ブラック企業 退職 稼ぐ アフィリエイト

プロフィール

画像


櫻井 海都

(時遊人)

【1日10分、ゼロから1億、ブラック企業に勤める社畜社員でも出来る!時遊人 櫻井海都による業界のプロが教える!インターネットビジネススクール】

学長(BOSS)


「送られてくるメールの手順通りにススめるだけ」でステップバイステップで稼ぐことが出来ます。

 ↓ ↓ ↓ 

櫻井海都のメルマガ登録はこちら


個人が手がけるインターネットビジネスの創世記からネットビジネス業界に携わるインターネットビジネスを知り尽くしたプロ。表舞台に出ることはほどんどなく密かに稼ぎ続けている姿から、ネット界では「The Secret(ザ・シークレット)」と呼ばれている。以前は大手IT企業から転職しブラック企業に勤めていた経歴をもつサラリーマンでもある。サラリーマンとしての仮面を被りながらもアウトサイダーとして密かにお金を稼ぎ続けていたことでも知られる。常日頃からウェイクボード、サーフィン、ジェットスキー、ルアーフィッシングなどを堪能するなど大の遊び好きで、現在は好きな時に自由に遊べる遊び仲間を増やす為インターネットを利用して稼ぐ組織「アウターインク」を発足。インターネットを使ったありとあらゆる金儲けの方法を教えている。

 ↓ ↓ ↓ 

【無料】スクール詳細&仲間募集はこちら

あなたが稼ぐまでの道のり


(1)メールアドレスを入力し、メルマガに登録。(名前の登録は必要ありません。ですので匿名で受講することが出来ます)


(2)メルマガで送られてくる課題に対してステップバイステップで取り組む。(わからなければ、ご質問ください)


(3)指示に従い教わることで、徐々に稼げるようになる。


(4)ビジネスへの依存度を減らし会社外で安定した収入を得る。(このステージでは、事業と自分の責任を縮小して頂く段階に入ります。このステージまで達すると、不思議なことに仕事をやらなければやらないほどお金が入ってくるようになります)

 ↓ ↓ ↓ 

【無料】スクール詳細&仲間募集はこちら


さらに特典として・・・

ネットビジネスで「0▶︎1」になるために・・・。メルマガ読者になってくれたあなたには、仕組みを作ることでほぼ放置で稼ぐことの出来るノウハウをプレゼント!詳細はこちらをクリック

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

はじめて訪問してくれた方へ

以前は・・・


 ↓ ↓ ↓ 


今は・・・


あなたもぼくらのように「時遊人」となることで自由を謳歌しませんか?


まるで遊び感覚で定期的に送られてくるぼくからの指示に従い「ミッション(送られてくるメールの手順通りに取り組むだけ)」を遂行するだけで、めきめきと力をつけインターネットで稼ぐことが出来るようになります。なお、現在キャンペーン中のため受講に際しご料金は頂戴しておりません。(通常料金は、月額9,800円を頂いております)

安心のサポート体制もついているため、数多くの成功者を輩出し続けています。

 ↓ ↓ ↓ 

詳細はこちらから

カテゴリ一覧

リンク集

サイト内検索


【雑感】会社が成長するには4人の役者「起業家」「実務家」「管理者」「まとめ役」が必要。

2015年05月06日

サイバーエージェント社の藤田晋さんは本当にすごい人だと思う。

 

ご本人はご謙遜されているけれども、やはり流れを読む力が抜群にすぐれている方だと思います。

 

例えば、私の記憶の中の話になってしまいますが、サイバーエージェント社はもともとはインターネットを主軸として考えておらず、たまたま知り合いの経営者からインターネットが面白いという話しをきくことになります。

 

そこからインターネット広告代理店として会社がスタートするわけですが、売上が好調なことからすぐに他社のサービスを真似た自社のサービス(サイバークリック)を手がけることになります。

 

つまりインターネット広告の代理店から、インターネット広告事業に方向転換をしています。

 

代理店広告なんてひとつの広告を売っても大体20%程度のマージンですから(100万円の広告を売っても粗利は20万円にしかならない)この方向転換は実に大きなものだったと思います。

 

さらに、その後アメーバ事業の一環としてアメブロを立ち上げ、広告会社という主軸は変えずに、インターネットメディア事業に本格的に乗り出しています。

 

さらにその後、スマホの普及に従って、インターネットメディア事業という軸をぶらさずにゲーム関連の事業にも乗り出しています。ひとつの成功事例にとらわれずに、その関連事業をより深堀することによって裾野を広げて行く戦略には非常に目をみはるものがあります。

 

サイバーエージェント社で手がけている、ほとんどのサービスが、オリジナルではなく二番煎じだという意見もあるようですが、経営としては非常に堅実でうまいやり方をされていると思います。

 

だからこそ、インターネット関係の事業を手がけている会社の社長がどんどん入れ替わりする中、藤田晋さんは創業から今に至るまで17年間も社長を続けていることが出来ているのだと思います。

 

主軸はぶらさずに、裾野を広げて行く・・・当たり前のようだけれども、これをスピード感もって出来る会社は今の日本にどれくらいあるでしょうか。

 

多くの会社は、ひとつの成功事例にとらわれ、その成功にしがみつき、時代について行けず、時代に翻弄されているのではないでしょうか。

 

そんな中、スケール感を失わずに、舵を切れるというのは、とてもすごいことだと思います。

 

さらに、会社と適度な距離を置いておられ、自分が主導となる場面では主導権を握り、自分が出るまくではない時は、会社から距離を置き、引っ込んで影から支えるという会社との距離のたもち方も非常にうまい。

 

経営コンサルタントの神田昌典氏によれば、会社が成長するには4人の役者が必要で、それは「起業家」「実務家」「管理者」「まとめ役」の4人をさすと言います。

 

「起業家」と言うのは、簡単に言えばアイデアマンで、そのアイデアを実行するのが「実務家」の役目だと言います。そして導入期には「起業家」と「実務家」の力が必要。この二人が出会うことによって会社は成長すると言います。

 

そしてその後会社をシステム化するにあたって「実務家」と「管理者」の力が必要になり、その間、起業家は口を出さないことが大事だと言います。何故なら起業家はアイデアを出すことが仕事であり社内で活躍する限り混乱を招いてしまう存在であるから。

 

では、その間「起業家」は何をしていれば良いのかというと「会社から離れて遊んでいることが重要」だといいます。

 

僕はこの考えは経験から非常に的を得ていると思っています。

 

まとめると、「起業家」は長期的視野のアイデアがどんどん湧いて来る人で創造力があり、そのアイデアを実現しようと行動する人、そして「実務家」はアイデアを具現化して行く人、そして「管理者」は日常業務をシステム化する人のことをさすわけです。

 

そしてこれをサイバーエージェント社に当てはめてみると(2015年5月現在)藤田晋さんが今何をしているのかと言えば、麻雀に熱中されています。端から見れば麻雀なんかしていないで、きちんと仕事をしろよという風に見えるのかもしれませんが、恐らくこれは考えての上のことなのでしょう。

 

そしてこうして「起業家」が休んでいる間に「実務家」と「管理者」が協力し合い社内をシステム化します。つまりは「起業家」によってごっちゃごっちゃになった、会社組織を整えて行くということです。

 

「起業家」は遊んでいる間にたくさんのアイデアが浮かんできます。そして「実務家」と「管理者」により、社内のシステムが完了した頃を見計らってまた会社に戻る。すると今度は、また「起業家」の考えた優れたアイデアにより新たなる成長カーブを築くことが出来る・・・というわけです。

 

そして「まとめ役」により会社が一丸となって同じ方向を向いて行く・・・という流れです。

 

会社と言うものは時期によって異なるキャラクターが活躍する部隊のようなものであり、それぞれが適切な時期に、それぞれのキャラクターの力を借りなければ大きくなることは出来ません。

 

そういう意味においてみてもやはり、藤田晋さんは敏腕経営者だなと思うのです。

 

最後に・・・もちろんサイバーエージェント社はいろんな意味でブラック扱いされることが多いですが(関係者に話しを聞くと、ブラックと揶揄される意味も納得できます)やはり、すごい会社であることには間違いないのだなと思います。

 

もちろん私が目指している方向性とは違うので私が独立しても、サイバーのような会社は作りませんが(笑)

 

しかしながら、学ぶべきところは多分にあると思うのです。

 

 

【副業】力をぬく時はぬいて、攻める時は圧倒的集中力で攻めることが大事。

2015年05月02日

今日からゴールデンウィークですね。

 

私は暦通りなので、今日から6日までお休みです。

 

この休みの日には、読みたい本がたくさん溜まっているので、一気に読んでしまおうかと思っていたのですが、休みの日になると仕事モードから解放されてしまうのか、まったく読み進めることが出来ません。さらにいつも思うのだけれども、休みの日にまとめてやろうとしていたことが中々進まないことが多いです。

 

私の読みが間違っていたのか、単にだらけているだけなのか・・・。

 

本当はいけないことなのですがね。まあそんな自分も許してあげようと最近は思っています。

 

とはいえ、私のブログ読者の方は知っているかと思いますが、私の場合現在「情報発信」を基軸としたビジネス、つまり副業を行なっているので休みはあってないようなもの。悲しいことに、1年365日ほぼ休み無く働いています(笑)

 

平日は会社から帰ってから夜の時間を使ってコツコツと。または就業時間にも関わらず会社を逃げ出しコツコツと・・・(笑)

 

1年365日働いていると言っても、私的には気軽に行なっているつもりだし(もちろん本気ですよ)、そこまで大きな負担は無いのですが(いや・・・私も人の子なので大きな負担を感じることも・・・)、まあなんだかんだ言って楽しくやっています。

 

いつもそうなのですが、ある程度、安定期を迎えると放置していても大丈夫なのですが、今行なっている「情報発信」を基軸としたビジネスは安定していないので、試行錯誤の連続です。まあそのつくり上げて行くプロセスが非常に面白んですけどね。

 

ビジネスを創り上げるというのは、生まれたての赤子のようなもので、やっぱり愛情を注いで面倒を見てあげなければ大きくならないんです。大きくなる前に死んでしまう。難しいのが、それが過保護であってもならないところ。さらにタイミングもあります。

 

私は子育てをしたことがないのですが、おそらく子育てと一緒なんだと思います。時には厳しく放置することも大事だし、暖かく見守ってあげる時期もあるし、独り立ちをして巣立って行くまでに母親の愛情と、父親の厳しさを同時に教えて行かなければならない。

 

私の経験からする読みによると、今年いっぱいはこんな調子が続くのかなぁと思っています。

 

やっぱりなんでもそうですけど、ビジネスには安定期っていうのがあります。マーケティングの世界では「製品のライフサイクル」という言葉で、導入期・成長期・成熟期・衰退期と表現しているのだけれどもやっぱりそういうのってあります。

 

だから、力を入れる時は一気に集中して取り組むべきだし、力をぬく時はコツコツと地道につくり上げて行ったほうがいいと思います。同じ商品やサービスが永遠に売れ続けるわけなんてないんだし、やっぱり新しいビジネスを創造して行かなければならない。

 

だからこそ、ある程度安定してきた時など、力をぬいている時には、ぼうっと思い耽ることの出来る時間をつくらなくてはならない。その時の経験量で恐らくその後のビジネスがさらに成長するかどうかが変わって来るのだと思っています。

 

また、あとで記事にして書こうと思っているのですが、私が、この力のぬき方やビジネスのコントロールの仕方がみていて面白いな、すごいなと思っているIT起業家がいます。

 

それはサイバーエージェント社の藤田晋社長です。私はお逢いしたことは無いのだけれども、やっぱりすごいですよ。本当に考えてビジネスをされている。

 

もちろん、世の中の経営者のほとんどの方が考えてビジネスをされているのだと思いますが、藤田晋さんにかんしては、みていて非常に面白い。私の大先輩にあたるわけだけれども、本当に素晴らしい。

 

ビジネスの舵取りの仕方が恐ろしくうまいです。まあ、中で働く社員は地獄でしょうけど(いわゆるブラックかと)、やっぱりうまいんです。それ含め、この連休中に書けたら良いなと思いながら、現在このブログを書いています。