ブラック企業 退職 稼ぐ アフィリエイト

プロフィール

画像


櫻井 海都

(時遊人)

【1日10分、ゼロから1億、ブラック企業に勤める社畜社員でも出来る!時遊人 櫻井海都による業界のプロが教える!インターネットビジネススクール】

学長(BOSS)


「送られてくるメールの手順通りにススめるだけ」でステップバイステップで稼ぐことが出来ます。

 ↓ ↓ ↓ 

櫻井海都のメルマガ登録はこちら


個人が手がけるインターネットビジネスの創世記からネットビジネス業界に携わるインターネットビジネスを知り尽くしたプロ。表舞台に出ることはほどんどなく密かに稼ぎ続けている姿から、ネット界では「The Secret(ザ・シークレット)」と呼ばれている。以前は大手IT企業から転職しブラック企業に勤めていた経歴をもつサラリーマンでもある。サラリーマンとしての仮面を被りながらもアウトサイダーとして密かにお金を稼ぎ続けていたことでも知られる。常日頃からウェイクボード、サーフィン、ジェットスキー、ルアーフィッシングなどを堪能するなど大の遊び好きで、現在は好きな時に自由に遊べる遊び仲間を増やす為インターネットを利用して稼ぐ組織「アウターインク」を発足。インターネットを使ったありとあらゆる金儲けの方法を教えている。

 ↓ ↓ ↓ 

【無料】スクール詳細&仲間募集はこちら

あなたが稼ぐまでの道のり


(1)メールアドレスを入力し、メルマガに登録。(名前の登録は必要ありません。ですので匿名で受講することが出来ます)


(2)メルマガで送られてくる課題に対してステップバイステップで取り組む。(わからなければ、ご質問ください)


(3)指示に従い教わることで、徐々に稼げるようになる。


(4)ビジネスへの依存度を減らし会社外で安定した収入を得る。(このステージでは、事業と自分の責任を縮小して頂く段階に入ります。このステージまで達すると、不思議なことに仕事をやらなければやらないほどお金が入ってくるようになります)

 ↓ ↓ ↓ 

【無料】スクール詳細&仲間募集はこちら


さらに特典として・・・

ネットビジネスで「0▶︎1」になるために・・・。メルマガ読者になってくれたあなたには、仕組みを作ることでほぼ放置で稼ぐことの出来るノウハウをプレゼント!詳細はこちらをクリック

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

はじめて訪問してくれた方へ

以前は・・・


 ↓ ↓ ↓ 


今は・・・


あなたもぼくらのように「時遊人」となることで自由を謳歌しませんか?


まるで遊び感覚で定期的に送られてくるぼくからの指示に従い「ミッション(送られてくるメールの手順通りに取り組むだけ)」を遂行するだけで、めきめきと力をつけインターネットで稼ぐことが出来るようになります。なお、現在キャンペーン中のため受講に際しご料金は頂戴しておりません。(通常料金は、月額9,800円を頂いております)

安心のサポート体制もついているため、数多くの成功者を輩出し続けています。

 ↓ ↓ ↓ 

詳細はこちらから

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索


インターネットビジネスで「稼ぐ為の最大のポイント」は、とりあえずなんでもやってみること。

2016年03月23日

飛行機 機内から外

 

海都です。

 

 

インターネットビジネスを勉強していると

おそらく多くのひとがはまるワナがあります。

 

 

それはひとによっていっていることが違う

ということ。

 

例えば

これからはSEOに頼った集客ではダメだ。

SNSを使った集客に重点をうつせ!

 

 

と言っている人がいる一方・・・

 

 

SNSなんて一時のブームに過ぎない。

だからSEO対策を徹底しなければインターネット

ビジネスでは稼ぐことが出来ない。

 

 

だったりします。

 

 

しかもネット界で権威のある人たちが

そう言っているのですからますます混乱します。

 

 

答えをいってしまうと

「どっちも大事」です。

 

 

今の時代SNSで集客をすることも大事だし

SEO対策をしっかりと行なうことも大事です。

 

 

両方やっちゃえばいいんですよ。

そんなの。

 

 

そもそも、必要な視点はどっちが正しいではなくて

どうすればより多くの顧客を獲得することが出来るのか。

 

 

です。

そう考えた場合両方とることが

最善の選択だということがわかるかと思います。

 

 

もちろん時間的な制約があるでしょうから

力の入れ加減は調整しなければ行けません。

 

 

しかし、マーケティングの観点からすれば

両方からとってくるというのが無難だと

いうことがわかるはず。

 

 

集客はいろんなところからするからこそ

効果的なマーケティングシステムがうまれるし

ひとつに偏っていたらダメです。

 

 

あらゆるビジネスに共通して言えることだと

思いますが、何かひとつのことに依存するビジネスは

非常にもろいです。

 

 

じゃあなんでインターネットビジネスの業界で

権威のあるひとがわざわざそんな発言をするのか。

 

 

それは別にあなたを陥れようとしているわけでは

ありません。

 

 

もちろんそういう人がいることも事実ですが

多くの場合はそうではありません。

 

 

▼大事な視点はどうすればより多くの
顧客を獲得できるのかという発想

 

 

じゃあ、なんで?

 

 

答えは、「顧客を獲得するため」です。

 

 

ビジネス的な観点からするとブログやメルマガを

発信するのは売上を上げ利益を確保するためでも

ありますが、それ以上に大事なことがあってそれは

「顧客を獲得するため」ということ。

 

 

つまり、何を求めているのかをリサーチしており

だからこそ、柔軟に発想を切り替え時にちぐはぐ

なことを言っていたりするのです。

 

 

つまり「個」があるようで「個」がない。

 

 

彼らはふわふわと時代によって自分を変化させ

時代の求めている姿に切り替えていっています。

 

 

これは成功する上では非常に重要な要素です。

 

 

時流に乗るということは非常に大事でその都度

「個」を押し殺し、時代の求めている姿に変形させる。

 

 

短期的な一過性のものではなく、

長期的なスパンで考えるとそうすることでビジネスを

拡大することが出来ます。

 

 

だから全てが全て真に受けていてはいつまでたっても

稼ぐことが出来ません。

 

 

大事なことは

どうすればより多くの顧客を獲得することができるのか。

です。

 

 

そういった本質的な視点に立って考えると必要なものと

不要なものの区別と、判断基準が明確になるのでまわりに

流されにくい体質になっていくことが出来ます。

 

 

なんだかんだいいましたが

はじめのうちなんてリスクがほとんど無いわけですから

「とりあえずやってみること」が大事です。

 

 

ダメだったら、またやり直せば済むだけの話ですから

余計なことを考える時間が無駄です。

 

 

とにかくおもいついたことは深く考えずに

「なんでもやってみよう」の勢いでやってみてください。

 

 

SEO対策など深いことは気にせずにとりあえず

駆け出しながらその都度調整していけばいい話です。

 

 

【メルマガ】本質を学びたい方はこちらをクリック

 

 

海都

 

本物に教わるということ。

2016年03月02日

海都です。

 

 

ぼくの教え子さんには必ずと言って

いいほどいっていることがあるのですが

それは出来るだけ「本物に触れよ」ということ。

 

 

なぜなら、

「本物」に触れないと「本物」を見分ける事が

できないばかりではなく、「本物」を知ること

ができないからです。

 

 

そして、多くの場合

「本物」を知らずして「本物」になることは

できません。

 

 

とはいいつつ、ヒト、モノに限らず「本物」には

滅多に出逢う機会はないのですが・・・。

 

 

だけど、出来るだけ視野を広げて

出来るだけ「本物」に触れるようにして下さい。

 

 

それはモノに限らず、サービス、そしてヒト。

すべての事に対して言えます。

 

 

例えば一流のホテルに泊まったり、

一流のレストランで食事をしたり、

一流の職人が仕立て上げた洋服を

着てみたり。

 

 

そういうことをして下さい。

そこから学べる事は非常に多いです。

 

 

レストランなんて高くても数万円でしょう。

数万円の食事・・・そこには本物があります。

 

 

何故意識的に行なう必要があるのかと言えば

今の時代、本物か偽物か、その境界線が

非常に曖昧になりつつあります。

 

 

「偽物」のことを「本物」だと信じ込んでいたり

「本物」の事を「偽物」だと信じ込んでいたり、

今の時代は、いろんな情報が錯綜しているため

見分けがつかなくなる事があります。

 

 

だからこそ、それを見定める目と言うのは

ある意味必要なのです。

 

 

ぼくは昔ながらの製法でものづくりをする

伝統工芸品が好きで様々な職人を訪ねて

渡り歩いているのですが、職人の方が口を

そろえて言うのは、今の人は本物を知ら

ないということ。

 

 

もちろん、今出回っている様々な製品が

本物か偽物かと言ったら、製品的には本物

になるのでしょう。

 

 

しかし例えば多くの場合伝統工芸品としての

名前を持ったそれというのならば話は違ってきます。

 

 

でも残念ながら、名前をもったそれが偽物となり

もともと名前をもたなかったそれが、その名前に

代えられ、本物となってしまっている現実があります。

 

 

特に日本人に言える事なのですが、

今の時代は、ブランド、肩書き、権威など

マーケティングが優先され作為的に情報を

ねじ曲げられ、いわゆる「ブランド化」を

はかる動きがあります。

 

 

別にそれが必ずしも悪いと言うわけではありませんが

そもそもその商品の企画をした担当者が本物かどうか

を見分ける事が出来ない場合、間違ったメッセージと

なります。

 

 

そして権威を利用した上で謝ったメッセージを市場に

流す。

 

 

そうするとどうでしょう。

 

 

権威あるひと、権威あるもの、そのブランドが信じられる

ことで不幸にも「本物」は「偽物」となっていきます。

 

 

そして大多数のヒトから指示される事で

「偽物」は「本物」になっていきます。

 

 

そういうことが日常的に怒っているのが私たちの世界だと

いうことです。

 

 

情報が意図的に操作されている世界に私たちは生きている。

 

 

権威が必ずしも正しいとは限りません。

でも私たちは無条件に権威を信じます。

 

 

「あの人の言う事だから間違いない」

「あの人のいうことは本物だ」

「あの人の言う事以外は偽物だ」

 

 

そうなっていきます。

 

 

これは非常に危険な事だとぼくは思うのです。

よく言われていますよね。「常識を疑え」と。

 

 

これはそう言う意味でもある。

 

 

だから本物に触れる事で、本物を養う目を学ぶ。

ぼくから学んでいるあなたには是非、そういう

物事の本質を見定める目を持ってほしいと思っています。

 

 

【メルマガ】情報商材アフィリエイトで1億円稼ぐ、
ネットビジネス副業的思考論のメルマガ登録はこちら

 

 

海都