ブラック企業 退職 稼ぐ アフィリエイト

プロフィール

画像


櫻井 海都

(時遊人)

【1日10分、ゼロから1億、ブラック企業に勤める社畜社員でも出来る!時遊人 櫻井海都による業界のプロが教える!インターネットビジネススクール】

学長(BOSS)


「送られてくるメールの手順通りにススめるだけ」でステップバイステップで稼ぐことが出来ます。

 ↓ ↓ ↓ 

櫻井海都のメルマガ登録はこちら


個人が手がけるインターネットビジネスの創世記からネットビジネス業界に携わるインターネットビジネスを知り尽くしたプロ。表舞台に出ることはほどんどなく密かに稼ぎ続けている姿から、ネット界では「The Secret(ザ・シークレット)」と呼ばれている。以前は大手IT企業から転職しブラック企業に勤めていた経歴をもつサラリーマンでもある。サラリーマンとしての仮面を被りながらもアウトサイダーとして密かにお金を稼ぎ続けていたことでも知られる。常日頃からウェイクボード、サーフィン、ジェットスキー、ルアーフィッシングなどを堪能するなど大の遊び好きで、現在は好きな時に自由に遊べる遊び仲間を増やす為インターネットを利用して稼ぐ組織「アウターインク」を発足。インターネットを使ったありとあらゆる金儲けの方法を教えている。

 ↓ ↓ ↓ 

【無料】スクール詳細&仲間募集はこちら

あなたが稼ぐまでの道のり


(1)メールアドレスを入力し、メルマガに登録。(名前の登録は必要ありません。ですので匿名で受講することが出来ます)


(2)メルマガで送られてくる課題に対してステップバイステップで取り組む。(わからなければ、ご質問ください)


(3)指示に従い教わることで、徐々に稼げるようになる。


(4)ビジネスへの依存度を減らし会社外で安定した収入を得る。(このステージでは、事業と自分の責任を縮小して頂く段階に入ります。このステージまで達すると、不思議なことに仕事をやらなければやらないほどお金が入ってくるようになります)

 ↓ ↓ ↓ 

【無料】スクール詳細&仲間募集はこちら


さらに特典として・・・

ネットビジネスで「0▶︎1」になるために・・・。メルマガ読者になってくれたあなたには、仕組みを作ることでほぼ放置で稼ぐことの出来るノウハウをプレゼント!詳細はこちらをクリック

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

はじめて訪問してくれた方へ

以前は・・・


 ↓ ↓ ↓ 


今は・・・


あなたもぼくらのように「時遊人」となることで自由を謳歌しませんか?


まるで遊び感覚で定期的に送られてくるぼくからの指示に従い「ミッション(送られてくるメールの手順通りに取り組むだけ)」を遂行するだけで、めきめきと力をつけインターネットで稼ぐことが出来るようになります。なお、現在キャンペーン中のため受講に際しご料金は頂戴しておりません。(通常料金は、月額9,800円を頂いております)

安心のサポート体制もついているため、数多くの成功者を輩出し続けています。

 ↓ ↓ ↓ 

詳細はこちらから

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索


【ブラック起業体験談】私が転職したブラック企業のクラッシャー上司の一人、パワハラおじさんによる教え

2014年12月22日

私の転職したブラック起業には、俗にいうクラッシャー上司と呼ばれる上司が2人いた。もちろんその他の上司もつかえない上司だらけであったのだが、直接的に部下を精神的に追いやり精神疾患にさせることで退職に陥れさせる上司は2人だった。

 

人数こそ少ないが、その影響力は絶大であり、ブラック起業の根幹を決める絶対的な立場として君臨していた。もちろんその二人以外にも程度の差こそあれ、クラッシャー上司は存在したが、ブラック起業に転職し、感覚が麻痺をしてしまっていたのか、ネットなどで一般的にクラッシャー上司といわれる上司と出くわしても、それがクラッシャー上司であるとは感じなくなってしまっていた。幸か不幸か、クラッシャー上司慣れをしてしまっており、それらは「本物」の前ではかわいいものだということになる。

 

つまり、私が言う、その二人のクラッシャー上司については私が転職したブラック起業における究極のそして本物のクラッシャー上司と呼ぶべき存在ということになる。わかりやすく言うならば、その他のクラッシャー上司がレベル1ならば、その二人に関してはレベル99、もしくはそれ以上のレベルを持つ存在ということになる。

 

そのうちの一人に以前紹介したクラッシャー上司パワハラおじさんがいる。私とクラッシャー上司パワハラおじさんとの関係は、以前話した通りで、ざっくりいうともともとパワハラおじさんのクライアントを私の直属の上司である諏訪が引き継ぎ、諏訪が退職するタイミングで私が諏訪のクライアントを引き継いだ事による。

 

パワハラおじさんは不正を働いており、それが会社のトップにバレると非常にまずい情報だった。そんな非常にややこしいクライアント及び情報を誰が引き継ぐのか・・・答えを言ってしまえば諏訪が退職するにあたり、引き継ぎ担当者に選ばれたのが何を隠そう私だった。

諏訪は私の仕事ぶりをブラック起業に置ける究極かつ本物のクラッシャー上司であるパワハラおじさんに逐一報告しており、そのせいもあって私がパワハラおじさんのクライアントを受け持つ事になった・・・といういきさつがある。

 

年に何度かはそのクライアントとの会食があり、だから私はパワハラおじさんと何度かその席を共にした。その中でパワハラおじさんは私に対して、このようなことをよく言っていた。

 

「お前たちの仕事は簡単だ。電話に出る事、そしてきちんとものを届ける事、それだけだ。どうだ、簡単だろう?」

 

いささか乱暴な言い方ではあるが、確かにそれは正しいし反論する余地はない。確かに私たちの仕事はきちんと電話をとる事によりクライアントの要望を訊きだし、クライアントの元へ向かい商談をする。そして何よりも確実にものを届ける事。クライアントがのぞんでいるのはきちんと約束された時間に、約束のものを届ける事。それ以上でもそれ以下でもない。

 

もちろん噛み砕いていけばそれに伴う様々な作業や仕事は付いて回るが、ざっくりと、おおまかに私の転職したブラック起業の営業部の仕事を単純化するとそのようになる。

 

しかし「言うは易く行うは難し」でそれを実行するには大変な困難が伴う。何せよ業務内容がごちゃごちゃしており、ひとつとして正常に機能していないのだから、実質自分でコントロールできる部分には自ずと限界がある。それも数百社のクライアントを持つ中でそれをコントロールするのはほぼ不可能だった。

 

だから中々にして難しいものであったのだが、だが、クラッシャー上司であるパワハラおじさんが言うそれは真実だということになる。最後に、そういうクラッシャー上司パワハラおじさんは全く電話に出る事はなかったことをひとつ記載して頂こうとおこうと思う。

 

つづきはこちらから【ブラック企業体験談】マネジメントは一切出来ないが、プレーヤーとしては優秀なクラッシャー上司。

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

トラックバックURL: