ブラック企業 退職 稼ぐ アフィリエイト

プロフィール

画像


櫻井 海都

(時遊人)

【1日10分、ゼロから1億、ブラック企業に勤める社畜社員でも出来る!時遊人 櫻井海都による業界のプロが教える!インターネットビジネススクール】

学長(BOSS)


「送られてくるメールの手順通りにススめるだけ」でステップバイステップで稼ぐことが出来ます。

 ↓ ↓ ↓ 

櫻井海都のメルマガ登録はこちら


個人が手がけるインターネットビジネスの創世記からネットビジネス業界に携わるインターネットビジネスを知り尽くしたプロ。表舞台に出ることはほどんどなく密かに稼ぎ続けている姿から、ネット界では「The Secret(ザ・シークレット)」と呼ばれている。以前は大手IT企業から転職しブラック企業に勤めていた経歴をもつサラリーマンでもある。サラリーマンとしての仮面を被りながらもアウトサイダーとして密かにお金を稼ぎ続けていたことでも知られる。常日頃からウェイクボード、サーフィン、ジェットスキー、ルアーフィッシングなどを堪能するなど大の遊び好きで、現在は好きな時に自由に遊べる遊び仲間を増やす為インターネットを利用して稼ぐ組織「アウターインク」を発足。インターネットを使ったありとあらゆる金儲けの方法を教えている。

 ↓ ↓ ↓ 

【無料】スクール詳細&仲間募集はこちら

あなたが稼ぐまでの道のり


(1)メールアドレスを入力し、メルマガに登録。(名前の登録は必要ありません。ですので匿名で受講することが出来ます)


(2)メルマガで送られてくる課題に対してステップバイステップで取り組む。(わからなければ、ご質問ください)


(3)指示に従い教わることで、徐々に稼げるようになる。


(4)ビジネスへの依存度を減らし会社外で安定した収入を得る。(このステージでは、事業と自分の責任を縮小して頂く段階に入ります。このステージまで達すると、不思議なことに仕事をやらなければやらないほどお金が入ってくるようになります)

 ↓ ↓ ↓ 

【無料】スクール詳細&仲間募集はこちら


さらに特典として・・・

ネットビジネスで「0▶︎1」になるために・・・。メルマガ読者になってくれたあなたには、仕組みを作ることでほぼ放置で稼ぐことの出来るノウハウをプレゼント!詳細はこちらをクリック

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

はじめて訪問してくれた方へ

以前は・・・


 ↓ ↓ ↓ 


今は・・・


あなたもぼくらのように「時遊人」となることで自由を謳歌しませんか?


まるで遊び感覚で定期的に送られてくるぼくからの指示に従い「ミッション(送られてくるメールの手順通りに取り組むだけ)」を遂行するだけで、めきめきと力をつけインターネットで稼ぐことが出来るようになります。なお、現在キャンペーン中のため受講に際しご料金は頂戴しておりません。(通常料金は、月額9,800円を頂いております)

安心のサポート体制もついているため、数多くの成功者を輩出し続けています。

 ↓ ↓ ↓ 

詳細はこちらから

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索


【ブラック企業体験談】理不尽な些細なミスにより、追い込まれることになった私。

2015年04月14日

ある日、私は仕事上のミスをした。それは些細なミスだった。特定される恐れがあるため詳しくは書くことが出来ないが、それは些細なミスだった。私の前任の担当である社畜社員諏訪からの引き継ぎがうまく言っていなかったことによるミスだった。

 

もちろん私には非はない。

 

ただ、クラッシャー上司はそこに目を付け、私に責任があると非難した。私は電話で1時間以上に渡り、クラッシャー上司と話し、ことの成り行きを話した。しかし、クラッシャー上司はどうしても私に責任があると押し付けたいと思っているようだった。

 

私が何を言おうがクラッシャー上司の言うことは疑いようのない事実であり、一見すると正しいことのように思える。

 

咎めるのならば、そういう契約をした諏訪を咎めてくれ・・・そしてそれを伝えなかった諏訪を処分してくれ・・・といいたかったが、その諏訪は既に退職しており会社にはいない。

 

では誰に責任を・・・と言った時に、それは全て私の責任となった。考えてみればそれは当然のことであるのだが、全てを全て私の責任にするのは非常におかしい。私は引き継ぎの際、何度も時間をつくれないものかとクラッシャー上司に対して提言していたし、このままでは絶対に漏れが出ている可能性が高いので、忙しいかも知れないが、漏れの無いような引き継ぎの仕方を考えてほしいと何度も何度も毎日提言していた。

 

だからこのミスは、上司の監督不行届であるし、引き継ぎの際、その契約に関する一切の伝えられていなかったのだから、その契約について知る由もない。

 

それを未然に防ぐのが上司であり、そういう情報は知っておくべきである情報だ。

 

しかし、それをクラッシャー上司も知らず、もちろん私も知るはずはない。だから、起こるべきして起こった事象であるから、諏訪、もしくはクラッシャー上司が責任を取るべきことのように思う。

 

結局、その会社との契約は破棄されてしまった。

 

そして全責任は私に押し付けられると言うことで話しがまとまった。

【ブラック企業体験談】運命のイタズラ。こうして私はクラッシャー上司を敵に回すこととなった。

2015年04月05日

クラッシャー上司を牽制する為に、私はブラック企業に入社してから初めて会社を休んだ。そして私が会社を休んだ次の出勤日にブラック企業に出社したが、もちろんとくにかわりはなかった。いつも通りの日常が流れていく。

 

こんなことで何かがかわるはずがない。そんなことは百も承知だったのだが、これほどまでに意味の無かった行為ということがわかると、私たちが考えた作戦とは一体なんだったのか・・・いささか、意味のない行いで思いつきに過ぎず、単なる幼稚な手段にすぎなかったのではないだろうか・・・そう思わざるを得なかった。

 

また一日会社を休んだことにより、仕事は相当数たまり、一体私は何をしたかったのだろう・・・と思わざるを得ない日が続いた。

 

それからしばらくしたある日。私とKはブラック企業で開催している通例のイベントのために、朝から手伝い係として都内某所に呼ばれた。午前中の手伝いを終え、会社に戻ろうとした時、私とKは会場に来ていた松堀と一緒に帰ることになった。

 

そして会社へ帰る時間をこの松堀と過ごしたことにより、私たちの状況は大きく動くことになった。

 

松堀によると、クラッシャー上司との会食のことは社内でも話題になっているらしかった。なんでもブラック企業の幹部が集まる朝の集会でその会食が話題になったという。

 

そして松堀により「素晴らしい会食であった。二人とも悩みを打ち明けてくれ、親身に相談に乗った」と報告されていることがわかった。私とKは一瞬目をあわせ、一体何の話をしているのだろうとお互いの目をみてアイコンタクトをした。

 

しかしどうやら先日私とKが出席した会食ということがわかると、私とKは真実を話していいものかどうか思い悩んだ。実は相談会ではなく単なる詰め会、それも仕事のことではない単なるクラッシャー上司の憂さ晴らしの場。

 

そんな真実を話していいものかどうか・・・私はその場で、思い悩んだが、もしかしたら・・・と思い、全てを打ち明けることにした。
すると松堀の目が変わった。

 

「君たちの話が真実ならばこれは大変なことだ」といい、その場で話を重ねた結果「それでは君たちにひとつだけ質問がある」と私たちに問うてきた。

 

それは「クラッシャー上司に上司としての器があると思うか」という質問だった。私とKは正直に「ないと思う」と答え、それならばと「どうしたら良いと思う?」と聞かれた。

 

私とKは「まずはクラッシャー上司を今の部長と言う座から降りるべきだと思う」と話した。その後松堀はこう言った「貴重な意見をありがとう。一応は断っておくけど、このことは僕の上の人間、つまり副社長のシゲキさんと社長にあげさせてもらう。それでいいかな」と言った。

 

私とKはこれまでの経緯により、返答に困ったが、もしこのことで物事がいい方に変わるのなら・・・と「お願いします」と答えた。しかし、この松堀とのやり取りが、その後の私のブラック企業での人生を大きく変えるきっかけとなった。

 

そしてそれは、同時に私がブラック企業で過ごした壮絶な地獄の日々のはじまりを意味していた。

ブラック企業では自己責任と言う名のもと理不尽な対応をしいられる(社用車が保険に入っていないなど)

2014年06月21日

社用車がある企業は多いと思う。そしてそれら社用車に乗り営業先をまわったりする機会も多いはずだ。一般的にはこの社用車にはある程度の保険がかけられていることが普通だと思う。だがブラック企業には一般的な常識は通用しない。なんと社用車の保険にさえ入っていないのだ。

 

そして法律的にはNGなのだと思うが(法律関係には詳しくないのでわからない部分が多い)、もし、社用車にのり何らかの事故を起こした場合、100%自己負担。もう意味が分からないの境地だ。

 

営業上どうしても不慮の事故というものはつきものだ。100%根絶することは出来ない。それにも拘わらず営業者には一切の保険がかけられておらず、事故を起こせば自己負担。社員に相当額の金額を平気で提示する。

 

私の知り合いでも事故を起こしたものがおり、あとで会社からの請求金額をみてびっくりしていた。軽く衝突しただけなのに、なんとその額数十万円。そう、ブラック企業では会社が守ってくれるという考え自体が通用しないのだ。

 

何もかも、自己責任という名目のもと処理される。自己管理能力のなさということで指摘される。限りなく理不尽な企業・・・それこそがブラック企業なのだ。

 

しかもそれらに対する説明は一切なし。もちろん私の知り合いも、事故前に、社用車が保険に入っていないこと自体知らなかった。自己負担になること自体も知らなかった。そしてそれを会社に申し立てると、「あらかじめ訊かないあなたが悪い」の一点張り。

 

説明責任さえ果たしていないにもかかわらず、会社側はさもわるくないと主張するというとんでもない企業だった。

ブラック企業に就職した先にあるものはなんなのだろうか・・・

2014年06月17日

ブラック企業の大きな特徴は3つあると前回も述べさせて頂いた。

 

ブラック企業の大きな特徴3つのまとめ。

1、経営者・上層部に起因する問題
2、組織の欠陥
3、給与・待遇の問題

 

今回も「3、給与・待遇の問題」について私の実体験をまじえお話ししていこうと思う。ひとまずおさらいで、給与・待遇の問題点はその中で細分化すると・・・

 

3、給与・待遇の問題
・激務で長時間労働・過重な責任
・人事考課制度や給与システムの意図的な運用
・薄給の上に経費が自腹。
・ノルマ未達成の苛烈なペナルティ
・心身の健康を害するほどの身体的・精神的ストレス
・スキルアップとキャリアアップは皆無
・資格取得のノルマ化
・忌引制度の有名無実化

 

以上の8つにふりわけることができる。

 

結論から言うとどんなに頑張ろうと、その末路は退職しか用意されていない。
ブラック企業ではスキルアップやキャリアアップは当然のことながら考えられない。身につくのは意味の分からない精神的な根性論だけ。他の仕事で通用する汎用性のある技術は身につかない。何故なら社内に、技術のある人間がいないのだから。

 

ブラック企業では長くても数年という勤続年数の人が大多数を占めるためノウハウや技術を蓄積することが出来ない。また会社にそのような技術やノウハウを蓄積するシステムが用意されていない。

 

ゆえに人材の流出と同時にノウハウや技術、はたまたお客様も流出することになってしまう。

 

それが永遠に繰り返され、ブラック企業はその独自の文化を築いていく。つまり、慢性的な人材不足と、内容に対して見合わない量の仕事量とそれらに付随する兼任業務。しかも専門ではないので浅はかなスキルや技術しか身につけることは出来ない。

 

言うなれば広く浅くだ。スペシャリストではなくゼネラリスト。しかも汎用性のないゼネラリストが生まれる。

 

しかし、数ヶ月でやめると経歴に傷が付き、少なくとも日本社会ではなかなか転職がしずらい状況が生まれてしまう。私はこれだけ社会的にブラック企業が問題となっておきながら、この辺のギャップは非常におかしいと思っている。

ブラック企業では、労働力を酷使される。

2014年06月16日

ブラック企業の大きな特徴は3つあると前回も述べさせて頂いた。

 

ブラック企業の大きな特徴3つのまとめ。

 

1、経営者・上層部に起因する問題
2、組織の欠陥
3、給与・待遇の問題

 

今回は「3、給与・待遇の問題」について私の実体験をまじえお話ししていこうと思う。まず、給与・待遇の問題点はその中で細分化すると・・・

 

・激務で長時間労働・過重な責任
・人事考課制度や給与システムの意図的な運用
・薄給の上に経費が自腹。
・ノルマ未達成の苛烈なペナルティ
・心身の健康を害するほどの身体的・精神的ストレス
・スキルアップとキャリアアップは皆無
・資格取得のノルマ化
・忌引制度の有名無実化

 

以上の8つにふりわけることができる。

 

私の経験談になってしまうが、何故激務で長時間労働・過重な責任をしいられるのかというと、一番の問題点は慢性的な人員の欠如によるものである。

 

ブラック企業がブラック企業たる根本的な原因のひとつに人が定着しないという文化を持っている企業ということがあげられるが、人員が欠如してしまうことによりあらゆる仕事を兼任しなくてはならなくなる。そのため、仕事量と内容に対して人数が絶対的に不足する。作業量が荷重であるにもかかわらず、人が定着せず慢性的に人員不足なため増員や分業を行うことができない。

 

私が就職したブラック企業はまさしくこれ。せっかく大金をはたいて人を補充したのにも関わらず、教育システムや企業体質等の、社内でのごたごたにより人が定着せず人がどんどんやめていく。

 

Wikipediaには”例えば技術的な知識の浅い素人が「セールスエンジニア」「技術営業部」などの肩書きで、「外回り営業」をしながら同時に「自社製品のメンテナンス」を兼任させ、本来は專門技術が必要な「修理作業」も行わせる。”と記載されてあるがまさしくその通りで、例えば一人の営業がご用聞きの何でも屋になってしまい、本来追うはずの数字を追うことができない。

 

また残業が当たり前なのに定時で帰らせるという文化があった。どういうことかというと、一応は退社という扱いになるのだが、会社からはノートパソコンが支給されており、事実上帰社し、仕事をするはめになる。「定時までに仕事をできなかったお前が悪い」と言われるが、定時に終われるほど仕事量は少なくない。

 

またタイムカードはなく、出退勤はExcelで管理。共有のファイルサーバーでしかもExcelで出退勤を管理することほど杜撰なことはない。誰でも偽造が可能だからだ。

 

そしてほぼ毎日が接待で帰りは終電。乗り遅れることもしばしばあり、その場合は自己負担でタクシー帰り。もちろん残業代も発生しない。朝は早く過労や労働災害に対しても自己責任論を持ち出す。つまりは全ては従業員の能力不足に起因するというスタンス。

社用の車で事故など、トラブルに巻き込まれても、何故だか自己負担。会社が負担しようとしない。

 

人事制度は絶対評価であり担当者に気に入られるかどうかが勝負の分かれ目。超適当な評価を下される。その評価は本業以外での評価がその大半を占めており、わけのわからない人事が行われることは日常茶飯事。

 

例えば営業をやったことがない人間がいきなり営業部長に抜擢されたり、人事をやったことのない人間がいきなり人事部部長になったりという意味不明な人事が日常茶飯事に行われている。

 

組織に軸がなく、いつもフラフラしており、それを何故かポジティブにとらえているという社風がある。

1 / 3123