ブラック企業 退職 稼ぐ アフィリエイト

プロフィール

画像


櫻井 海都

(時遊人)

【1日10分、ゼロから1億、ブラック企業に勤める社畜社員でも出来る!時遊人 櫻井海都による業界のプロが教える!インターネットビジネススクール】

学長(BOSS)


「送られてくるメールの手順通りにススめるだけ」でステップバイステップで稼ぐことが出来ます。

 ↓ ↓ ↓ 

櫻井海都のメルマガ登録はこちら


個人が手がけるインターネットビジネスの創世記からネットビジネス業界に携わるインターネットビジネスを知り尽くしたプロ。表舞台に出ることはほどんどなく密かに稼ぎ続けている姿から、ネット界では「The Secret(ザ・シークレット)」と呼ばれている。以前は大手IT企業から転職しブラック企業に勤めていた経歴をもつサラリーマンでもある。サラリーマンとしての仮面を被りながらもアウトサイダーとして密かにお金を稼ぎ続けていたことでも知られる。常日頃からウェイクボード、サーフィン、ジェットスキー、ルアーフィッシングなどを堪能するなど大の遊び好きで、現在は好きな時に自由に遊べる遊び仲間を増やす為インターネットを利用して稼ぐ組織「アウターインク」を発足。インターネットを使ったありとあらゆる金儲けの方法を教えている。

 ↓ ↓ ↓ 

【無料】スクール詳細&仲間募集はこちら

あなたが稼ぐまでの道のり


(1)メールアドレスを入力し、メルマガに登録。(名前の登録は必要ありません。ですので匿名で受講することが出来ます)


(2)メルマガで送られてくる課題に対してステップバイステップで取り組む。(わからなければ、ご質問ください)


(3)指示に従い教わることで、徐々に稼げるようになる。


(4)ビジネスへの依存度を減らし会社外で安定した収入を得る。(このステージでは、事業と自分の責任を縮小して頂く段階に入ります。このステージまで達すると、不思議なことに仕事をやらなければやらないほどお金が入ってくるようになります)

 ↓ ↓ ↓ 

【無料】スクール詳細&仲間募集はこちら


さらに特典として・・・

ネットビジネスで「0▶︎1」になるために・・・。メルマガ読者になってくれたあなたには、仕組みを作ることでほぼ放置で稼ぐことの出来るノウハウをプレゼント!詳細はこちらをクリック

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

はじめて訪問してくれた方へ

以前は・・・


 ↓ ↓ ↓ 


今は・・・


あなたもぼくらのように「時遊人」となることで自由を謳歌しませんか?


まるで遊び感覚で定期的に送られてくるぼくからの指示に従い「ミッション(送られてくるメールの手順通りに取り組むだけ)」を遂行するだけで、めきめきと力をつけインターネットで稼ぐことが出来るようになります。なお、現在キャンペーン中のため受講に際しご料金は頂戴しておりません。(通常料金は、月額9,800円を頂いております)

安心のサポート体制もついているため、数多くの成功者を輩出し続けています。

 ↓ ↓ ↓ 

詳細はこちらから

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索


ALDEN(オールデン)のコードバンはエイジングが全て。

2016年02月17日

海都です。

 

 

ぼくは革靴が大好きで、

現在はALDEN(オールデン)を愛用しています。

 

 

いろんな革靴を履いてきたけれど、

やっぱり最終的に落ち着いたのはALDEN(オールデン)

という靴でした。

 

 

その中でも、やっぱり#990は溜まらないですね。

 

 

もちろんぼくはALDEN(オールデン)しか履かないと

いったようなALDEN(オールデン)狂ではありませんが

やっぱり他の革靴と比べるとALDEN(オールデン)は、

独特な所有欲を満たしてくれる希有な革靴だと思います。

 

 

一見するとALDEN(オールデン)って

とっても無骨な靴です。

 

 

ALDEN(オールデン)はアメリカ靴であるからこそ、

つくりもものすごく雑だし、たぶん日本の職人さんから

してみたら、細部まで目が行き届いていない中途半端な

靴になるかと思います。

 

 

実際、ALDEN(オールデン)の靴の内側にまで

ダークバーガンディの染色液がついているのが普通だし、

右と左の靴の色も微妙に違うし、さらにホーウィン社の

コードバンを使っているため、あらゆる意味でとても

繊細な靴となっています。

 

 

けれども、そんなALDEN(オールデン)。

なぜか履き心地がよく、気持ちが良い。

 

 

ぼくはバリーラストの#990を好んで

履いていますが、モディファイドラストが

バリーよりも好きっていう人もいますね。

 

 

確かにALDEN(オールデン)の

モディファイドラストは履いた時の感覚が全く違います。

 

 

足の甲が何か柔らかいもので包まれているような

独特な感覚を味わいます。

 

 

元々は足の矯正用につくられたようですが

あの履き心地は他では体験できないものです。

 

 

ALDEN(オールデン)のモディファイドラストを

履いた事がないひとは、是非、一度味わってみたら

良いと思います。

 

 

ハマりますよ。

 

 

・・・といいつつぼくは

バリーラストを好んで履いているんですけどね(笑)

 

 

だって、ぼくにとってはバリーの方が履き易いから(笑)

 

 

ALDEN(オールデン)は、さらにある種、宗教的なほどの

濃いファンを持っている靴です。

 

 

ネット上では靴はALDEN(オールデン)

しか履かない!といっている人もちらほら。

 

 

その理由は、やっぱりエイジングにあるわけです。

つまり長くはきこむほど、自分の靴になる。

 

 

さらに磨けば、磨くほど、その独特の奥行きのある

光沢が漂います。

 

 

さらにもっといえば、靴に入るALDEN(オールデン)特有の

独特な深いシワ。これが革靴好きにとっては溜まらない。

 

 

履けば履くほど、そのシワは深く刻まれ

オールドアメリカンのそれを彷彿とさせます。

 

 

そのシワの入り方に関しては日本の総輸入代理店である

ラコタハウスのホームページをご覧頂いた方が早いかと。

 

 

THE LAKOTA HOUSE | ラコタハウス オフィシャルサイト

 

 

あとこっちは本家米国の公式サイト。

 

Alden of New England

 

 

しかしこのALDEN(オールデン)という靴。

とっても雨に弱い。

 

 

本当に、すこし雨にさらされただけで、

ALDEN(オールデン)の靴の輝きはあっという間に

消えます(笑)

 

 

革靴は基本的に雨に弱いですが

ALDEN(オールデン)のそれは一般的な革靴とは

比べ物にならないほど雨に弱いです。

 

 

これは、一般的な牛革の革靴が銀面が2層なのに対して

コードバンでは単層だから仕方のない事なのですけどね。

 

 

革靴は歩く為の道具に過ぎないのですから

水に弱いとか、ものすごく致命的(笑)

 

 

ただきちんと長年手入れをして履き込めば

多少の雨や、雪なんかでも大丈夫くらいの

耐性はつくみたいです。

 

 

 

ALDEN(オールデン)はエイジングを重ねれば

重ねるほど、良い靴になっていきます。

 

例えばこんな感じです。

 

オールデン

 

 

ぼくはALDEN(オールデン)を履きはじめて

まだ1年経っていないですが、それでもやっぱり

素晴らしい靴だなと、実感します。

 

 

ぼくはまだ30代ですが、

これからも、一緒にこの靴と年を重ねていきたい・・・。

 

 

そう思える靴のひとつですね。

 

 

そうやって長年、共に寄り添ってひとつの物事と

付き合っていく・・・。

 

 

ぼくは基本的にそういう思想が好きです。

 

 

ネットビジネスでもそうですけど、

少しずつ手を加えながら、やっぱり長年寄り添って

行く行為がとっても好き。

 

 

今の時代は効率化やスピードばかりが

求められているけれども、やっぱり、長い時間をかけて

自然につくり上げたものにはどんなものでも叶わないですよ。

 

 

そうしてつくり上げたものには

そのひとの「色」とか「味」が出てきます。

 

 

ぼくはそう思いますけどね。

 

 

ネットで稼ぐと言っても、いきなりバンっと

稼げるわけではないし、少しずつ、自分なりに工夫しながら

ゆっくりと手直しをして、エイジングしていくものです。

 

 

世界観だってそう。物語だってそう。

 

 

そうやってちょっとずつつくりあげるからこそ

唯一無二のものが出来上がるし、誰にも真似の出来ない

世界観だったり、より本質に近づいていく気がします。

 

 

表面的な事はパクる事が出来ても

本質は誰にもパクる事はできないですから。

 

 

いきなり本質にたどり着こうとせず

寄り道すればいいんですよ。

 

 

スピードを求めすぎて壊れるよりも

ゆっくりと時間をかけて育てていく。

 

 

そういう姿勢が大事なのではないかと

最近ではすごく思います。

 

 

▼メルマガ登録はこちらから▼

 

【メルマガ】情報商材アフィリエイトで1億円稼ぐ、
ネットビジネス副業的思考論のメルマガ登録はこちら

 

 

海都

 

P.S.

 

ALDEN(オールデン)は現在世界的に品薄の

状況が続いています。

 

 

特にぼくが履いているALDEN(オールデン)の

#990は日本のラコタハウスでは普通に1年待ち

とかいわれます。

 

 

比較的海外市場の方が手に入り易いので

お求めの際には海外市場で購入した方がすぐに

手に入ります。

 

 

ただ、海外で買うと関税がとられるので

料金的には、割り増しになる可能性も高いです。

 

 

ぼくの場合は、忘れましたが確か

7000円くらいとられた気がします。

僕は何故、スコッチグレインの靴から始まりジョンロブや、ベルルッティなど高級な革靴を好きになったのか。「好き」なことを仕事にするうえで大事な視点。

2015年05月24日

僕は情報を発信することで「最終的には「好きなこと」を情報発信することででメシを食って行けるようになりましょう」ということを提唱している訳ですが、好きを仕事にする上で欠かすことの出来ない作業があります。
欠かす事の出来ない作業というか、別に絶対に欠かすことができないと言う訳ではないのですが、やはりこうした作業をすると、その後が楽になるということがあります。

 

それはあなたが何かを「好き」だとして「それを何故あなたが好きなのか」を言葉にして分析することです。もう何でも良いからその理由を自分なりの言葉でとにかく吐き出せるだけ、紙に書きだすなどして整理するのです。

 

例えば僕は個人的にですけれども靴がとても好きです。それも革靴。紳士靴です。別に靴を仕事にしている訳ではないので、そこまでものすごく詳しくはないのですが、とにかく革靴が好きなんですね。

 

さすがに紳士靴の王者と称されるジョンロブや、見るだけでうっとりしてしまう靴と言うよりかはアートのレベルに近い靴ベルルッティのような高価な靴は今のところ買わないようにしていますが、実際に手元にそれなりの革靴をもっています。(・・・もうちょっとしたらもしかしたら買うかも・・・)

 

僕の好きなそれらは一足数十万円するし、周りから見れば多分「革靴なんて全部同じじゃん、ABCマートや靴流通センターで売ってる数千円の靴で十分だよ」と言われるかもしれませんが、やっぱり僕の場合ある程度高級な革靴にどうしても目がいってしまいます。

 

言葉にして分析すると、その理由は様々なのですが、例えば僕が世間一般で言う高級革靴を好きになった理由として次のような理由があげられます。

 

当時、数千円程度の革靴を履いていた時に、どうしても靴擦れが起きてしまったり、たったの数ヶ月程度でダメになってしまったり、そう言ったことがものすごく頻繁に起きました。

 

要するにその度に靴を買いなおしていた訳です。その度に靴擦が起きて、文字通りもう大変痛い目にあっていた訳です。そこで僕はスコッチグレインという一足3万円程度の靴を購入してみました。

 

するとどうでしょう。履き心地が全然違ったんですね。いつもは靴擦れが起きるかかとの部分や、足の小指の部分が全く痛くない。これはどうしたものだろうとものすごく驚いた訳です。

 

それに加え、3万円の靴という当時数千円程度の靴を履き潰していた僕にとってはあり得ないほど高級な革靴ということが僕の中に満足感を与えてくれました。それに履けば履くほど自分の足になじんでくるという靴の面白さ。グッドイヤーウェルト製法のためアウトソールを交換することにより何年でも履いていくことが出来る。

 

つまり今までは数ヶ月程度で捨てていた靴ですが、数年、大事に使えば数十年と一足の靴と付き合う時間が長くなる。これは当時の僕にとってはものすごく衝撃的な出来事でした。そうなるとその靴のことがものすごく知りたくなります。

 

僕はスコッチグレインで売っている靴を全て調べ、実際に履いてみたりしました。スコッチグレインの提唱しているモルトドレッシングにも挑戦しました。モルトドレッシングで靴を磨くと、もうものすごくピカピカになります。靴のつま先(トゥ)の部分とかかと(ヒール)の部分がとてもピカピカになります。鏡面磨きと言ってまさしく自分の顔が黒い靴に映り込むのです。これは僕にとってはさらに衝撃的でした。

 

履けば履くほどなじんで行く革靴。磨けば磨くほどピカピカになる靴。僕はこの経験を通して初めて紳士靴の楽しみ方を知ったのです。それからスコッチグレイン以外の靴に対しても興味がわくようになります。

 

今まで革靴のメーカーなんか全く気にしていなかった僕が、メーカーや革の種類、例えばイルチア社の革を使っている等が途端に気になりはじめたのです。それに付随して、革靴のメンテナンス方法や、最適な靴の選び方、ビスポークでの革靴のオーダーの仕方・・・もう様々なことが気になりはじめました。

 

ジョンロブ・・・・ガジアーノ&ガーリング・・・ベルルッティ・・・オールデン・・・サントーニ・・・エドワードグリーン・・・様々な靴に対して興味がわき、二足三足あれば十分だと思っていた僕は実際にそれから様々な靴を購入するまでに至った訳です。

 

どの靴にもそれぞれの特徴があり、歴史があり、僕にとってはたとえ同じ名前がつけられたモデルの靴であっても世界に二つとない靴な訳です。なめした革それぞれに味わいがあるし、中にはその時期だからこそつくれたもの、その時期でしかつくることのできなかったもの・・・たくさんの魅力がそれぞれのモデルにあるわけです。

 

同じ靴でもそれぞれに魅力がある。それぞれの靴に美しさがある。

 

でも、これって他の人から見れば、「どれも同じ靴」なんですね。でも僕には全てが違う靴に見える。それは何故か。それは一概には言えませんが、それぞれの個性や歴史、また製法や、細かいとこでの質の違いなんですね。中でもそのメーカーの歴史やブランドなんかはもう他にはない、唯一のポイントな訳です。

 

同じデザイン、同じ革、同じ製法を使っていたとしても、やっぱり、そのメーカーの歴史によってその靴の価値って言うのは全く違ってきてしまいます。それを一言でブランドと言う訳ですが、本当に面白い。

 

各メーカーそれぞれが提唱する靴のケアの方法があったりとかもう調べてくと本当に奥の深い世界なんですね。イタリアなのか、フランスなのか、スペインなのか、はたまたアメリカなのか日本なのか・・・つくる地域によっても細かな製法やデザイン、特徴が全く違います。

 

でざっくりとではありますが、ここで話したことをみてみると、僕が何故革靴を好きになったのか、どんなところが好きになったのかが見えて来る訳です。僕がなぜ、どのようなところに魅力を感じているのかがわかる。

 

そういうところを落とし込んで、自分の好きをしっかり見つめることで情報を発信していくととてもスムーズに情報発信することが出来ます。