ブラック企業 退職 稼ぐ アフィリエイト

プロフィール

画像


櫻井 海都

(時遊人)

【1日10分、ゼロから1億、ブラック企業に勤める社畜社員でも出来る!時遊人 櫻井海都による業界のプロが教える!インターネットビジネススクール】

学長(BOSS)


「送られてくるメールの手順通りにススめるだけ」でステップバイステップで稼ぐことが出来ます。

 ↓ ↓ ↓ 

櫻井海都のメルマガ登録はこちら


個人が手がけるインターネットビジネスの創世記からネットビジネス業界に携わるインターネットビジネスを知り尽くしたプロ。表舞台に出ることはほどんどなく密かに稼ぎ続けている姿から、ネット界では「The Secret(ザ・シークレット)」と呼ばれている。以前は大手IT企業から転職しブラック企業に勤めていた経歴をもつサラリーマンでもある。サラリーマンとしての仮面を被りながらもアウトサイダーとして密かにお金を稼ぎ続けていたことでも知られる。常日頃からウェイクボード、サーフィン、ジェットスキー、ルアーフィッシングなどを堪能するなど大の遊び好きで、現在は好きな時に自由に遊べる遊び仲間を増やす為インターネットを利用して稼ぐ組織「アウターインク」を発足。インターネットを使ったありとあらゆる金儲けの方法を教えている。

 ↓ ↓ ↓ 

【無料】スクール詳細&仲間募集はこちら

あなたが稼ぐまでの道のり


(1)メールアドレスを入力し、メルマガに登録。(名前の登録は必要ありません。ですので匿名で受講することが出来ます)


(2)メルマガで送られてくる課題に対してステップバイステップで取り組む。(わからなければ、ご質問ください)


(3)指示に従い教わることで、徐々に稼げるようになる。


(4)ビジネスへの依存度を減らし会社外で安定した収入を得る。(このステージでは、事業と自分の責任を縮小して頂く段階に入ります。このステージまで達すると、不思議なことに仕事をやらなければやらないほどお金が入ってくるようになります)

 ↓ ↓ ↓ 

【無料】スクール詳細&仲間募集はこちら


さらに特典として・・・

ネットビジネスで「0▶︎1」になるために・・・。メルマガ読者になってくれたあなたには、仕組みを作ることでほぼ放置で稼ぐことの出来るノウハウをプレゼント!詳細はこちらをクリック

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

はじめて訪問してくれた方へ

以前は・・・


 ↓ ↓ ↓ 


今は・・・


あなたもぼくらのように「時遊人」となることで自由を謳歌しませんか?


まるで遊び感覚で定期的に送られてくるぼくからの指示に従い「ミッション(送られてくるメールの手順通りに取り組むだけ)」を遂行するだけで、めきめきと力をつけインターネットで稼ぐことが出来るようになります。なお、現在キャンペーン中のため受講に際しご料金は頂戴しておりません。(通常料金は、月額9,800円を頂いております)

安心のサポート体制もついているため、数多くの成功者を輩出し続けています。

 ↓ ↓ ↓ 

詳細はこちらから

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索


仕事をしなければしないほど自由になっていく不思議とぼくの考える自由について。

2016年03月22日

TOKYO

 

海都です。

 

 

仕事とは不思議なもので、他人に権利を

委譲すればするほど楽になっていきます。

 

 

そして他人に権利を委譲すればするほど

稼げるようになりますし、自分の時間が

しっかりと確保することが出来るので、

どんどん新しいことに挑戦することが

できるようになります。

 

 

新しいことに挑戦するということは、

それだけ自由に時間をとれるということに

なりますから、ひとによっては文字通り

完全なる自由を謳歌することが出来るでしょう。

 

 

でも、ぼくは完全なる自由は必要ないのでいまだに

チマチマとビジネスをつくり上げていっています。

 

 

▼なぜ自由を謳歌しないのか?

 

 

え?なぜ自由を謳歌しないのかって?

 

 

実際に完全なる自由を手にするとわかりますが

自由ってひとが思っているほど素晴らしいものでは

ありません。

 

 

ものすごく退屈です。

 

 

 

だってそうでしょう。誰にも指図されないし、

どこにいっても何をしていても自由。

 

 

自由に浸りすぎると、人間ダメになっていきます。

つまり自分を律することができなくなるんですね。

 

 

ものすごく怠惰な生活になってしまいます。

 

 

自由なんて一ヶ月もあれば十分。

飽きますよ。

 

 

長期間本当に完全なる自由であるひとは

強靭な精神力があるひとか、ものすごく

怠けているひと、そのどちらかだと思います。

 

 

人間は何かを目指して動いていないと

簡単に腐ります。

 

 

たぶん、人間ってそういう風に出来ているんだと

思います。

 

 

あなたも自由を味わってみればわかります。

たぶん時間が出来たらやろうとしていたことは

やらないでしょうし、時間ができたら行きたかった

場所にも行くことはないでしょう。

 

 

いつでもできる。

いつでもいける。

 

 

そう言った考えは人間をダメにします。

 

 

わかり易い例で言えば、近くに有名な観光地があると

いつでもいけるからなかなかいかないでしょ?

 

 

それと同じようなものです。

 

 

まあ、ぼくの手がけるインターネットビジネススクール

を受講すれば、遅かれ早かれ自由を謳歌できる可能性が

高いですから、あなたも自由を味わってみて下さい。

 

 

一度経験すればぼくが強いった意味もわかるかと思います。

 

 

自由ってそんなにいいものでもないな・・・。

う〜ん、なんかうずうずする・・・。

よし!何か新しいビジネスをしよう!!

 

 

上昇志向のあなたなら必ずそう感じるはずですから。

 

 

【メルマガ】自由を手にする為のメルマガ登録はこちら

 

 

海都

サラリーマンとしての仕事と、ネットビジネスを仕事にすることの違い。

2016年02月27日

海都です。

 

 

今はインターネットを使えば

世界中どこにいても仕事をすることができます。

 

 

もちろん、打ち合わせなど、

本当に大事な場面では顔を合わすことも大事ですが

スカイプやチャットワークなどで意見交換ができるし

ほとんどの場合はインターネットを使ってどこででも

仕事をすることができます。

 

 

世界中どこででも。

 

 

かつてないほど便利な時代に

ぼくたちは生きているわけです。

 

 

でもこれって裏を返せば不便

でもあるんですよね。

 

 

どこででも仕事ができるということは、悪く言えば

どこででも仕事につきまとわれるという

ことにつながります。

 

 

つまり、ぼくたちは便利と同時に

常に仕事ができてしまう生活を幸か不幸か

手に入れたことになります。

 

 

実際ぼくがブラック企業に

勤めていたときなんか常に24時間体制で

仕事につきまとわれていましたからね。

 

 

ノートパソコンを支給されWi-Fi機器も

貸し出されたため、どこででも仕事ができる体制を

半ば強要されました。

 

 

オフィスワークがメインの人からすれば

外でも仕事ができるなんて、なんて便利なんだろうと

思われるかもしれませんが、そんなこと全くないです

からね。

 

 

それは、オフィスでは抱えきれないくらいの仕事量が

あるということを意味します。

 

 

実際会社自体は確か夜8時くらいに

閉め出されるのですが、その後、会社以外の場所で

たとえば自宅やカフェなどで日が変わる深夜まで

普通に仕事していました。

 

 

もちろん残業代なんて出ませんし、

カフェを経費で落とすことは許されません。

自腹です。

 

その分手当が厚くなるなんてことも全くありません。

 

 

むしろサラリーマンならではの夜のおつきあいや

会食などが毎日のようにあったので、倒れそうに

なりながらも日々仕事をしていた記憶があります。

 

 

さらに朝起きるのなんて4時くらいですからね。

恒例のチェック作業があったので会社には行っていませんが

会社のパソコンに遠隔で繋げて仕事していました。

 

だから事実上、始業時間は朝4時からでした。

もちろん通勤中の満員電車でもそれは同じこと。

 

終始パソコンとにらめっこです。

 

 

さらに、深夜2時過ぎとか、深夜3時過ぎにも携帯のメールは

なりっぱなしでしたし、電話でさえ普通にかかってきます。

 

 

もう、そりゃ本当地獄ですよ。

 

 

土日祝日もそんな状態ですし

実質24時間365日無休で働いているような状態でした。

 

 

ちょっと、ほっとけば関係各所から

不在着信が十数件・・・なんてのは当たり前の世界でした。

 

そうなってくると携帯電話を見るのが

怖くなりますからね。

 

目を離すといつも

おそるおそる携帯を手にしていましたよ。

 

 

こんなんじゃまるで

オレは零細企業の社長かよ・・・そんなことを

毎日のように思っていました。

 

 

でも不思議なものですね。

 

 

前回「自由」について話しましたが

「自由」という名のもと「責任」をもって

仕事をするようになってからそれらが全然

苦になりません。

 

 

 

もちろん今は深夜に電話が鳴り響くことはないし

自分のペースで仕事をすることができますから

仕事の環境という意味では大きく変わりましたが・・・。

 

 

別に24時間体制で働いていても

苦じゃありませんし、いつでもウェルカム体制です。

 

 

そりゃ人間ですから面倒くさいときもありますよ。

実際、サボりたいときだってあります。

 

 

実際サボったこともあるし・・・。

どうしても気が乗らなくて次の日に持ち越したことも

あります。

 

 

今は自分のペースで、自分が主導権を握って

自分の責任で仕事しているのでそうなのかもしれません。

 

 

サラリーマンの時は、あくまで会社が主導権をもって

会社がすべてを決めていましたから。

 

 

仕組みもそう、もらえる給料もそう、評価もそう。

すべてが会社に握られていました。

 

 

今は全くの逆。

 

 

評価も、給料も、仕組みもすべてが自分で決める世界です。

 

 

だからこそ「自由」だし「責任」を伴うし、

やりがいがあり、エキサイティングです。

 

 

すべて評価が自分に跳ね返ってきますからね。

非常におもしろい世界ですよ。

 

 

たぶんぼくが今、仕事をしていて

別に24時間いつでもOKな体制でいても苦じゃないのは

意識の違いなんでしょう。

 

 

もちろん、やればやるほど報酬が膨らむからと

言う理由もあるのかもしれませんが、どうやら

それだけではない気がします。

 

 

実際ネットビジネスなんていくところまで

いってしまえば24時間いつでも好きなときに

好きなだけ稼ぐことができるようになりますが

その根底にあるのは「自由」と「責任」を伴う

楽しさなのかもしれません。

 

 

同じ「仕事」をしているのに

意識の違いでこんなにも変わるもんなんですね。

 

 

これまた不思議なものです。

 

 

今、ふいに思い出したのですが

ぼくが昔、好きなことを仕事にする

ことについて話したときに、こんなことを

言った人がいました。

 

 

「ぼくは好きなことを仕事にしないことにしているんだ」

 

ぼくは「どうしてですか?」と訊きました。

するとその人はこう答えました。

 

「だって好きなことを仕事にすると自分の好きなこと

以外のこともしなくちゃならないじゃん」

 

 

・・・なるほど。

 

 

このときは、ぼくは理解できないことが多かったですが

今ではこの気持ちがわかります。

 

 

「好きなことを仕事にする・・・」

 

 

一見、この言葉だけを聞けばこんな魅力的なことはありません。

でも冷静になって考えてみれば、たとえ好きなことを仕事にしよう

とも、好きなことだけをすることは、ほとんどの場合は不可能です。

 

 

たとえ好きなことをしようとも、面倒くさいことや、嫌なこと

気乗りしないことなど、そこにはいろんな要素が絡み合いますし

実際どんなに好きであろうと、苦痛な作業はあります。

 

 

やりたくないこともたくさんあります。

 

 

でも、そのすべてが仕事なんですよね。

 

 

【メルマガ】情報商材アフィリエイトで1億円稼ぐ、
ネットビジネス副業的思考論のメルマガ登録はこちら

 

 

海都

「自由」について。

2016年02月26日

海都です。

 

 

よく「自由」になりたいとか

「自由」という言葉に何か憧れを

抱きすぎている人が多い気がします。

 

 

「自由」って素晴らしい!

「自由」って最高だ!

「自由」になって世界各地を旅したい!

目指せ「自由」!

 

 

朝起きる時間も自由、夜寝る時間も自由。

何時に起きても、何時に寝てもいい。

 

 

好きな場所に好きなだけ行ける!

好きなものを好きなときに食べられる!

 

 

そんな生活に憧れを抱く人は

少なくないはずです。

 

 

ん~・・・みんないい側面ばかりに

フィーチャーしすぎなんですよね。

 

 

なんでもそうですが、ものごとには

いろんな側面があります。

 

 

平たくいえば、「自由」には

メリットもあれば、もちろんデメリットもあります。

 

 

そして、あまり言われていませんが

時に「自由」は人をだめにします。

 

 

「自由」が楽しいのなんて、はじめの

一ヶ月だけですよ。

 

 

「自由」なんて一ヶ月もたてば飽きます。

 

 

何もやることがない人ならなおさらです。

ぼくの場合はビジネスがあったから「自由」を

飽きずに続け、謳歌することができていますが

ほとんどの人はたぶん一ヶ月もあれば「自由」を

辞めたくなるんじゃないですかね。

 

 

会社に所属して働いていたときの方が

よっぽど幸せだったと思うはずですよ。

 

 

よく会社を辞めたくて仕方なくて

会社を辞めて「自由」の道を選ぶ人がいますが

おそらく最初の1、2週間だけは楽しいと思います。

 

 

でもそれだけです。

「自由」を満喫できるのは。

 

 

また、独立起業を夢見て、会社をやめて会社を

起こす・・・。何人もそんな考えの人をみてきました。

 

 

そして何人も脱落し、失敗してきた人を

見てきました。

 

 

ぼくはこのことについては昔から言っていますが

サラリーマンの能力と、「ゼロ」から自力で稼ぐ

能力は全くの別物です。

 

 

あなたがいくらサラリーマンとして優秀な成績を

おさめていようとも、独立起業した後それが通用

するとは限りません。

 

 

おそらくほとんど使い物にならないでしょう。

だから失敗するんです。

 

 

きちんと順序をして独立すればいいものの

準備もせずに独立をするからおかしなことに

なっちゃうんです。

 

 

そんなの今まで何の勉強もしてこなかったひとが

東大の合格を目指すようなものですよ。

 

 

一朝一夕でうまくいくほど

ビジネスの世界は甘くはないです。

 

 

もちろんたまにパっと出て

成功しちゃう人もいますがそんな人は

全体の母数から見れば非常にまれです。

 

 

ぼくの経験則でいうと「自由」というのは

「責任」と隣り合わせの世界です。

 

 

「自由」には「責任」が伴います。

 

 

それを知らずに「自由」を目指すから

「自由」を楽しむことができずに失敗して

しまうんですよ。

 

 

「自由」っていうのは全部自分で決める世界です。

あなたは「自由」を手にした瞬間すべてを自分で

選択し、すべてを自分で決断しなくてはならなく

なります。

 

 

上手くいっても、上手くいかなくてもすべて自分の

「責任」です。

 

 

「自由」であることは「責任」があることなんです。

これをはき違えちゃうからこそみんな失敗しちゃうんですね。

 

 

すべてのことを自分で決める覚悟。

 

 

これを持っていない人はそもそも

「自由」に向いていません。

 

 

【メルマガ】情報商材アフィリエイトで1億円稼ぐ、
ネットビジネス副業的思考論のメルマガ登録はこちら

 

 

海都