ブラック企業 退職 稼ぐ アフィリエイト

プロフィール

画像


櫻井 海都

(時遊人)

【1日10分、ゼロから1億、ブラック企業に勤める社畜社員でも出来る!時遊人 櫻井海都による業界のプロが教える!インターネットビジネススクール】

学長(BOSS)


「送られてくるメールの手順通りにススめるだけ」でステップバイステップで稼ぐことが出来ます。

 ↓ ↓ ↓ 

櫻井海都のメルマガ登録はこちら


個人が手がけるインターネットビジネスの創世記からネットビジネス業界に携わるインターネットビジネスを知り尽くしたプロ。表舞台に出ることはほどんどなく密かに稼ぎ続けている姿から、ネット界では「The Secret(ザ・シークレット)」と呼ばれている。以前は大手IT企業から転職しブラック企業に勤めていた経歴をもつサラリーマンでもある。サラリーマンとしての仮面を被りながらもアウトサイダーとして密かにお金を稼ぎ続けていたことでも知られる。常日頃からウェイクボード、サーフィン、ジェットスキー、ルアーフィッシングなどを堪能するなど大の遊び好きで、現在は好きな時に自由に遊べる遊び仲間を増やす為インターネットを利用して稼ぐ組織「アウターインク」を発足。インターネットを使ったありとあらゆる金儲けの方法を教えている。

 ↓ ↓ ↓ 

【無料】スクール詳細&仲間募集はこちら

あなたが稼ぐまでの道のり


(1)メールアドレスを入力し、メルマガに登録。(名前の登録は必要ありません。ですので匿名で受講することが出来ます)


(2)メルマガで送られてくる課題に対してステップバイステップで取り組む。(わからなければ、ご質問ください)


(3)指示に従い教わることで、徐々に稼げるようになる。


(4)ビジネスへの依存度を減らし会社外で安定した収入を得る。(このステージでは、事業と自分の責任を縮小して頂く段階に入ります。このステージまで達すると、不思議なことに仕事をやらなければやらないほどお金が入ってくるようになります)

 ↓ ↓ ↓ 

【無料】スクール詳細&仲間募集はこちら


さらに特典として・・・

ネットビジネスで「0▶︎1」になるために・・・。メルマガ読者になってくれたあなたには、仕組みを作ることでほぼ放置で稼ぐことの出来るノウハウをプレゼント!詳細はこちらをクリック

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

はじめて訪問してくれた方へ

以前は・・・


 ↓ ↓ ↓ 


今は・・・


あなたもぼくらのように「時遊人」となることで自由を謳歌しませんか?


まるで遊び感覚で定期的に送られてくるぼくからの指示に従い「ミッション(送られてくるメールの手順通りに取り組むだけ)」を遂行するだけで、めきめきと力をつけインターネットで稼ぐことが出来るようになります。なお、現在キャンペーン中のため受講に際しご料金は頂戴しておりません。(通常料金は、月額9,800円を頂いております)

安心のサポート体制もついているため、数多くの成功者を輩出し続けています。

 ↓ ↓ ↓ 

詳細はこちらから

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索


【ブラック企業体験談】ブラック企業内で次々と退職者を出すクラッシャー上司のひとりパワハラおじさんとの出逢い。

2014年11月10日

私とパワハラおじさんとの出逢いは突如として訪れた。それは私がブラック企業に転職し、しばらくたった時本社を訪れた時だった。その時はその人物がパワハラおじさんだと気がつきはしなかったが、パワハラおじさんは本社の片隅に席を置き、入り口を向いてふんぞり返るような格好で椅子にもたれかかっていた。

 

図体はわりとでかく、腹にたっぷりと肉のついた躯体、しかしながら愛嬌たっぷりの笑顔、さらに穏やかなその瞳は、まるでパワハラ上司を感じさせることはなく、気さくで話し好きなおじさん。噂とはかけ離れた人物で一見すると部下の相談にも親身に乗ってくれそうな部下思いの人物のように思えた。

 

それに倣い、当時、私のパワハラおじさんの第一印象はとてもよく、何故なら、ことあるごとに、「何かあったらオレに相談してこいよ。どんなことがあろうと、オレはお前の味方だからな」と逢うたびに言われており、信頼できる上司だと思っていた。

 

私の直属の上司である諏訪にも、パワハラおじさんは、とても信頼のできる人物であり、努力をすれば部下を上にどんどん押し上げてくれる力を兼ね備えており、いわば私が転職したブラック企業のキーマンである・・・と何度も力説して語られていた。パワハラおじさんについていけば間違いない・・・私はそう思っていた。

 

また、これまで数十年に渡り行われてきた家族経営の歴史の中で、はじめてブラック企業の中で本部長に抜擢された人物であり、対外的にもキレ者と呼ばれており、それはつまり仕事ができるということを意味していた。

 

とりわけ業界について熟知しており、会社の戦略を立てる際や主力商品を仕入れる際は必ずパワハラおじさんを通して行われており、商品の原価や利益率、相場観、また新商品であるにもかかわらず業界内でのその商品の位置づけや、なぜその商品が生まれたのか、なぜその商品でなければいけないのか、細かなターゲット層やどのような切り口が求められているのかなど全てにおいて精通しており、その商品のポイントを少しばかり訊いただけでそれら全てを瞬時に計算、「だったら・・・」と逆にメーカーに提案する・・・という離れ業を何度も繰り広げていた。

 

また頭の回転が早く論理的に考えることが出来、さらに数字に強く、誰が見ても、確かにキレ者と呼ばれるにふさわしい人物だった。何度もパワハラおじさんと同席し、商談に同席したことがあるのだが、確かに質問する内容は実に的を得ており、ごまかしがきかない、対外企業としては非常に説得するのが難しい、良い意味で厄介な人物だと思われていた。

 

取引のある企業の社員と会食をさせて頂いた際にも、ことあるごとにパワハラおじさんの話題はでており、誰にきいても非常に優秀な人物だと思われていた。またパワハラおじさんが関わった案件は非常に商談をまとめるのが難しいと恐れられていた。

 

実際私が大手企業との商談の場に何度も参加させて頂いたときも、その存在感は圧倒的で、媚び諂うことなく、言いたいことは言い、けれども謙虚な姿勢をあわせもち、最終的にブラック企業側に有利な商談をまとめていた。はたからみれば言うことなし、間違いなくブラック企業を支えている人物だった。

 

では、なぜ私がパワハラおじさんとここまで深く関わることができるようになったのか・・・それを語るには諏訪とパワハラおじさんとの関係を話さなくてはならない。

 

つづきはこちら【ブラック企業体験談】私の直属の上司である諏訪と、クラッシャー上司パワハラおじさんの関係。

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。




コメント内容

トラックバックURL: