは非常に大事でその都度

「個」を押し殺し、時代の求めている姿に変形させる。

 

 

短期的な一過性のものではなく、

長期的なスパンで考えるとそうすることでビジネスを

拡大することが出来ます。

 

 

だから全てが全て真に受けていてはいつまでたっても

稼ぐことが出来ません。

 

 

大事なことは

どうすればより多くの顧客を獲得することができるのか。

です。

 

 

そういった本質的な視点に立って考えると必要なものと

不要なものの区別と、判断基準が明確になるのでまわりに

流されにくい体質になっていくことが出来ます。

 

 

なんだかんだいいましたが

はじめのうちなんてリスクがほとんど無いわけですから

「とりあえずやってみること」が大事です。

 

 

ダメだったら、またやり直せば済むだけの話ですから

余計なことを考える時間が無駄です。

 

 

とにかくおもいついたことは深く考えずに

「なんでもやってみよう」の勢いでやってみてください。

 

 

SEO対策など深いことは気にせずにとりあえず

駆け出しながらその都度調整していけばいい話です。

 

 

【メルマガ】本質を学びたい方はこちらをクリック

 

 

海都

 

インターネットビジネスは「コツ」をつかめば簡単に稼ぐことが出来ます。

2016年03月23日

雲の上

 

海都です。

 

 

巷ではよくインターネットビジネスは

簡単だ、といいます。

 

 

ぼくはこれに対しては半分同意して

半分同意していません。

 

 

確かにインターネットビジネスは

簡単です。

 

 

やることは非常に単純だし

やり方さえ間違わずにやれば誰でも

お金を稼ぐことができるビジネスだと

思っています。

 

 

実際にぼくが主催するネットビジネススクールである

アウターインクでもそれは証明されているし現状は、

やり方さえ間違わずに行なえば再現性は非常に高い

ビジネスであると思います。

 

 

では半分同意しない理由はどこにあるのか。

 

 

それはインターネットビジネスはやり方さえ

間違わなければ稼ぐことが出来ることは間違い

ないのですが、ひとによってはコツをつかむまでに

時間がかかるからです。

 

 

コツさえつかめば非常に短期間で成り上がることは

可能です。

 

 

さすがに年収1億円となると話は別になりますが、

1千万円単位だったらコツさえつかめば比較的楽に

超えることが出来ます。

 

 

1億円になると何故話が別になるのかというと

複合的な要素が必要になるからです。

 

 

つまりビジネスに置ける要素を複合的にしなければ

超えることが出来ないのですから頭を使います。

 

 

1億円レベルになると頭を使っていろんなところに

アンテナを張って顧客にもきいていかなければ超える

ことは出来ません。

 

 

またひとりの顧客を育てることによって生涯価値を

高めていかなければこえることはできません。

 

 

それが1千万円レベルになると、途端にハードルが

低くなります。

 

 

もちろん1千万円レベルでもやらなければならないことは

たくさんあるし、超えなければならない壁もあり、頭を

つかわずには稼ぐことが出来ません。

 

 

しかし1億円レベルと比べるとやはりそれは

がくっとレベルが下がります。

 

 

1千万円レベルでも複合的な要素は必要になります。

しかし、1千万円レベルの複合的な要素は非常に単純な

もので大丈夫です。

 

 

▼一千万円レベルでも一億円レベルでも
共通して言えること

 

 

でもどちらのレベルにも共通して言えることがあります。

 

 

それは自分の価値を低くみすぎないこと。

意識レベルでの話になってしまいますが

自分の価値を低く見積もってしまうと、1千万円でも

稼ぐことは出来ません。

 

 

不思議なことに、自分の価値を過小評価してしまうと

どんなお金でも稼ぐことができなくなります。

 

 

かといって過大に見積もりすぎては

うまく行かない時のそのギャップによって

やられてしまいます。

 

 

ようはやるべきことをやっていれば稼ぐことなんて

できるようになるのですから、自信を持ってビジネスに

取り組んで自分の価値を高め続けることが成功するうえ

では大事になります。

 

 

最初のギャップなんて自分自身が成長していれば

すぐに追いつくことが出来るのですから、気にせずに

日々自分のやるべきことをクリアしていきましょう。

 

 

【メルマガ】自分の人生を楽しむ為にまずは一歩を

 

 

海都

自分が気持ちいいと思う環境に身を置くことの意義

2016年03月23日

海辺

 

海都です。

 

 

ぼくは仕事をするとき、特に最近は

出来るだけ自分が気もちいいと思える場所で

仕事をするように心掛けています。

 

 

その気持ちのいい環境と言うのは

やはり人間ですから日々変わります。

 

 

ぼくにとってそれは以前は多くの場合

出先のカフェだったり、誰もいない

オフィスだったり、はたまた渡航先の

ホテルのラウンジだったりしていましたが

最近は自分にとって気持ちのいい環境が変わって

きています。

 

 

例えば、最近の例は車でどこかに移動して

気持ちのいい場所を探して仕事をするように

なりました。

 

 

車の中に必要な書類を積み重ねたバッグひとつを

乗せ、移動しながら自分の気持ちのいい場所を探す。

 

 

気持ちのいい場所がみつかったらそこに車を駐車し

ベンチを探したり、それがなければトランクに積み

込んだ折りたたみ式のデスクを取り出し組み立てて

気持ちのいい風に吹かれながらひとりパソコンを打つ。

 

 

多くの場合それは海の近くだったりするのですが

やっぱり気持ちのいい風に吹かれていると、良い

アイデアがうまれやすい気がします。

 

 

もちろん折りたたみ式のデスクを組み立てて仕事をする

時は、他の人に迷惑のかからない場所を選びますし、

できるだけ誰もいない場所で、要するにひとりになれる

場所で車を脇につけ仕事をするようにしています。

 

 

▼「日常」と「非日常」をうまく使い分ける

 

 

今は自分の中で移動式オフィスがブームとなっていますが

でも、やっぱりこういった仕事の仕方も毎日やっていると

飽きてきてしまうんですよね。

 

 

非日常だからいいのであって、日常になってしまうと

途端に飽きが来ます。

 

 

たぶんこれはぼくだけではなくて多くのひとに言えること

だと思うのですが必ず飽きがきます。

 

 

例えば世界中を飛び回って仕事をするという選択肢も

あるのかもしれませんが、ぼくは旅を日常にしたくあり

ません。

 

 

ぼくにとって旅は非日常だからこそ意義があります。

 

 

日常にして、日常の流れに埋没させてしまうと

ぼくにとっての旅の意義は薄れてしまうんですね。

 

 

ぼくにとって旅とは非日常であり、非日常だからこそ

そこからうまれる出逢いに感謝し、様々な刺激を受ける

ことができる。

 

 

日常になってしまうとその刺激が少なくなります。

 

 

そう考えるとぼくにとって旅とは刺激を伴う

カンフル剤のようなものなのかもしれませんね。

 

 

毎日打ち続けたらそれが日常になって

やがてそれが日常になりダメになってしまう・・・

 

 

そういったものなのかもしれません。

 

 

ぼくが20歳の頃は旅に憧れ

放浪しながら仕事をするワークスタイルに対して

非常に熱い思いを抱いていましたが30歳を超え

現在は考え方がかわってきています。

 

 

今のぼくは一つの場所を拠点として

思い立った時に、一定期間旅をする。

 

 

そして帰ってくる。

 

 

決してずっと放浪するのではなく帰ってくる場所が

あるからこそ、旅をする。

 

 

「ただいま」

「おかえり」

 

 

そういった日常の方が今のぼくにとって

性に合っている気がするし、また

そういった旅の仕方を好んでいます。

 

 

まあぼくが40歳、50歳と年を重ねていくにつれて

また考え方やワークスタイルが変わっていくのかも

しれませんが、それはそれで自然なことだし受け入れて

いこうとおもっています。

 

 

【メルマガ】ぼくが好きな環境で仕事が出来る秘密はこちら

 

 

海都

業界・業種に縛られること無く、いろんな要素を組み合わせれば良い。

2016年03月23日

高度経済成長期

 

海都です。

 

 

世の中には本当にいろんな人たちがいて

いろんな業界、いろんな職業、いろんな

働き方があります。

 

 

ぼくは、まだまだ未熟でありながらも

いろんな業界のひとと関わってきましたが

本当に皆さん必死に頑張っておられるし、日々

苦しんだり、楽しんだり、悲しんだり、怒ったり

されています。

 

 

そういう一面を知っているからこそ、

ぼくは一概にそんなに苦しんでいるん

だったら辞めればいいのにとか、そんなに固執し

続けなくても・・・というような勝手な意見は

いいません。

 

 

でももっと視野を広く持って選択肢を

増やせばいいのにな・・・違った角度から物事を

とらえてみればいいのにな・・・と思うことはあります。

 

 

皆さん、オレはこの業種で生きているから、とか

この業界で生きているから、とかそういった見えない

しがらみに縛られて、目の前に広がる可能性をつぶして

しまっているような気がしてならないのです。

 

 

ちょっと手を伸ばせば、

ちょっと遠くを見てみれば

そこには無限の可能性が広がっていると言うのに・・・

 

 

残念でなりません。

 

 

いろんな「やり方」があるから、それだけをやり通す

というような「やり方」もあるのでしょうが、それは

高度成長期だからこそ通じたやり方です。

 

 

生活に必要なものが一巡して、それなりに満足して

それなりに生活水準があって、それなりに欲しい物を

手に出来て・・・そんな世の中でひとつの業種・業界

に絞って生きていくとそれだけで非常にリスクがある

生き方を選んでしまっているということになります。

 

 

本屋さんが飲食店をやったり、飲食店の中に本屋さん

があったり、それこそ業界・業種を飛び越えて自分だけの

オリジナルなものを世の中に生み出さなければ生き残ることが

難しくなっている世の中だとぼくは感じますし、そう考えてい

ます。

 

 

業界・業種なんて人びとがつくった言葉であり、幻想に過ぎません。

 

 

だからこそ、これからはいろんな要素をミックスして

新しいものをつくりあげていく・・・そういった気概が考え方が

やり方が大事になってくるのではないか・・・そう思います。

 

 

一見するに、何やっているかわからない・・・

でもきちんとした軸がある・・・。

 

 

そういったビジネスが今後増えていくのではないか・・・

ぼくはそう思います。

 

 

海都

ビジネス的観点でBette Midlerの「THE ROSE」のうたから学べること。

2016年03月22日

THE ROSE

 

Bette Midlerが歌う「THE ROSE」。

 

日本では最近で言うと「アルジャーノンに花束を」というドラマの

テーマソングで使われて再ブームを巻き起こしました。

 

ものすごく素敵ですね。ぼくはこういった「うた」が大好きです。

歌詞も素晴らしいし、曲もものすごく素敵。

 

ものすごく心を動かされます。

 

 

「Some say love・・・」と始まる、はじまり方も非常にいいですね。

「誰かは言う・・・」こんな主張をした上で、「I say love・・・」と

「私は思う・・・」と、自分の主張をする流れ。

 

 

これは人の心を動かすひとつの法則です。

そして人の心に訴えかけるテクニックのひとつです。

 

 

一般論でいわれていることをはじめに持ってきて注意を引き

その後に自分の主張をする。

 

 

テクニックの一つです。

 

 

でもそんなことを抜きにしてこの「THE ROSE」という「うた」は

素晴らしい。

 

 

ぼくはこういった音楽からも非常に多くのことを学びます。

やっぱり人の心を動かす作品には、何かしらの理由があるし

そういった要素が散りばめられていることが多い。

 

 

だからぼくはこういった素敵な作品をみつけると、

何回もききますし、何度も読みますし、飽きるまで何度も

自分の中で反芻し続けます。

 

 

まわりからはよく、

 

 

「また同じものを読んでるの?」

「またそれきいてるの?」

「またそれ・・・」

 

 

ということをいわれますが

 

 

「だっていい曲じゃん!」

「いい作品にはずっと触れていたいじゃん!」

 

 

と、かわしています(笑)

 

 

そんなことだから、最近の例で言うと昨日終わってしまいましたが

いつ恋(いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう)の

テーマ曲である手嶌葵の「明日への手紙」をきいています。

 

 

賛否両論あるようですが、ぼくはいつ恋はいいドラマだったな

と思いました。

 

 

キレイに終わりましたしね。

 

結局、練くんと音ちゃんに周りが振り回されて終わった

という考え方も出来ますけどね(笑)
【メルマガ】インターネットを使って稼いでみませんか?
海都

はじめて訪問してくれた方へ

以前は・・・


 ↓ ↓ ↓ 


今は・・・


あなたもぼくらのように「時遊人」となることで自由を謳歌しませんか?


まるで遊び感覚で定期的に送られてくるぼくからの指示に従い「ミッション(送られてくるメールの手順通りに取り組むだけ)」を遂行するだけで、めきめきと力をつけインターネットで稼ぐことが出来るようになります。なお、現在キャンペーン中のため受講に際しご料金は頂戴しておりません。(通常料金は、月額9,800円を頂いております)

安心のサポート体制もついているため、数多くの成功者を輩出し続けています。

 ↓ ↓ ↓ 

詳細はこちらから

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索